« 向こう側へ。常念岳① | トップページ | おひさしぶりの »

2009年10月 7日 (水)

向こう側へ。常念岳②

1日目はこちらです。

常念岳(百名山・標高2857m)

2009年9月21日 2日目

トイレの戸が閉まる音で目が覚めました。4時前です。日の出は5時半ぐらい?山頂までのコースタイムは1時間・・・4時半に出ればいいか、と思いダラダラしてしまいました(;・∀・)

4:25常念小屋出発。

サブザックにバーナーと朝食を詰め、ヘッ電をつけて真っ暗闇の中を歩き始めます。

4時前に登り始めた人々のライトの明かりが、はるか頭上でちらちらと揺れていました。道はザレ&ガレ&岩岩。ライトで探りながら歩くものの、時折道を見失ってしまいます。しまったー。ヘッ電歩行でコースタイム通りになんて歩けるわけないじゃん!もっと早く出てくるんだった、と思うも後の祭りで・・・(;´Д`)

地上とお空の境が次第に赤く焼け始めました。なんとかして向こう側に出ないとお日様が山に隠れて見えないのです。気持ちは焦るのに足は遅々として進まず。

待って、待って、

秋分の日はちゃんとお墓参りに行くから、神様お願い!( ̄ロ ̄lll)

Imgp8679

・・・間に合ったかもー!!ヽ(´▽`)/

山頂にはたどり着けなかったけど、尾根に出て、お日様が顔を出す瞬間を見ることができました。

Imgp8708

赤い光に照らし出される、大天井方面。

Imgp8707

お日様を撮る背後から、ただならぬ妖気を送ってくる槍様。常念の影が映っています。逆に、夕方はヒュッテ西岳から常念に映る槍の影を見る事ができるんですよね。

Imgp8716

朝と夜が入れ替わって行きます。線を引いたようにくっきりしている境目が、やがて白い光に覆われてわからなくなるまで、ぼんやりと大気を眺めていました。

Imgp8718

あぁ、山頂はまだあんなに遠い。お腹も空いたし、早くあそこで朝ごはんにしよう♪

Imgp8781

6:00常念岳山頂着!

Imgp8769

蝶ヶ岳方面へ縦走する方々が、痩せた尾根を下って行きます。

Imgp8747

蝶ヶ岳方面、手前のギザギザはニセピーク。円錐型のお山だと思っていたのに、ニセピークがあるなんて・・・と昔は思いました。

Imgp8736

のたうつ前常念。この尾根、もう二度と来るもんかーって思ったんだけど・・・見るともう一度歩きたくなってしまいます。街にダイブするような感じをまた味わいたいな。二泊三日ぐらいでライトに。はは・・・。

今日は白山まで見えます♪素晴らしい眺望でしたが、コンデジを忘れ、パノラマが撮れず・・・。゚(゚´Д`゚)゚。。デジイチで撮ってみたけど上手く合成できませんでした。残念だけど、肉眼でみた景色に勝るものはないし、見たかったらまた来ればいいのです!

涸沢小屋を眺めながら、あちら側もこちら側もみんな笑顔なんだろうなぁと妄想しました( ´∀`)。山頂は混雑MAX!日が高くなるにつれ、山が白っぽくなってきてしまったのでそろそろ帰ることに・・・。

Imgp8783

7:05山頂出発。

今日も麓からぺっかりと山頂が見えているんだろうな。

見下ろせば、これから登ってくる人々のありんこのような大行列!(;´Д`)。常念小屋の収容人数って一体何人!?((( ;゚Д゚)))。布団1枚に2人?いや3人か??石を落としたりしたら大変なので、人が通り過ぎるまで待機します。下りの方が時間がかかりそうな予感です。

Imgp8788

紅葉が見られるとは思っていなかったのに・・・日当たりの良い山肌から順番に色づいていました。今年の紅葉は10月の連休までもたないのかな~。

8:20常念小屋着。

2

※クリックすると拡大します

無事下って来られた~(*´д`*)。常念は美しいだけあって、しんどいお山なのです。小屋から山頂ピストンだけですでにお疲れです。。。今日は下山後の予定が無いのでテントを乾かしながらのんびりと撤収しました。小屋まで下っても眺めがよく、去りがたいです(´・ω・`)。同じように常念ピストンの方々も多く、皆さんのんびりしています。常念乗越から一足安曇野側に踏み出せば一瞬で槍の姿は見えなくなります。この瞬間が、どうにもせつない・・・。

Imgp8794_3

また来るって言ってみても、次はいつになるのか。

Imgp8800_2

今年は一度も見る事ができなかった、大好きなイワツメクサが岩陰でひっそりと息をしていました。うれしいな。うれしいな。 そうそうたる山々の素晴らしい眺めも、ビールも良かったけど、実はこれが一番嬉しかったかも・・・しれない( ´∀`)

10:10下山開始。

途中、シャリバテてしまい胸突八丁あたりで40分ほど昼休みにしました。昼前には下山する予定だったので1食ぶん足りず、余ったアルファ米のお茶漬けと非常食のドライマンゴーで飢えをしのぐ羽目に。いつも食料を大量に余らすからと、絞ったのが裏目に出ました。ラーメンぐらい余分に持って来ればよかったです(;・∀・)アルファ米がもったいない

Imgp8812

途中、山の神というふるい栃の木にお参りして、無事下山できた事を喜びました。一の沢は歩きやすく、水も豊富でとても良いルートでした。里山が常念なんだから、松本平は素敵ですね~。日帰りは無理だけど、またテントで来ようと思います!( ´∀`)

14:10登山口着!

帰りは、道沿いの穂高ビューホテルへ。露天風呂無し、車の扉に挟んであったチラシを持参したら百円引きになりました(通常500円)可も無く不可も無くですが、とても空いているので山帰りには気兼ねしなくていいかも・・・。

P9230078

後日岐阜へ帰る際、通りすがりに流行っているラーメン屋さんを見つけ・・・。ノビが、知ってる!有名なお店だよ!と言うので食べてみる事に。寸八という松本市筑摩のラーメン屋さんです。選んだのはとんこつ味噌にチャーシュー1枚トッピング。見た目のボリュームには心を掴まれたのですが・・・ですが・・・これは、若い子が好きなラーメンなのでしょうか?モリ&ノビともに、食後はぐったりしていたのでした。ネットでレビューを探すとおいしいって言っている人が多いんですけどねぇ~。店を出る頃には行列が3倍ぐらいになっていてさらにびっくり!うーん、わからない。残念(;´Д`)

今年の紅葉は早かったようですね~。標高の高いところではブナの黄葉がそろそろ始まるでしょうか??台風が葉をたくさん落とさなければいいな、と思っています・・・( ´∀`)

|

« 向こう側へ。常念岳① | トップページ | おひさしぶりの »

コメント

常念岳だ!
6月に歩いたことを思い出しながら読ませて戴きました。
登りは胸突八丁を通らず雪渓の上を歩きました。
雪渓の薄いところで足を落とし、足が攣った時は参りました。普段、足が攣ったときは足の親指を曲げることで止めていましたが、登山靴なので足の親指が曲げられないです・・・(@Д@;

松本平の夜景は、やけに(夜景)きれいに見えますね(ノ∀`) アチャー


常念から蝶に向かうルートも懐かしい、今頃は紅葉が綺麗になっている頃でしょうか。
つらい歩きもありましたが、レポ読んでいたら常念に行きたくなりました。
食後ぐったりの寸八ラーメンも気になりますね。
麺は大好きなのでトライしたいなぁ~

投稿: オヤ爺 | 2009年10月 7日 (水) 22時02分

常念さん、いいですね。
ずいぶん前に歩いたきりですが、小屋から頂上までやけに遠く、ご来光は途中で拝んだのでした。

読んでいたらまた行きたいなあ、という思いしきり・・・


投稿: bun | 2009年10月 7日 (水) 22時20分

常念岳行かれたんですね~!!
常念はもう2度と行かないと思った山ですが、
モリさんのブログ見てるとなんだか懐かしく
また行きたくなってしまいました(笑)

この日は小屋も混んでたんじゃないですか?
どこかのブログで見たら、談話室まで寝室になったので
缶ビールが買えなかったと書いてありましたshock

常念岳って小屋から登るのもすごく大変ですよね~。
でもいい山です♪

それにしてもモリさんの写真はセンスありますね~。
そういうお仕事されてるんでしょうか・・・・(^^)

投稿: mari | 2009年10月 8日 (木) 21時35分

こんにちは。
うわ~、いい景色を眺めさせてもらいました。
常念なんて~・・・いついけるだろうか。
わたしのブログをのぞいてくれている「しょもも」さんが息子さんとサクッと登ってました。
私もいつかそんな風になりたいです。今は超甘えん坊の息子からは想像がつかないですけど。
シルバーウィークは本当に晴れてよかったですね。朝日も完璧ですよ。ありがたいありがたい。
おっとモリさんとしたことが食料計画を失敗だなんて。ノビさんのザックに隠せば(笑)ラーメン一個なんて気のせいにできます。
岐阜のラーメン、すごい見た目ですよ。若い子に人気なんですねえ。確かにそんなオーラが。
わたしはオババなので、たぶん無理。

弥勒山のアプローチ、モリさんレポ参考になりますねえ。

投稿: choco | 2009年10月 8日 (木) 22時28分

mapleオヤ爺さんこんばんわ!

>登りは胸突八丁を通らず雪渓の上を歩きました

残雪があれば高巻かなくていいんですね!scissors
私も、足を攣った時は指をグーにします!!嘘みたいに治りますよね。確かに、登山靴だと曲がらないかも~coldsweats01オヤ爺さんは蝶ヶ岳経由三股へ下山、充実の縦走で羨ましいです。私たちは、先日の燕岳でぐったりだったので今回は行程がゆるめでしたsweat01継続して歩いていないとすぐに歩けなくなりますね。そして、戻すのはすぐに戻らない(涙)行きたいお山に行けなくなってしまうので、できるだけ間を空けすぎないように出掛けたいのですが・・・。

>食後ぐったりの寸八ラーメンも気になりますね。

いわゆる博多のとんこつと違ってオリジナルなとんこつでした。コラーゲンたっぷり!って感じです~noodleスープをほとんど残してしまったぐらい、色々な意味で濃厚。行列していたので、多くの方はおいしいと感じるのかもしれません!flair山とセットでいつかどうぞ~happy01

maplebunさんこんばんわ!

>小屋から頂上までやけに遠く

そうなんですよね~coldsweats02
今回初めて常念小屋から登って、CT1時間!?無理無理・・・って思いました(ヾノ・∀・`)。今度登る時は3時に出発しようと思います!!coldsweats01
一の沢はマイカー規制は無いし、登山口までアプローチは容易だし、これで公共の交通機関があれば気軽に縦走できるのに・・・と思ってしまうのは贅沢な悩みでしょうか。
bunさんも山腹でご来光を眺めたのですねshine昔登ったお山には、過去の自分の生霊が居るというか、感慨深いものがありましたhappy01bunさんなら日帰りできそう!近い将来お出掛けできると良いですねっscissors

maplemariさんこんばんわ!

>常念はもう2度と行かないと思った山ですが

rayさんとmariさんは三股を起点に常念~蝶でしたよね!happy01逆回りだったにもかかわらず私も、ここに来る事はもう無いな。。。と思いましたsweat01コンパクトに見えるのに遠いっ(;´Д`)。
一の沢からピストンはとっても良心的なルートで、また来たいと思う事ができましたshine三分の二はゆるゆる道でとても快適です。水場が常念乗越直下にあるというのもテン泊には嬉しいです~ヽ(´▽`)/

>談話室まで寝室になったので缶ビールが買えなかったと書いてありました

そうだったんですか!coldsweats02。ふとん1枚に3人はともかくビールが手に入らないなんて!!ぶるぶる。時々、小屋泊まりの方のザックを見て、軽くて羨ましいなーと思う事があるのですが、やっぱりテントが自由でいいですね♪何よりも、山の側に居る感じがいとおしいですよね~up

>そういうお仕事されてるんでしょうか・・・・(^^)

ありがとうございます!shine仕事ではないですが、写真を撮るのは大好きです♪操作もピントも不慣れでおかしな写真ばかりですが、山の空気が写っているような写真を撮りたいな・・・と思っています。難しいです。ううう(涙)


投稿: モリ | 2009年10月 9日 (金) 00時16分

maplechocoさんこんばんわ!

>常念なんて~・・・いついけるだろうか

北アの中では燕や涸沢に次ぐ比較的ファミリー向けのルートだと感じましたshine登山中に見かける子は、みんな自分で歩いていてえらいですよね~!どうやったらあんな子に育つんだろうと思います。きっとご両親が立派なんですね。chocoさんちも大丈夫!happy01背負子で笑っているのは山を楽しいところだと思っているからですよ~♪両親の微妙な変化もきっとわかるのでしょう!お山で笑っているchocoさんを見て、健太郎君も山好きになること間違いなしですheart04

食料計画、年々計算が苦手になって、日にちと食料が合わない事がときどきあります(;´∀`)。年を取ると言えば、そうそう、こういう若向けのラーメンが苦手になりつつあるんです~。味付けもきついものよりは中途半端なものの方がよいというかですね、まぁ、年です(涙)

>弥勒山のアプローチ、モリさんレポ参考になりますねえ

ありがとうございますhappy01多治見側から登るルートは登山口にたどり着くまでがちょっとわかりにくいです。でも、こちら側から登る方は少ないのでひっそりとお山を楽しめます。泣いちゃっても大丈夫!( ´∀`)一部急なので、雨上がり後は行かない方が良いかもです。鳩吹山もいいですね♪

今日の台風、名古屋は一部の地域が浸水したとか。chocoさんちは大丈夫でしたか!?


投稿: モリ | 2009年10月 9日 (金) 00時51分

おおお。
コチラにいらしてたのですか、燕に続いて。
深く濃いレポを堪能させていただきました、
いやあ、一歩一歩を大切にしておられるお姿に
頭を垂れる思いであります。
どうも、ごちそうさまであります!

寸八に行かれたのですね。
混んでましたでしょ。

投稿: いまるぷ | 2009年10月11日 (日) 18時50分

mapleいまるぷさんこんばんわ!

今年は安曇野の近くのお山にお世話になりましたhappy01
いつも見上げていたお山から、下界を見下ろす感覚は格別ですね!なんでもっと早く出掛けなかったんだろうと後悔しています(;´∀`)
こちらこそ、いまるぷさんの記事にはいつもいろんなものを頂いているのです!お礼をちゃんと言っていなくて申し訳ないです~sweat01

>寸八に行かれたのですね。
混んでましたでしょ。

九州男児の血を引くいまるぷさん的に寸八のとんこつはいかがでしたでしょうか・・・?私は、大昔に九州旅行で食べた、ミルクのようなスープに辛子高菜の緑と紅生姜の赤がマーブルになったようなとんこつが忘れられないのです!coldsweats02いまるぷさんの記事で先日拝見したラーメン、とても気になります。本当においしいラーメンはスープまで飲み干しますよね!私はまだ二軒しか出会っていないです。最近は濃い味がはやっているようで、どうも飲みきれない感じのお店がが多いです・・・(;´∀`)

投稿: モリ | 2009年10月12日 (月) 22時14分

モリサン、こんばんは~。。。レス遅くて失礼!
 同じ日に私も双六で山頂にたどり着けなくて、稜線で日の出を迎えました。あの日、あの時間に同じ気持ちだったんだろうな。。。山頂から日の出が見られなかったちょっぴり悔しい気持ちと、稜線で見られたからイイや、日の出なんてどこからでも見られたらいいノダ、という負け惜しみの気持ちと(笑)。

 ラーメン、私もこってり味は苦手になってしまいましたが、チャーシューの分厚さに目を奪われました。。。一度食べてみたいなあ。

投稿: ちかり | 2009年10月15日 (木) 20時40分

mapleちかりさんこんばんわ!

とんでもない!こちらこそ更新が滞っていて・・・遊びに来て頂いてとても嬉しいですnote

>あの日、あの時間に同じ気持ちだったんだろうな。。。

あははっ、本当にその通りです~!!ヽ(´▽`)/
山頂からなら、360度の眺望だったけど・・・(涙)。なんとか稜線に出られただけでも良しとしよう!と自分を説得です(;´∀`)
同じ日に、近いけど、遠いお山から同じ朝日を見ていたんですよね~shineあちら側はあんな風だったのか・・・と、登っていないのに、ちかりさんの写真から双六の朝を手に取るように感じましたup山レポってかけがえのないものですね。私もできるだけ記録を残さなければと思いましたsweat01

>チャーシューの分厚さに目を奪われました。。。一度食べてみたいなあ。

塩尻峠へ抜ける山麓線が好きで、帰りに走って帰ろうとしたら偶然通りかかったんですflairアルピコの教習所のすぐ近くです。チャーシュー、私も薄切りよりカタマリ派ですっ( ´∀`)でも、できれば冷蔵庫から出したてではなくごにょごにょごにょwobbly


投稿: モリ | 2009年10月15日 (木) 23時58分

分厚いチャーシューが2枚も!
でも山から降りてきたらこってりした物食べられましぇん。
下山後無性にコーラが飲みたくなります。

今年の山は白峰三山で打ち止めです。
モリっちGPSの軌跡も見てくれたカナ~
見てなかったらチャンと見てね!→http://prosv8.tok2.com/~carrera/gps/hakuhou/hakuhou.htm

H.Pで槍縦走と白峰縦走の登山日記公開しました。
槍の頂上でチョコッとだけ自分登場しちょります。^^

投稿: CARRERA | 2009年10月26日 (月) 21時38分

mapleCARRERAさんこんばんわ!

>下山後無性にコーラが飲みたくなります

山と炭酸、相性良いですよね~happy01
ところが、コーラって意外と置いていない山小屋が多い気が。なっちゃんはあるのに・・・dash私も下山後に炭酸一気飲みしますsweat01そして肉!!CARRERAさんはこってりはダメですか~っ。お肉大好きなんですけど、ここのチャーシューは堪えましたcoldsweats01年でしょうか・・・。

>今年の山は白峰三山で打ち止めです。

CARRERAさんにとって充実の1年でしたね!upキレット越えのレポ、まだ読んでいないです~!!後でじっくり拝見させて頂きます♪GPSの軌跡に写真を張る事ができるんですね。だんだん景色が寒くなっていく様子がとてもリアルでした。今頃、北岳あたりも凍りついているのでしょうか・・・((´д`)) ブルブル…サムー

投稿: モリ | 2009年10月27日 (火) 23時04分

きれいな朝焼けですね。
早起きは三文の得?

またおじゃまします!

投稿: みみ~ | 2010年2月20日 (土) 16時16分

mapleみみ~さんこんばんわ!

放置ブログにお越し頂き、恐縮なのです!そして、お返事が大変遅くなり、申し訳ありませんsweat01

>早起きは三文の得?

早起きは本当に三文の徳です!!よく、お山で寝坊しては悔し涙を流しています(;;;´Д`)下界でもそうですね・・・でも山と同じぐらいお布団が好きなんだなぁsleepyうーん。


投稿: モリ | 2010年3月23日 (火) 22時10分

この記事へのコメントは終了しました。

« 向こう側へ。常念岳① | トップページ | おひさしぶりの »