« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

ニリンソウ咲く!戸谷峰

さわやかだった季節がなつかしいですねぇ~(;;;´Д`)じめじめ・・・

戸谷峰(長野県松本市 標高1629m)

2009年5月10日(日)

実家に居たのですが、日中ぽっかり予定が空いてしまいました。これは神がヤマに行けと言っている!ニリンソウが見たいな~、と思って検索すると上高地レポにまぎれて戸谷峰というお山が。三才山トンネルの手前(松本側)に登山口があるようです。おぉぉ・・・家から30分だっ。しかも、一度も登ったことがありません。どんなお山なんだろう??ニリンソウはもう咲いているかな・・・?三才山トンネルへGO!なのです( ´∀`)

三才山出合ドライブインに車を停めて、三才山トンネルの方へ向かいます。登山口付近にも数台停められるスペースがあるけど今日は満車(´・ω・`)。10分ほど歩き、野間沢橋の手前の鉄の階段に到着しました。ここを上がって鉄塔巡視路をたどり、山頂へ向かいます。

Imgp7036

11:05登山口出発。

鉄塔巡視路って急です~(;´Д`)ハァハァ登山道ではないものを、登山に使わせて頂いているので文句を言ってはいけないです。はい(;・∀・)キタエロ!

Imgp7039 Imgp7040

山腹をジグザグ上がって行きます。山側にはポツポツと色んなお花が・・・♪さっそく、ほふく前進を強いられ進めないのであります(;´Д`)ハァハァ

途中、分岐のような箇所があったりしましたが、行けないようになんとなくなっていたりするので(確か)迷う事はありませんでした。踏み跡はとてもしっかりしています。ジグザグ登りが一段落して明るい谷すじに入ると・・・

Imgp7065

ニリンソウ~!ヽ(´ー`)ノ

Imgp7076

羽の先に乗った控え目なピンクが愛しいのです。

Imgp7177

大好きな妖精さんに今年は二度も出会えてラッキー!また、来年も必ず・・・。

Imgp7138 Imgp7098

引き続き、お花を撮り撮り進みます。図鑑のような写真を撮って何が楽しいんだろうと家に帰れば思うけど、もう、なんとかして感動をカタチに残したくって、撮っている時は夢中です(;・∀・)

Imgp7103

ヤマブキが登山道を覆うように咲き誇っていてうっとり。

Imgp7139 Imgp7151

合計3本の鉄塔を通過しました。3本目の鉄塔を過ぎた辺りから再びニリンソウがちらほらと。後日、いまるぷさんが満開の時に訪れていました!いまるぷさんの詳細なレポはこちらからドゾーヽ(´▽`)/(常念山脈に遊ぶ)。読むたびに5月の戸谷峰の空気をなつかしく感じられる、素敵なレポなのです~。 

Imgp7090 Imgp7108

行く手を次々と阻む、お花たち。早く登らないと日が暮れちゃう・・・(;´Д`)

Imgp7143

山頂直下の自然林がとっても素敵でした。美しい枝の隙間から見える青空の面積が多くなってきた・・・。もうちょっとかな?傾斜がかなりきつい場所ですが、今日の行程の中でも特に素晴らしい部分なので気になりません!

Imgp7165

13:20戸谷峰山頂着。

戸谷峰は、最初は山ではない場所だと思ったのですが、実は立派なピークを持ち、ちゃんと三角点もあります♪みんな下山してしまったようで、誰も居ません。またまた最後の一人か!?((( ;゚Д゚)))

Imgp7154

高ボッチ方面。近いな~。

Imgp7158

この日は、春霞がひどくて晴れているのに空気が重たく・・・。うっすらと写っていた常念様を復活させようと色々あがいてみたけどここまででした(涙)真冬はスノーシューで登れるのでしょうか・・・?バキバキに見える時にまた来てみたいものです。

眺望はすぐにあきらめて三角点に座っておにぎりを食べました。標高が高いのにムッとするような暑さで、冬の高ボッチの寒さを思い出したりして感慨に耽っていたのでした。季節はめまぐるしく移り変わっています。おかげで毎年ニリンソウに出逢えるのですね・・・。

Imgp7172 Imgp7110

13:50下山開始。

帰りは来た道を戻ります。最終下山者かと思いきや、トレランの方が登ってきて、あー、よかった、今日は最後じゃなかったな~♪なんて喜んでいたら!その方はいつの間にか山頂から戻ってきてモリを背後から抜き去り、なななんと、登山口にタッチして再び上がって来てコンニチワ♪だったのでした。筋肉マンもびっくりな超人です!!(((゚Д゚)))スゲー!

Imgp7181

ニリンソウの谷は日が落ちて薄暗くなり始めていました。

Imgp7182

14:55下山。

お花の山で大満足!ニリンソウだけではなく色々な種類のお花が楽しめました。駐車場代も、バス代も・・・何も払わず楽しんでしまって申し訳ないぐらいです。ここから三才山トンネルを抜ければ鹿教湯温泉や霊泉寺温泉、松本へ下れば浅間温泉と下山後の温泉も充実していて素敵です。松本へ来れば、ついつい北アルプスに目が行ってしまいますが、少ない時間で登れる魅力的な低山をもっともっと知りたいな、と思いましたヽ(´▽`)/

大きな地図で見る

| | コメント (9)

2009年6月17日 (水)

深い、深い森でした・・・瓶ヶ森②

1日目はこちらです。

瓶ヶ森(愛媛県西条市・標高1896m・三百名山)

2009年5月6日(2日目)

夜半、突風が吹き、フライに雨が叩きつけられる音で何度か目が覚めました。今回持って来たテントは、エアライズ2ではなく・・・

Imgp6880

今年手に入れたマザハバHPです。張り綱も張ってないのに、突風に耐えました(*゚▽゚)ノえーかげんに張ってます。天気が大荒れの時は、テントを張らない主義なのでこれでもいいかなぁ~と思いつつ、MSRの中では山岳テントという位置づけではないので山で使う事に対して不安もあり・・・瞬間的に結構強い風が吹いていたのですが、多少の風は大丈夫なようで安心しました。居住性は、側面がまっすぐ立ち上がっているのでとても広く感じて快適♪座高の高いノビが正座してごはんを食べても天井に頭がつかないぐらい高さがあります(身長176cm)。前室もエアライズ2と違ってかなり広いです。欠点は重たい事と(←致命的?)出入り口にメッシュのインナーがついていない事と、天井がメッシュで気温がマイナスになったら寒そうな点でしょうか・・・。あと、前後の前室が結構大きいので槍ヶ岳山荘とか、お盆の燕山荘とか、スペースがシビアな場所ではちゃんと張れないかもっ(;´▽`A``。夏用の居心地の良いテントが欲しくて、マザハバでHPが出るのを待っていました。どのぐらいの風に耐えられるかわからないけど、ぶっ壊さない程度に使い込んでいきたいと思います!!( ´∀`)ノ

Imgp6883 Imgp6893

雨がしょぼしょぼ降る中、足元を見ながら登って行きます。テン場から瓶ヶ森の山頂までは、分岐の多い登山道を迷いながら歩いて往復1時間少々でした。よく見ると、笹の根元にショウジョウバカマが咲いていました♪山頂は真っ白で眺望はありません。せっかくの氷見二千石原が・・・ヽ(`Д´)ノ。あまり来る機会も無いのでお賽銭を奮発して(100円)帰りの無事をしっかりと祈りました。

戻って来て、撤収するとほんのり山に薄日が・・・。あれっ?予報だとさらに悪くなるはずなんだけどな~。雨は止んでしまいました。ラッキー!

台ヶ森経由で下山する事を検討していましたが、小屋の方に登山道の状況を尋ねるも、小屋の方は歩いていないようで道の状況がわかりませんでした。来た道よりさらに条件が悪い道だとしんどいので、大人しく来た道を戻ります(;´Д`)

Imgp6905

8:40白石小屋出発。

一番きつい所を今日は元気なうちに下れるので気が楽!とはいえ、急です。怖いです(;・∀・)

Imgp6907 Imgp6908

かなり緊張していました(;´Д`)ハァハァ

Imgp6913

ツツジが・・・。昨日も見たはずなのに、記憶が無い・・・(;・∀・)

Imgp6916

超急斜面地帯を過ぎ、ジグザグ道になりました。お日様が出て来て日差しが暖かい~♪こうでなくっちゃ!

Imgp6926

わずかな光に目を覚ましたのか、昨日はつぼんでいた山芍薬の花がうっすら開きかけていました・・・!清楚な花びらの中身はこんなにゴージャスだったんですね・・・今回の山は、これが見られたから、よしとしよう!!ヽ(´ー`)ノ

Imgp6938

自然林の苔むした木々の幹がとても美しかったです。

10:25鳥越着。

コースタイム30分のところを、1時間45分って!?ヽ(`Д´)ノこの区間、標高差500mほどあるのです。標高差500mのところを、地図では登り1時間、下り30分というコースタイムで表記してありますが、空身で百名山ぐらい整備された登山道でも我々には無理です。はい(((゚Д゚)))

11:30常住着。

ここまで来れば・・・あとは比較的歩きやすい道をダラダラ下るだけ!

Imgp6959 Imgp6965

標高を下げればどんどん新緑が鮮やかに。大変な道のりで、また来るか?と言われれば、ちょっと・・・という感じなのですが、大変なぶんだけとても印象に残る充実したお山だったのでした( ´∀`)

12:25名古瀬登山口着!!

お疲れ様でしたーーーーーー!!!

林道を下って少し平らになったところに荷物をデポして、ノビが車を取りに行ってくれました。来る時は1時間以上かかった林道なのに、30分で戻って来てくれてびっくり!!∑(・∀・) このルート、歩けなくはないですがちょっとモリたちには敷居が高かったかもです(;´Д`)。植生は豊かでとても楽しかったので・・・また四国の低山に登ってみたいと強く思いました!

帰りはロープウェイ駐車場の土産物屋さん?の中にある不思議な温泉に入りました(石鎚山温泉・温泉旅館京屋)錆っぽい乳白色の湯がすごく効きそうな感じ!泉質は、他のホムペに詳しいですが、特殊なようです。とろりんとしています。貯め湯で掛け流しじゃないのがちょっと気になったかも…(循環&加温しているらしいです。500円)

| | コメント (7)

2009年6月15日 (月)

深い深い森でした・・・瓶ヶ森①

瓶ヶ森(愛媛県西条市・標高1896m・三百名山)

2009年5月5日(1日目)

四国に上陸し、最初は二泊三日で石鎚山~瓶ヶ森を周遊する予定でした。が、微妙なお天気で一日減らしたため、石鎚山か、瓶ヶ森か、どちらかしか登れなくなってしまいました。

・石鎚山の二ノ鎖小屋のテン場は張れる数が少なく、争奪戦に勝利できる自信が無い。

・石鎚山は4月末に雪が降ったらしい。

・石鎚山はもっと天気の良い時に登りたい(またうどん食べに来るし・・・)

などの消極的な?理由で瓶ヶ森に西ノ川から鳥越経由で登る案に決定!堂ヶ森経由で石鎚山に登るルートも最後まで迷ったのですが、車の回収がめんどうで諦めてしまいました。瓶ヶ森は山頂付近まで林道が通っているため、下から登る人は少ないです。四国の原生林の新緑とお花を味わいたいのであえて下から・・・なのですが、果たして?(;・∀・)

Imgp6708 Imgp6709

9:00石鎚山ロープウェイ前駐車場出発!

林道を奥までずーっと歩いて行きます。ちゃんと地図を見ておらず、おかしな登山口に入ろうとしたモリたちをバスの運転手さんが引き止めてくれました(;´Д`)

Imgp6712

新緑が・・・まぶしいです。いいねぇ~。

Imgp6721

10:15名古瀬登山口着。

ここまでほとんど平らで、最後に少し傾斜がついたぐらいだったのですが、すでにくたびれてしまいました。。。テン泊ってこんなだったっけ!?ドーナツなどを食べながら、15分ほど休憩して出発です。

Imgp6726

ジグザグと斜面を単調に登って行きます。

Imgp6732 Imgp6751

お花が咲いていて、楽しい!ヽ(´ー`)ノ

Imgp6745

登山道は一旦終わり、先ほど歩いてきた林道に再び合流しました。林道をそのまま歩いて来ても良かったんだなぁ・・・どっちが楽なんだろう~?

Imgp6759 Imgp6765

再び登山道に入り、あとは瓶ヶ森までひたすら登ります!眺望はありません(涙)が、そこには深い、深い、静かな森がありました・・・。

Imgp6770 Imgp6778

終りかけだったけど、藤の花もたくさん咲いていました。

Imgp6779

新緑のパッチワークがとってもきれい♪なんと、まだ山桜が咲いていました。四国のお山の春は意外と遅いのですね!

Imgp6786 Imgp6788

杉林が常住の手前まで続きます。淡々と登っていました。踏み跡は薄めだけど、薮などは無く、ちゃんと人の手が入っている感じです。ここまで、下って来た方1名とすれ違った以外、誰にも会っていません。非常に静かです・・・。

Imgp6781 Imgp6793

沢音を聞きながら歩いていると、足元に沢ガニが!ジロボウエンゴグサはそこら中に生えていて、落ちた花がニョロニョロの死骸のようでちょっと怖かったです。。。

Imgp6798

12:15常住着。

コースタイムは名古瀬登山口からここまで1時間。倍かかってるよ!?((( ;゚Д゚)))うげっ

沢登りをしてきたという単独の方が居ました。四国の沢は、とっても綺麗でしょうね~( ´∀`)。本日、この登山道ですれ違った方は、この方が最後だったのでした。深い。深すぎる。こんなに静かだとは思わなかった・・・(;・∀・)

Imgp6801

12:30常住出発。

ガスの中に入り始めました。まだお昼だと言うのにかなり薄暗いです。急に怖くなってきて、思わず熊鈴をつけました。

Imgp6809 Imgp6808

常住から鳥越までは、水平移動中心で、道はフカフカ。歩きやすいです♪

Imgp6812_2

が!!枯れた沢?谷?のような岩ゴロ地帯の辺りからよく出現した、薄緑色の石が濡れてつるっつるで・・・かなり神経を使いました!乾いていたらなんでもないのかもしれないのですが。

Imgp6822

鳥越の手前ぐらいから自然林が美しくなってきました・・・。

Imgp6825 Imgp6826

14:05鳥越着。

全ての区間を全くコースタイム通りに歩けていません_| ̄|○

日が暮れるまでにテン場にたどり着けるのか、不安になってきます。ううう。

Imgp6837

開きかけの山芍薬が雨に濡れてひっそりと。コロンコロン、たくさん咲いていました!少し早かったようで、しっかり咲いているものが無くて残念!これはステキなお花ですね~。開いたら、強烈なオーラを放ちそうです・・・。

Imgp6863 Imgp6859

お花が多くて、苦しいながらも楽しめました。写真に逃避しすぎて足が進みません(´ヘ`;)

Imgp6843 Imgp6871

だんだん悪くなる足場と、ジグザグのきっつい登りに口数は減り、最後はげっそりしてしまいました。倒木があって、一部道無き道を回りこむ箇所があったり・・・。鳥越から尾根までの道のりは日帰り装備でもあんまり歩きたくない感じです。ザレザレで、急で、路肩が弱くて、もっと何かあったような気がするけど、もう思い出せないなぁ。。。特に、最後の最後、釜床谷から尾根までの超超超急斜面は余裕が無かったので写真がありません(涙)翌日ちょびっと撮ったのでそちらを参考にして頂ければと思います。

Imgp6876

尾根に出た!あー、長い、長い道のりであった・・・しっかし、ガスってるなー(-_-X)くっそー

Imgp6892 Imgp6901

16:35白石小屋着!

お疲れさまでしたーーー!!!。゚(゚´Д`゚)゚。

瓶壷は思ったより小さかったです(2mぐらい?)最近のヤマケイで水のおいしいお山として紹介されたようですね。

本日のテントは2張り。二ノ鎖小屋のテン場で昨夜泊まり、縦走して来た単独の男性とモリたちだけです。白石小屋の宿泊客は1組。えぇぇ・・・GWなのにー( ; ゚Д゚)。ひっそりしすぎです!石鎚山の頂上山荘は混んでいるのかな?

くたびれていたので、今日は山頂には行きません。寝る支度に取り掛かります。夜ごはんは、ウィンナーと野菜の味噌汁と、梅わかめごはんでした(たぶん)。そしてここでもガッツナイターがクリアに聞ける事が判明!!四国なのに、びっくりです♪モリは間もなく寝てしまったのですが、ノビは小屋の方に勧められて、お風呂に入れてもらったそうです。テン泊でお風呂に入れるなんて、幸せなことですね。お金は受け取ってもらえなかったとか・・・。ありがとうございました!

さーて、明日は晴れるのか??(lll゚Д゚)ハレロ!

2日目につづく♪

| | コメント (2)

2009年6月11日 (木)

あの子に逢いに

ひさびさ山です♪

ツクモ草。初めてその名前を知ったのは中学生の時。へー、山に咲いてる花なんだー・・・と思っただけでした(A;´・ω・)

それが、なぜか山登りが趣味になって、この季節になるとたびたび耳にするようになり、いつの間にか気になる存在に。そして・・・

Imgp7483

とうとう逢いに行ってしまいました(;´▽`A``

Imgp7348

夕方から用事があって・・・日帰りで最短ルート!というわけで桜平から横岳ピストンです。桜平までの林道は、2駆の車では精一杯でした(涙)。色々な山小屋が開山祭を催していたので、6時前に着いたにもかかわらず、駐車場は超満員!あと1・2台しか停めるスペースが無くて慌てました(((゚Д゚)))

Imgp7422

硫黄岳と横岳は、気が遠くなりそうなぐらい昔に来たっきりです。初めてコマクサを見たのがこの稜線でした。その不思議な造形と、砂礫にちんまりと咲く可憐な姿にとても感動したのを覚えています。小学生の頃に居た町が妙に小さく感じられるように、横岳は一回りも二回りも小さくなっていました。こんなにコンパクトだったのか・・・単純にモリが横にでっかくなっただけなんですけどね。きっと(涙)

Imgp7469

ライチョウの足みたいです。もっさりしていてかわいいなぁ~。想像していた感じと違って乾いた質感でした。黄色って、本当にしあわせ色なのですね。高山の稜線で一番に春を連れて来る、この控え目な黄色いお花はモリ達にたくさんのしあわせを分けてくれました♪

桜平~横岳は、樹林帯の一部にほんのちょびっと雪が残っているぐらい。アイゼンは全く必要ありませんでした。6月頭の八ヶ岳は初めてなので、例年通りなのか、今年は特別雪が少ないのかはよくわかりません。すっかり夏道な登山道を歩きながら、夏がやって来る喜びに指先が震えてくるのでした。

早く夏になれ〜!ヽ(´▽`)/

| | コメント (10)

2009年6月 4日 (木)

やる気の無いガーデニング

最近お山に行けていません(´;ω;`)

おかげで、昨年はつぼみがついた直後に水を切らしてしまい

全く花が咲かなかったバラを咲かせる事ができました!!(≧∇≦)

Imgp7289

ジュード・ジ・オブスキュア(日陰者ジュード)というバラです。数年前に可児の花フェスタで一目惚れして通販で苗を買いました。香りも、姿形も最高なのに・・・なぜ日陰者??

Imgp7229

咲ききるとカップがゆるむのですが、咲き始めはボールのようにコロコロしています。この形に心をきゅっと掴まれました。まるで天使のたまごちゃん。かわいい~ヽ(´▽`)/

Imgp7254

ウェディングドレスのような花びらにうっとり。

いい加減な育て方に、年々樹勢を弱めながらも、なんとかまだ生きています。来年も、咲くように・・・ちゃんとめんどう見なければ~(ノビがせっせと水をあげています。。。)

Imgp6455

枝にたんぽぽの綿毛がひっかかっていました。どこから来たの??

梅雨入り前、去年は三ノ峰と籾糠山に登っていました。三ノ峰は本当に良いお山だったよな~っ。まもなく咲く夏のお花に心が騒ぎます。チングルマ、ハクサンイチゲ・・・今年も会えるかな。稜線の短い夏が待ち遠しいですね( ´艸`)

| | コメント (3)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »