« つかの間の静寂 | トップページ | 三度目の正直山 »

2009年4月17日 (金)

春遠し。藤原岳

藤原岳(三百名山・標高1140m 三重県いなべ市)

2009年3月15日(日)

2日続いた春の嵐がようやくおさまり、霧の濃い、寒い朝でした。名神から見える養老山脈は粉砂糖を振ったように真っ白け!∑(゚∇゚|||)。ふ、冬山ですか・・・?頭の中は福寿草で真っ黄色になっていたので予想外の展開にとても動揺しました。アイゼンは・・・持ってる。たぶん、たぶん、大丈夫。福寿草は咲いているんでしょうか・・・。

Imgp5205

神武神社の隣の駐車場は満杯で路駐の車が溢れていました。断念して少し離れた有料駐車場に車を止め、聖宝寺道経由で山頂を目指します。帰りは大貝戸道経由で下山する予定です。路地には登山者がちらほらと・・・。秋と違ってとても賑やかです( ´∀`)麓から見えるお山は、今年の2月より白いぐらい。どのぐらい積雪があるんだろう~(;・∀・)

8:10 聖宝寺出発!

石段を上がり、ご教訓看板を眺めながら登山道へ。沢に渡してある丸太の橋がつるっつるで、水量は太く、朝から血圧がかなり上がりました(;´Д`)ハァハァ

お花はミヤマカタバミがちょっと咲いているぐらい。杉林の中をジグザグジグザグ黙々と歩きます。昨年来た時、2~3合目付近の岩ゴロ道にたくさん咲いていた福寿草は1輪も見当たりませんでした。そういえば、去年は4月に来たのでした。さすがに早すぎたでしょうか??(´ヘ`;)

Imgp5217 Imgp5221

9:10 4合目通過。

登山道に薄っすらと雪が現れました。今のところ全く歩く事に支障はありません。

5合目を過ぎ・・・6合目。いよいよ道が真っ白になりました。新雪なのでグリップが効いて、ツボ足で問題なく歩けます。立ち止まるとたちまち寒くなります。このあたりでフリースを着て、立ちながらパイの実をもぐもぐ食べて休憩しました。

Imgp5229

6合目のまったり空間を通過すると、8合目まではちょっと急なジグザグ道です。雪に足を取られて転びそうになりながらもなんとか通過。すでに踏み固められつつある雪が氷状になっていて、キケンです。帰りはもっとガチガチになるんだろうな~。行きはよいよい帰りは怖い・・・??(;´Д`)。最初は団子状だった登山者も、お互い適度に間隔が開いて、ひっそりとしています。音が雪に吸い取られるのか妙に静かです。辺りは一面真っ白で・・・この、ふっと一人きりになれる感覚、まだこれが味わえるなんて、ちょっと嬉しいな( ´∀`)

Imgp5236 Imgp5243

10:00 8合目通過。

大貝戸道から来た登山者と合流してとても賑やかになりました。カッパのズボンを履いていないので腰を下ろせません。ひたすら歩くのみです(;・∀・)

さー、いよいよ福寿草多発地帯だ!と、思ったその時

あれ?

福寿草は雪の下・・・ですか??((( ;゚Д゚)))

ま、まぁ、山頂は樹氷があるかもしれないし!!そうだそうだ。気を取り直してぼつぼつ歩きます。藤原岳、なめてました。標高は1000mちょっと。決して高いお山ではありませんが、日本海側の気候の影響を顕著に受けるのですね。そういえば、11月の霊仙山も雪がすごかったっけ・・・。鈴鹿のお山を知らなかったということがわかったのが今回の一番の収穫でしょうか。頭の中は福寿草色だったんだけどなー。本当に奥深いお山です・・・。

下山して来る方々とすれ違い始めました。この雪の中、トレイルランをしている子が居てびっくり!普通に歩くだけでも滑るのにっ。バランスの悪いモリには真似できません(;´Д`)。そんなこんなで、9合目の手前。ふと、右手に目をやると

Imgp5241

・・・生えてるよ!?Σ(゚д゚lll)

新雪を突き破ってお空を目指す福寿草。これは、フツーに咲いているのより嬉しい~!( ´∀`)。なんてけなげな子なのでしょうか。寒そうにちぢんでいる姿がたまらないですね・・・。ありふれたモチーフなのかもしれないけれど、実際に目の当たりにするとあごが外れそうなぐらい顔が緩みます。春が来て、花が咲く。当たり前の事が当たり前であるという事は、素晴らしい・・・。

9合目が見え始めました。たくさんの人、人、人・・・皆さん一様にカメラを構えている!咲いてるのか!?

Imgp5348

咲いてた!!ヽ(´▽`)/

Imgp5347

つぼんでいる姿も、愛くるしいです。

Imgp5254

春待ち福寿草。ゲリラ豪雨にも負けず、涼しい顔でたたずんでいます。自然は、モリの考えが及ばないぐらいきっと強いのでしょう。去年の秋に崩壊した登山道を見た時は、胸が締め付けられるような思いでした。出逢えてほんとうによかった・・・。

9合目は日当たりが良いのか、ここだけ福寿草の花びらが開いていました。雪も少なめです。福寿草はカメラの集中砲火を浴び、大混雑。さて、山頂を目指すぞ!

Imgp5267 Imgp5282

雪がますます深くなってきました。積雪は30センチぐらい?よく降ったな~っ。アイゼンを履いている方が多かったですが、めんどくさいのでそのまんま登ってしまいました(;・∀・)。樹氷も、最初は雪が乗っかってるなーというぐらいだったのが、次第に凍りついた感じになってきて・・・

Imgp5280

11:00藤原山荘着。

ここは、本当に3月の低山なのか!?( ; ゚Д゚)すいぼくが・・・

Imgp5286

陽が射してきた!うわぁ・・・。

Imgp5301

樹氷、実は初めてお目にかかりました!鈴鹿のお山は低木が美しいと思っていたけれど、その枝が凍りつくとさらに美しいんだなぁ。繊細で、目を奪われます(´∀` )

Imgp5322

まるで珊瑚の森。歩く原色の登山者は熱帯魚か・・・。

Imgp5303

山荘の周りは人がすさまじく、笹野原の展望台よりは樹氷が美しい御池岳方面のカルストの丘に居たかったので、樹氷の森の中で昼食にしました。結構風があって、ダウンを着ても寒いぐらい。食事中も手袋は脱げません(((( ;゚д゚)))。風防を忘れたのでお湯は沸かないし、まさか、花めぐりの山旅でここまで寒さに凍えるとは、鈴鹿のお山、恐るべしです!!

天狗岩へは向かわず、大好きなこの丘でのんびりと写真を撮っていました。

Imgp5297

霊仙山。あちらはさらに雪が多そう。

Imgp5299

いなべ市方面。少し霞んでいました。

Imgp5314_3

御在所岳方面。連休前にアカヤシオを見に行きたいな。

びゅーびゅーの風が寒すぎる・・・(´ヘ`;)。もっと、もっと味わいたかったけど、冷え性なので、下山を決意。今年は雪が少なく、雪山に出掛けてもなかなかふかふかの雪に出会えなかったのです。シーズン終わりに神様が用意してくれた素敵なプレゼントに感謝、感謝、感謝!今年一番のサプライズに大感激です。゚(゚´Д`゚)゚。

12:35下山開始。

寒い、寒いと言いながら、ずいぶん長居してしまいました(;・∀・)。立ち去りがたい山頂だけど・・・帰りの混雑がひどくなりそうなので、帰ります。藤原岳、3回目ですが、3回とも全く違う表情を見せてくれました。次回はどんな笑顔で待っていてくれるのかな( ´∀`)

Imgp5351

案の定、雪はコチコチに踏み固められて氷状になっており・・・アイゼン、つけようかなー、でも、泥だらけにすると洗うのがめんどくさいんだよなー、などと滑りながら考えていたら、そのうち雪が無くなってしまいました。結構、危なかったです。つけなきゃダメです。頭打ってからでは遅いです(;´Д`)

14:20大貝戸道登山口着。

Imgp5365

駐車場まで、ふきのとうや水仙や桜の写真を撮りながら戻りました。山頂は氷の世界だったのに、麓は春を謳歌しています。時間と距離の軸がずれているというか、ずいぶん遠くまで旅をしたような、おかしな気分になりました。季節を乗り越えてしまったからでしょうか。濃厚な体験に酩酊状態。いい山旅でした!ごちそうさまっ♪ヽ(´▽`)/おかわり~!

車窓から、大貝戸道方面へワカンを担いで国道を歩いているおじさんの姿が見えました。白瀬峠まで縦走!?うわー、トレース皆無で楽しかっただろうなーっ。大半の登山者は花目当てで登っていたのに・・・鈴鹿のスペシャリストはあえてこういう日にパウダースノーを楽しむのですね!∑(・∀・)。たくさんの人とすれ違ったけど、ワカンを担いでいたのはおじさんだけ。粋な姿に見とれてしまいました( ´∀`)あんなふうになりたい・・・

|

« つかの間の静寂 | トップページ | 三度目の正直山 »

コメント

裏登山道から登られたのですね。
初めて藤原岳に登ろうとした冬、裏登山道から登り6合目でホワイトアウト、道を見失い撤退
その後、裏登山道から登ってないのでいつかリベンジで歩いてみたいルートです。

しかし恐るべし藤原岳、3月だと言うのに結構な積雪
福寿草には、雪が似合いますね。綺麗です。
福寿草は、強心性配糖体アドニンを含む有毒の植物だそうです。そんなこと全く知りませんでしたが、福寿草からイメージと随分ギャップがあります。

投稿: オヤ爺 | 2009年4月18日 (土) 20時15分

いやあ、雪の上に飛び出した福寿草、何度見てもいいなあ・・・
この三月はおかしな天候続きでしたが、おかげでいい景色が見れてよかったですね。
藤原の裏道、しばらく歩いてないので久しぶりに歩きたくなりました。

投稿: bun | 2009年4月18日 (土) 21時46分

オヤ爺さんこんばんわ!

>裏登山道から登り6合目でホワイトアウト

6合目、のっぺりしていますよね~。癒しの空間が時には牙を剥く・・・怖いです。のっぺりしているのはわずかな空間だけど・・・冬山では方角を見失う事があるのですね・・・!オヤ爺さんが無事に下山できて何よりです!!happy01good

>福寿草は、強心性配糖体アドニンを含む有毒の植物だそうです

そうだったのですか!?coldsweats02
知らなかったです!あんなにかわいいのにー。しかも、花言葉は永遠の幸福shine大地が灰色の時に一番に咲く、春色のお花に毒があるとは奥が深い・・・。拾い食いしないように気をつけます♪delicious

bunさんこんばんわ!

ありがとうございますhappy01
強くて、けなげで、儚くて・・・色々と感じるものがあります。bunさんのおっしゃった通り、春にちゃんと福寿草は咲きました!3月は寒い日が続いて本当におかしな気候でしたが、おかげでびっくりな出会いもありこれはこれで良かったです~up山は、お天気が読めないから良いのでしょうね。
裏道は、昨年と比較して目立って荒れているところは無かったように思います。8~9合目も修復されて歩きやすくなっていました。またお出かけ下さい!scissors

投稿: モリ | 2009年4月20日 (月) 21時06分

この記事へのコメントは終了しました。

« つかの間の静寂 | トップページ | 三度目の正直山 »