« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月14日 (月)

やっとかめテン泊!燕岳

もう1週間経ってしまった~っ_| ̄|○

燕岳(200名山 標高2763m)

2009年9月5日(土)~6日(日)

今年2度目のテン泊に出掛けて来ましたヽ(´▽`)/

松本に用があるので、燕にしようか、蝶にしようか、常念にしようか・・・と迷っていたのですが・・・。ノビにあの美しい砂礫のお城を見せてあげたい、というわけで燕岳にGO!( ´∀`)

ルートの詳細レポはコチラをどうぞ~→2007年8月燕岳~槍ヶ岳

登山口まで来る途中で、湧き上がり始めたガスの切れ目から稜線が見えました。今日も気温は上がりそう。山頂に着く頃にはガスガスかな~(´ヘ`;)

7時前に登山口に着いたら、第一駐車場はもちろん、第二駐車場も満車!((( ;゚Д゚))。燕山荘までだから遅く着いてもいいや・・・と思いがちですが、早めに到着しないとまずいみたいです。わずかに残ったスペースに車をねじ込み、無事出発!ふー。

Imgp8501

のっそりのっそり。総勢100名ほど?に抜かれたと思います。たぶん。ひさびさのテント装備、体重は山行回数が減って増加傾向、前もたいして歩けなかったけど、さらにひどい事になっています。でも、歩いていればそのうち着くのです。大丈夫大丈夫( ´∀`)

Imgp8261_2 Imgp8262

9月に入ったからスイカはもう無いかも・・・と思ったのですが、ありました♪9月中旬まで今年は提供できるそうです。意外と遅くまでもつんですね~。

途中ですれ違った方々が、山頂は晴れているよ!槍が見えるよ!と教えてくれました。最後まであまりにもガスガスなので、本当は何も見えないけど瀕死のノビモリを見かねて気を使ってくれたのかなぁ・・・などと妄想。燕山荘の真下にようやく到着し、テン場の脇を上がって行くと・・・

Imgp8276

本当だった!!(゚∀゚ )

到着が遅すぎて、槍はガスの中に入ってしまったけれど、確かに槍側は青空も見えているのです。わーい。

Imgp8289

安曇野側から湧き立つガスに巻かれて、燕岳もいい感じです。

テン場は、お盆ほどの混雑ではないですが・・・すでに大きいテントが張れる場所は限られていました。なんとか張ってビールと軽食を食べるために小屋前のベンチへ移動。

Imgp8279

あぁー、このために登って来た!!(*´д`*)

相席になったベンチの方が、なんと、山ブロガーのrayさんmariさんでした!(rayとmariの週末は山歩き)お二人ともとても気さくで笑顔が素敵な方でした。おいしいおつまみをたくさん頂いて、ありがとうございます!ヽ(´ー`)ノ。rayさんがmariさんを山へ誘い、なんと今ではmariさんがrayさんのパッキングを全部してくれるぐらい山好きになったとか!うらやましい~っ。ノビもモリのパッキングを全部やってくれるぐらい山好きになってくれたらなぁ(´ヘ`;)あぁ、でもポールとか忘れそう・・・

Imgp8293

宴会の途中で槍が一瞬見えた!(゚∀゚ )

おやつのつもりが、夕食になだれ込み・・・。最後の方は、rayさんから頂いたチューハイを一人で飲み干して、ノビと、一緒に飲もうね♪と言って買ったチューハイを同じく一人でぐびぐび空け、泥酔で意識が微妙(汗)。お二人の写真を撮っていなかった事がとても残念です。゚(゚´Д`゚)゚。

でも!またお山で逢えると思っているので・・・今度逢ったら、また楽しいお酒の席に参加させて下さい♪( ´∀`)おねがいしま~す!

Imgp8297

夕焼けも見ずに千鳥足でテントへ戻って爆睡。何しに山に来てるって、飲食!!です。ははは(;´Д`)

満月に近い月だったようで、テントの中も一晩中明るく、何度も朝かと思って目が覚めました。気温はそれほど下がらなかったので3シーズンのシュラフで快適に眠る事ができました。しかし・・・テントを蹴られるような事は無かったけど、きっとすごいいびきだったと思うっ(;・∀・)。近隣の方々、ごめんなさいでした。

そして・・・

Imgp8315

翌日は素晴らしい朝になりました。

Imgp8355

安曇野は雲の下。山で朝を迎えたくて・・・。日帰り山もいいけれど、やっぱりテントが好きなのです。今年はなかなか山へ来る事ができなかったけれど、これで溜飲を下げることができた・・・かな(´∀` )

Imgp8348

燕岳もほんのりピンク♪

Imgp8366

小屋泊りの方々が朝食を食べているうちに山頂へ!というわけで、ご来光の後は山頂へ移動します。

Imgp8373 Imgp8372

ここの三角点もICチップ内臓!

Imgp8376

狭い山頂は人の往来が多く、ダラダラするには迷惑なので、北燕岳へ移動しました。北燕岳山頂から北の方を眺めます。白馬の方まで今日はよく見えますね~。

2_2

※クリックすると拡大します。

燕岳~双六あたり。

3

※クリックすると拡大します。

続いて、鷲羽~剱まで。

眺めるのは槍でも剱でもなく、裏銀と黒部源流の山々。もう一度、あそこを良く晴れている時に歩きたいなぁ・・・。長大な裏銀を見てノビもよく歩いた!と自画自賛(;・∀・)。歩いた尾根を眺めるヨロコビを噛み締め、山頂でしばらくぼーっとしていました。

寝起きのままぷらぷらと歩いて来たのでまだ日焼け止めも塗っていません( ; ゚Д゚)。日焼けが怖いので、帰ります・・・。

Imgp8429

忘れ形見のコマクサが、足元でコンニチワと言っていました。

Imgp8419

戻りながら表銀座の縦走路をパチリ。常念さんに、もう長い間ご挨拶をしていないのです。表銀座経由で常念にいつか行きたいな。

Imgp8430

テン場に戻り、テントを干しながら片付けて・・・小屋で槍を眺めていたら、なんと9時を過ぎてしまった!のんびりしすぎなのです(´ヘ`;)。安曇野側から湧き上がって来たガスに飛び込むようにして燕山荘を後にしました。

Imgp8442 Imgp8445

朝夕の気温はかなり下がっているのに・・・まだまだ元気です!

Imgp8490 Imgp8467

あと半月でナナカマドの葉が赤く染まるのですね~(´∀` )。コースタイム大幅増でのんびり下山しました。ノビの膝もなんとか無事でよかったです!

久々のテン泊で相当運動不足だったのか、脱水症状だったのか、パツンパツンにむくんで下山後は体重が3キロ増!(((( ;゚д゚)))。しかし、月曜日、妙に目の前が明るいのです。筋肉痛はひどいのに、体が軽い・・・。ひさびさ山だったので、その効果はなんと1週間も持続しました。やっぱり山に行かないと、ダメなのです。人は土から離れては生きていけないのよ!って言ったのはシータ(天空の城ラピュタ)だっけ??その通りなのであります! (`・ω・´)ノ

大満足だった燕岳。1泊2日でいいから5連休もお山で過ごしたいなぁ。我々は遠出できないので・・・遠方にお出掛けの方の山レポを楽しみにしています(´∀` )

| | コメント (13)

2009年9月 2日 (水)

やまおやじについて

・・・と言っても山のお話ではないので、山レポご希望の方はスルー願います(;・∀・)

もらった北海道のお菓子・・・缶の蓋に

Imgp8179

山親爺

と書いてある(゚Д゚;)

ヒグマのイラストが描かれているので、北海道ではヒグマの事を山親爺と呼ぶの?とノビに訪ねると、そういうわけではないというお答えが。

ヒグマと言えば、福岡大ワンゲル部ヒグマ襲撃事件とか、三毛別熊事件とか、本州のツキノワグマでは考えられないような高度な知能と破壊的な殺傷能力が有名で・・・仲良くなれそうなイメージはモリには全くありません(´ヘ`;)。ちょっとコワモテの外観にびびりながら開封。

普通のお菓子のようである・・・

Imgp8182

Imgp8190

くま・・・

普通のお菓子のおまけはもうちょっとマシなのである。少なくとも、こんなにバリはくっついていないのである(((( ;゚д゚)))。しぶーい缶は大人のお菓子を演出しているのに、なぜか、ぽつんとチープなクマ・・・。

(;・∀・)なんでクマが入ってるのでしょうか?

(´∀` )こういうものだから疑問に思ったことがありません(注)北海道出身

答えになってないんですけど!?理不尽さがツボにハマってかなり気に入ったのです≧∇≦。このクマの由来をご存知の方、ぜひぜひコメント下さい(笑)あっ、お菓子は普通においしかったです~。

--------------

※追記!!

山親爺のCMソングを歌う大泉氏の動画を発見しましたヽ(´▽`)/

「北海道でこの山親爺の歌を歌えない人はいない」そうです((((;゚Д゚))))

得意気な大泉氏の反応がノビと一緒だ~(汗)

なんだか心が北の大地を求めているので、水曜どうでしょうの動画でも探しに行って来ます・・・

| | コメント (10)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »