« 三度目の正直山 | トップページ | 早春を満喫。伊吹山 »

2009年4月25日 (土)

U.L.スパイラルダウンハガー

今までノビは、化繊シュラフ(パイネの10年モノ)を使っていました。かさばるし、重たいし・・・ダウンにしなよーと言っていたのですが、物を大切にする日本人の心を人一倍持っているノビは、なかなか買おうとしません(物欲が薄いです)

しかし、穴が開いて、綿がはみ出して・・・まるでボロ雑巾のようになってしまったシュラフ。

モリはU.L..SSダウンハガー♯3のレギュラーサイズを使用しています。ところが、足の先っぽが余ってしまい、余ったところが結露して明け方不快な思いをしていたのです。生地がたくさんあったほうが暖かいだろう思ってレギュラーにしたけど、失敗でした。ショートサイズのシュラフが欲しい・・・。U.L.SS.ダウンハガーをノビにあげて、ショートのダウンシュラフを買おうかな~。物色、物色、物色・・・

M_c_1121799_basm1

すぱいらるダウンハガー??Σ( ゜Д゜)

モンベルの新しいシュラフです。800フィルのダウンを使い、U.L.SS.ダウンハガーよりさらに軽く(♯3ショートの重量はなんと520g!!)、生地が伸縮してストレッチ性もあるとか。モリのU.L.SS.ダウンハガーは大分前のモデルだから、正確な重量はわからないけど、今のモデルのレギュラーサイズと比較すると162g軽量です。確か今使っているシュラフは700フィルぐらいだったし保温性もアップするのでは・・・。

決め手はお値段。だって、安いっ。U.L.SS.ダウンハガーは3万円近くするし(涙)軽くて安いならこっちのほうがいいよねー・・・

で、買っちゃったわけですが。

Imgp6412

開けた瞬間、思った。

なんか、なんか、安っぽいかも・・・∑(゚∇゚|||)

U.L.SS.ダウンハガーの生地はしっとりつやつやでしたが、これは、乾いてるというか、なんと言うか、お値段なりの質感とでも言うのでしょうか(←バリスティックエアライトという生地に撥水加工が施されています。スパイラル君の名誉のために追記)生地の軽量化だけでは無く、ダウンの量も減っているようで、ロフトが偏って生地だけになっているところもあるぐらいダウンが薄いです。メーカーサイトを見ると、U.L.SS.ダウンハガーは高い保温性をうたっているので、同じ♯3でもスパイラルの方が寒いのかも。いや、寒い。きっと。秋の山でその実力が試されるまで、ほんとうのことはわからないけど・・・冷え性の女性はU.L.SS.ダウンハガーをおとなしく購入した方が良いのか・・・?

とは言え、夏山では十分暖かいでしょう。寒かったらズボン状のインナーダウンを購入しようか

高くついてるじゃん!!(#`Д´)

ストレッチ性は・・・確かに、生地が若干伸びます。伸び具合はストレッチジーンズのそれと同じぐらい?カバーやらシーツやらでぐるぐるに巻かれて、結局身動きがとれなくなるので、モリはシュラフそのもののストレッチ性はあんまり気にしていません(A;´・ω・)

Imgp6414

大きさを比べるとこんな感じです。写真ではわかりにくいですが・・・若干小さくなりました。

気になる保温性は、使用後に追記しようと思います。安くて、軽くて、暖かければこれ以上良いシュラフは無いですよね~!ヽ(´▽`)/

ちなみに・・・カバーはモンベルのブリーズドライテックU.L.スリーピングバッグカバー 、インナーはモンベルのシルクシーツです。モンベルファミリー勢ぞろいだなぁ。ブリーズドライテックのカバー、あんまりオススメできません!結露がひどいです。ヘリテイジのゴアのシュラフカバーが欲しい・・・けど、来年以降にします。最近買い物しすぎです。はい(´;ω;`)

---------

※追記

9月5日に燕山荘のテン場で使用した感想です。

秋山の気配が漂い、夏山よりは夜の気温もそれなりに下がったと思うのですが・・・全く寒さを感じずに寝る事ができました。SSダウンハガー♯3と比較してはっきりと寒い!というほどではないようです。開封時に感じた嵩の少なさも、保存用のデカ袋に移したところ、思った以上に回復してくれて安心しました。出荷時は相当な力で圧縮しているのですね・・・。

今のところ、お値段と機能のバランスが良く、不満はありません。

以上、使用感レポでした~(∩´∀`)

|

« 三度目の正直山 | トップページ | 早春を満喫。伊吹山 »

コメント

シュラフひとつをとっても山用品は奥が深いです。
オートキャンプから初めたオヤ爺にとっては、なぜに山用品は、高価なんだろうかといつも思います。
命にかかわる山の装備とオートキャンプの違いをいつも感じます。
でも値段が一桁多い山用品、正直高価すぎるので、なかなか購入に戸惑うこの頃です。


投稿: オヤ爺 | 2009年4月27日 (月) 07時11分

オヤ爺さんこんばんわ!

私も、もともとはバイクツーリングから山道具に入ったのですが、安いものは数千円で手に入るのに重量とサイズを削ろうと思うと高くつきますよね~
山道具は機能的で美しく、一生付き合えそうな道具を探す事は本当に楽しいです。山と山道具が趣味なのかも最高なもので揃えられたらどんなに良いかと思いますが、結局リーズナブルなモンベルファミリーが増殖の一途を辿っています
山ブームになって、みんな使うようになれば・・・山道具も安くなるかも需要が少ないから高いのでしょうか・・・。ブランドもののバッグとか、全然興味無いのですが、山道具は欲しいんですよね・・・。吸湿・速乾!とか臭くならない!とか、なんとかフィルパワー!とか、付加機能が無いものに興味が無いみたいです。末期症状です。あはは

投稿: モリ | 2009年4月27日 (月) 19時58分

いや、事前情報ありがとうございます。
明日にでも豊科にできたばかりのもんべる屋に
買いに行こうと思っていましたので。

特に収納サイズについて、イメトレできました。
でも、どれの何番にするか、レジに行くまで
迷い続けそうであります。

投稿: いまるぷ | 2009年4月30日 (木) 23時12分

!!豊科にもんべる屋ですか!?w(゚o゚)w
・・・・・(←検索中)
豊科と言えば、スワンガーデン・・・おぉぉぉ~、何屋さんがつぶれたのでしょうか・・・(思い出せない)。白馬や針ノ木なんかに行った帰りにおやきを買ってもんべるに行って、というのが定番になりそうですね~こちらこそ、貴重な情報をありがとうございます!

いまるぷさんは冬でも使えるものを検討中でしょうか?ショップで試し寝ができたらいいですよねー。生地の質感は好き好きがありそうです。来週松本に出掛ける予定なので、早速もんべるに行ってみまーす♪

投稿: モリ | 2009年5月 1日 (金) 00時02分

この記事へのコメントは終了しました。

« 三度目の正直山 | トップページ | 早春を満喫。伊吹山 »