« あの子に逢いに | トップページ | 深い、深い森でした・・・瓶ヶ森② »

2009年6月15日 (月)

深い深い森でした・・・瓶ヶ森①

瓶ヶ森(愛媛県西条市・標高1896m・三百名山)

2009年5月5日(1日目)

四国に上陸し、最初は二泊三日で石鎚山~瓶ヶ森を周遊する予定でした。が、微妙なお天気で一日減らしたため、石鎚山か、瓶ヶ森か、どちらかしか登れなくなってしまいました。

・石鎚山の二ノ鎖小屋のテン場は張れる数が少なく、争奪戦に勝利できる自信が無い。

・石鎚山は4月末に雪が降ったらしい。

・石鎚山はもっと天気の良い時に登りたい(またうどん食べに来るし・・・)

などの消極的な?理由で瓶ヶ森に西ノ川から鳥越経由で登る案に決定!堂ヶ森経由で石鎚山に登るルートも最後まで迷ったのですが、車の回収がめんどうで諦めてしまいました。瓶ヶ森は山頂付近まで林道が通っているため、下から登る人は少ないです。四国の原生林の新緑とお花を味わいたいのであえて下から・・・なのですが、果たして?(;・∀・)

Imgp6708 Imgp6709

9:00石鎚山ロープウェイ前駐車場出発!

林道を奥までずーっと歩いて行きます。ちゃんと地図を見ておらず、おかしな登山口に入ろうとしたモリたちをバスの運転手さんが引き止めてくれました(;´Д`)

Imgp6712

新緑が・・・まぶしいです。いいねぇ~。

Imgp6721

10:15名古瀬登山口着。

ここまでほとんど平らで、最後に少し傾斜がついたぐらいだったのですが、すでにくたびれてしまいました。。。テン泊ってこんなだったっけ!?ドーナツなどを食べながら、15分ほど休憩して出発です。

Imgp6726

ジグザグと斜面を単調に登って行きます。

Imgp6732 Imgp6751

お花が咲いていて、楽しい!ヽ(´ー`)ノ

Imgp6745

登山道は一旦終わり、先ほど歩いてきた林道に再び合流しました。林道をそのまま歩いて来ても良かったんだなぁ・・・どっちが楽なんだろう~?

Imgp6759 Imgp6765

再び登山道に入り、あとは瓶ヶ森までひたすら登ります!眺望はありません(涙)が、そこには深い、深い、静かな森がありました・・・。

Imgp6770 Imgp6778

終りかけだったけど、藤の花もたくさん咲いていました。

Imgp6779

新緑のパッチワークがとってもきれい♪なんと、まだ山桜が咲いていました。四国のお山の春は意外と遅いのですね!

Imgp6786 Imgp6788

杉林が常住の手前まで続きます。淡々と登っていました。踏み跡は薄めだけど、薮などは無く、ちゃんと人の手が入っている感じです。ここまで、下って来た方1名とすれ違った以外、誰にも会っていません。非常に静かです・・・。

Imgp6781 Imgp6793

沢音を聞きながら歩いていると、足元に沢ガニが!ジロボウエンゴグサはそこら中に生えていて、落ちた花がニョロニョロの死骸のようでちょっと怖かったです。。。

Imgp6798

12:15常住着。

コースタイムは名古瀬登山口からここまで1時間。倍かかってるよ!?((( ;゚Д゚)))うげっ

沢登りをしてきたという単独の方が居ました。四国の沢は、とっても綺麗でしょうね~( ´∀`)。本日、この登山道ですれ違った方は、この方が最後だったのでした。深い。深すぎる。こんなに静かだとは思わなかった・・・(;・∀・)

Imgp6801

12:30常住出発。

ガスの中に入り始めました。まだお昼だと言うのにかなり薄暗いです。急に怖くなってきて、思わず熊鈴をつけました。

Imgp6809 Imgp6808

常住から鳥越までは、水平移動中心で、道はフカフカ。歩きやすいです♪

Imgp6812_2

が!!枯れた沢?谷?のような岩ゴロ地帯の辺りからよく出現した、薄緑色の石が濡れてつるっつるで・・・かなり神経を使いました!乾いていたらなんでもないのかもしれないのですが。

Imgp6822

鳥越の手前ぐらいから自然林が美しくなってきました・・・。

Imgp6825 Imgp6826

14:05鳥越着。

全ての区間を全くコースタイム通りに歩けていません_| ̄|○

日が暮れるまでにテン場にたどり着けるのか、不安になってきます。ううう。

Imgp6837

開きかけの山芍薬が雨に濡れてひっそりと。コロンコロン、たくさん咲いていました!少し早かったようで、しっかり咲いているものが無くて残念!これはステキなお花ですね~。開いたら、強烈なオーラを放ちそうです・・・。

Imgp6863 Imgp6859

お花が多くて、苦しいながらも楽しめました。写真に逃避しすぎて足が進みません(´ヘ`;)

Imgp6843 Imgp6871

だんだん悪くなる足場と、ジグザグのきっつい登りに口数は減り、最後はげっそりしてしまいました。倒木があって、一部道無き道を回りこむ箇所があったり・・・。鳥越から尾根までの道のりは日帰り装備でもあんまり歩きたくない感じです。ザレザレで、急で、路肩が弱くて、もっと何かあったような気がするけど、もう思い出せないなぁ。。。特に、最後の最後、釜床谷から尾根までの超超超急斜面は余裕が無かったので写真がありません(涙)翌日ちょびっと撮ったのでそちらを参考にして頂ければと思います。

Imgp6876

尾根に出た!あー、長い、長い道のりであった・・・しっかし、ガスってるなー(-_-X)くっそー

Imgp6892 Imgp6901

16:35白石小屋着!

お疲れさまでしたーーー!!!。゚(゚´Д`゚)゚。

瓶壷は思ったより小さかったです(2mぐらい?)最近のヤマケイで水のおいしいお山として紹介されたようですね。

本日のテントは2張り。二ノ鎖小屋のテン場で昨夜泊まり、縦走して来た単独の男性とモリたちだけです。白石小屋の宿泊客は1組。えぇぇ・・・GWなのにー( ; ゚Д゚)。ひっそりしすぎです!石鎚山の頂上山荘は混んでいるのかな?

くたびれていたので、今日は山頂には行きません。寝る支度に取り掛かります。夜ごはんは、ウィンナーと野菜の味噌汁と、梅わかめごはんでした(たぶん)。そしてここでもガッツナイターがクリアに聞ける事が判明!!四国なのに、びっくりです♪モリは間もなく寝てしまったのですが、ノビは小屋の方に勧められて、お風呂に入れてもらったそうです。テン泊でお風呂に入れるなんて、幸せなことですね。お金は受け取ってもらえなかったとか・・・。ありがとうございました!

さーて、明日は晴れるのか??(lll゚Д゚)ハレロ!

2日目につづく♪

|

« あの子に逢いに | トップページ | 深い、深い森でした・・・瓶ヶ森② »

コメント

静かな山歩きが出来たようですね
GW期間中ながら意外に登山者がいないですね。
小屋で風呂とは、素晴らしい。
さて続編を待つことにしよう(o^-^o)

投稿: オヤ爺 | 2009年6月17日 (水) 06時57分

オヤ爺さんこんばんわ!

>GW期間中ながら意外に登山者がいないですね

そうなんです、もうちょっと人気のルートかと思ったのですが・・・sweat01しかも、小屋の方も最近歩いていなかったらしく「どうだった!?」なんて訊かれて驚きました。地図だけを頼りにするとこのような事が時々ありますcoldsweats01ネットで状況をよく調べないとダメですね!
山のテント泊でお風呂に入れるって、珍しいですよね!しかも、小屋の方から勧めて頂いたそうです。空いていたからかもしれませんが、本当にありがたい事です。
続編もお天気が悪くてちょっと残念なのですが、山芍薬ご開帳なので、ぜひ!です♪いつもありがとうございます!happy01

投稿: モリ | 2009年6月17日 (水) 20時59分

この記事へのコメントは終了しました。

« あの子に逢いに | トップページ | 深い、深い森でした・・・瓶ヶ森② »