« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月22日 (日)

秘湯を巡ってみた

今年のお盆はお天気が悪かったですね(´・ω・`)

最後の土日はフリーだったので、お山に行こうと張り切っていたのです。

ところが、先日ザックが故障し、新品のザックに交換してもらえたけど・・・それを使おうと思っていたけど・・・やっぱりライトウェイトなザックは信用できないという気持ちがむくむくと頭をもたげてきて、結局別のザックに買い替える事に(;・∀・)。新しいザックは条件の良い時に手に入れるとして、Z55はオークション行きなのでお盆に使えず・・・。

ノビザックにモリのぶんの荷物も詰め込んで、どこか静かにテン泊できる場所はないだろうか~と探していたら、あった!しかも、お盆も空いてるらしいぞ。

そこは・・・

Imgp0913

蓮華温泉です♪(∩´∀`)∩

一回来てみたかったのですよね。できれば朝日岳とセットで楽しみたかったけど、五輪尾根を降りて来て外湯巡りをする元気はきっとないだろうなー。温泉だけで楽しむ機会が持ててよかったかも?

料金は一人300円。トイレは水洗でとてもキレイだし(紙アリ)、サイトは水平だし、普通にキャンプ場なので混みそうなものですが、駐車場から徒歩10分ほど歩くのでそのために混雑しないようです。ファミリーキャンプの方々は少数で、登山とバイクツーリングの方が中心でした。ガラガラです。天気が悪いのもあるけど・・・。

Imgp0914

雪倉岳!テン場からすごーく近くに見えます。さくさく登れそうな気がするけど、遠いんだなー。いつか必ず行きたいお山の一つです。今日は指をくわえて眺めます(´・ω・`)

Dsc00156

外湯は有料です。蓮華温泉ロッジで受付をして、ロッジの裏手を登って行きます。モリは内湯のみ入りましたが、お湯の温度がめちゃめちゃ熱くて、足しか入れられず。゚(゚´Д`゚)゚。。男湯は水が湯船に出しっぱなしになっていたので適温だったそうです。あー、もったいない。

Dsc00158

時計回りに出発!( ´∀`)

Dsc00161

道は普通に登山道です。サンダルだと歩きにくいかも。

Dsc00162

三国一ノ湯(単純酸性泉)

硫黄の香りが強い、薄い水色の温泉です。湯船が小さい・・・家庭用のお風呂ぐらいかな?

Dsc00164

で、ぬるいんです。このお湯。体温より低い温度なので、入っても温まりそうにありません(;´∀`)。暑い日だったら水風呂がわりにいいかもですね。そして見ての通り、思いっきり登山道脇です。かなり面白いです。

Dsc00165

三国一の湯からさらに登ると、まもなく視界が開けてきました。

Imgp0931

源泉が見えた♪

Imgp0953

源泉付近は立ち入り禁止になっています。立ち入り禁止のロープあたりの地表から、ごぼごぼとお湯が沸いていました。

Dsc00174

仙気ノ湯(単純酸性泉)

お湯のホースと、水のホースが来ていて、お湯の温度が適温です!外湯の中ではここが一番広かったです。

Imgp0944

・・・たちまちおじさん祭りになって、避難なのです(;・∀・)。遠目&モザイク全開でお届けしております。いやー、おじさんたち

自然の中で、のびのびと自由です!!!(;´∀`)うらやましー

女性は水着着用でも日中は厳しい・・・か?ノビ曰く、最高だったって。ふーん。ふーん。

Imgp0941

薬師ノ湯(酸性石膏泉)

仙気の湯で根っこが生えちゃって、ノビはこちらには来ませんでした。さらに上へ登ったところにあります。温度はここも適温でした。こっちの方が、少しぬるいっておじさんが言ってたかな。湯船は仙気の湯より若干狭いです。泉質も違うんですねぇ。

Dsc00186

黄金ノ湯(重炭酸土類泉)

ここはお湯が透明です。温度が適温で気持ちいい~。登山道脇でロケーションは仙気の湯に劣りますが、キャンプ場から最も近い外湯なので、闇にまぎれてやってくるにはお手軽でいいな・・・と思いました(;´∀`)

Dsc00190

モリの中では鑓温泉が一番なんだけど、ここは車で比較的簡単に来られる&少しの山登りで済むという点で鑓温泉を越えますね。男性だったら楽しめてとても良い温泉だと思います。

で。

台風一過でお天気が回復するかと思いきや・・・予想に反してぐずぐずで。あわよくば、白馬大池まで行こうかなと思っていたのですが、降ったり止んだりの雨にやる気が起きず。引き続き秘湯を巡る旅を・・・というわけで

Dsc00209

小谷温泉

山田旅館の外来湯は15時までだという事を知りませんでした。入館できませんでしたが、代わりに村営の露天風呂を紹介してくれました。中は、撮影禁止ということで、写真はここまで。ちゃんと目隠しされていて、女性も気兼ねなく入れる露天風呂です。キレイなトイレもあります。

ここ、すっごくよかったです!!(∩´∀`)

美しい森の木陰で、時間が経つのも忘れるぐらい。白山山麓にも似て、この辺りは森が本当に美しいです。アブが来なかったらいつまででも居られますね。料金は寸志。泉質はナトリウム炭酸水素塩温泉。色は透明。源泉が熱いからか、水で埋められていました。

曇天の中、雨飾山の山頂が一瞬見えました。雨飾山は、いつか紅葉の時に行こうととっておいている、特別なお山の一つです。沢野ひとしが、エッセイで雨飾山のことを書いていて、それがずーっと忘れられないのです。また、近い将来来られるといいな。

最後は、帰りがけに・・・

Dsc00229

灰沢鉱泉

お盆だからダメかもな~と思いつつ、電話をしたら外来湯OK!( ´∀`)

木曽郡上松町にある、昭和な時間が流れる温泉宿です。現在は、宿泊客優先でお湯を使っているため、外来湯のお客さんはお断りする場合があるそうです。料金は500円。泉質は含二酸化炭素・鉄-カルシウムナトリウム・マグネシウム-炭酸水素冷鉱泉。茶色い、鉄の味がする、温まるお湯です。木曽の温泉は茶色いお湯が多いんですよね~。結構好きです。茶色いお湯。

Dsc00236

内湯の外に出ると素敵な露天風呂があるのですが。出てみてびっくり!ノビがいる!!((((;゚Д゚))))。露天は混浴でした。し、知らなかった。。。貸切だったからよかったけど(´Д`)

Dsc00251

髪を乾かそうと思って、使いかけて止めました。電子ドライヤー・・・大切に使われてきたんだろうなぁ。ここにあるものを壊さないように、このまま、このまま。笑顔が素敵なおじさんも、おばさんも、この温泉も、時間が止まって心象風景のよう。きっと誰もが知っている、この感じ。独特の時間が流れていて心を掴まれました。

というわけで、お盆終了。夏のお花を見ていないなぁ。それだけが心残りです。そんな年もありでしょう( ´∀`)

| | コメント (0)

2010年8月 5日 (木)

Z55その後

3年前に買ったテン泊用のザック、Z55。

先日、荷物を詰めていたら

ぶっ壊れた!!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

雨蓋にいつものようにカッパをねじ込みながら、違和感を感じたのです。なんだろう?じっと手元を見ると・・・

本体からファスナーが剥離して大穴が開いてるぅぅぅ・・・Σ(゚д゚lll)

という事は、フロントのファスナーも?軽く引っ張ってみると

Dsc00105

ぺりりとはがれた。シールをはがすみたいに。簡単に。

ショックでした。山奥でこうなったらどうしようもないのです。おうちで気づいてよかった。このポケットにはお金をよく入れているし・・・。さらに、ボトムに近い生地に穴が開いてるのを発見。岩に激しくぶつけた覚えは無いなぁ。倒しただけで擦り切れて穴が開いたのだろうか。こんなに弱い生地だったなんて・・・。

代理店にメールで問い合わせると、修理不可能なので現行の新品と交換してくれるというお返事が。家電のメーカー保証が1年である事を考えると、3年経っても保証してくれるというのはありがたいです。対応は大変丁寧で、迅速でした。その点については感謝しています。

しかし・・・

このザックは、Z55の一番最初のモデルです。現在のものは、溶着加工の止水ファスナーからミシンで縫ってある耐水ファスナーに仕様が変更され、生地も変わり、全体の重さが200gほど増しています。

・・・やっぱなんかあったんだな??┐( ̄ヘ ̄)┌

という思いが頭から離れません。みんな、大丈夫なのかな??新しいものに手を出さず、改良に改良を重ねたフラッグシップモデルを購入するべきだったのか。新品のZ55をヤフオクに出して、ディバに買い換えようかしばらく悩んでいたのですが・・・セールでもないのに慌てて定価でディバを購入するのはもったいないし、お盆に使いたいし、とりあえず新しいZ55を壊れるまで使う事にします(;・∀・)

いや、もう、びっくりしました。こんな事ってあるんですね。グレゴリー、好きだったので本当にショックです。このザックには思い出も詰まってるしね。はー・・・。゜゜(´□`。)°゜。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »