« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月27日 (月)

早春を満喫。伊吹山

まもなくGW・・・予定は未定。週間予報が出ないと行き先が決まらないので困ります(;´▽`A``

伊吹山(百名山・標高1377m)

2009年4月5日(日)

一ヶ月前。伊吹山の三合目まで登り、壁のようにそびえる山頂を前にして、強く思った事がありました。

あの壁を越えたい・・・(`Д´)

できれば、混雑する前に。調べると、翌週にはドライブウェイが開通すると言うではないですか!お天気は上等。行くしかないっ。というわけで、今年に入って六度目の関ヶ原下車なのです(;・∀・)

駐車場は有料です。登山口から少し離れたところに500円の駐車場があります。近いところはだいたい1000円です(高っ)登山口付近に感動するぐらいキレイなトイレが完備されていてありがたいです( ´∀`)

Imgp5998 Imgp5999

8:45零合目出発!

先月来た時は、ほとんどお花は咲いていなかったけど・・・一ヶ月経過して、ぽつぽつ咲き始めています!

Imgp6003 Imgp6016

まだ時期的に早いかな・・・という感じではありますが、顔がほころびます。来て良かった!!って、まだ全然登ってないけど・・・(;´Д`)

9:15 一合目通過。

Imgp6012

一合目のトイレは使えるようになっていました。今日は風が強いせいか、パラグライダーは飛んでいません。忍耐のゲレンデ歩きに突入です。きつい斜面だけど、一度歩いていると先が見えるというか、精神的に楽です( ´∀`)

10:00三合目通過。

ここから先は未体験ゾーン。いざっ、あの向こうへ!!

リフトの脇を歩くのが正規の登山道のようですが、車が通る道を歩いてしまいました。

Imgp6018 Imgp6030

10:20五合目通過。

あれ?四合目はどこ行った??

五合目からは一定の傾斜でジグザグと登るだけ♪ここから先は、普通に山道でとても歩きやすく感じました。chocoさんが言っていた、三合目までがきつい!に一票です~ヽ(´▽`)/

Imgp6036 Imgp6101

うっすらと咲いていたお花は激減。まだ冬眠中です。

Imgp6028 Imgp6045

低山なのに・・・樹林帯歩きは零合目~一合目だけ。会心の眺望が眼下に広がります。標高差は1157m。しんどいかなー・・・と思っていたけど、あまりの眺望の良さに、楽しすぎてほとんど苦しまずに済みました。季節が進むと暑くて大変かもしれないですね~。伊吹山って、なんで裸なんだろう?開発されたからでしょうか・・・?

ジグザグ登りは単調だけど、確実に標高が稼げます。頻繁に何合目~という標柱が出現するので頑張れる!?稜線が目の前に迫って来ました。あとちょっと・・・

Imgp6042

11:30九合目通過。

ここまで来れば、ほとんど山頂!まったり道をダラダラ歩いて・・・

Imgp6053

11:40伊吹山山頂着!

おつかれさまでしたー!雪はほんのちょびっと残っているだけです。この時期のレポを探すと、雪たんまりな写真が多いのですが。今年は本当に暖冬だったんだなぁ・・・。

しばらく前に一度来たきりだったので、山頂の地理がわからずキョロキョロしてしまいました(;・∀・)

Imgp6062

日本武尊さん、こんにちわ~( ´∀`)

Imgp6068

ドライブウェイの駐車場は大混雑!自転車の大会が開かれていたそうです。みんな一斉に頂上に来るかな!?

Imgp6072 Imgp6057

売店はシーズン前なので閉まっています。建物の陰に隠れて昼食です。本日のカップラは鶏蕎麦たまごろう入りです( ´∀`)

食事をとって、しばらく山頂をウロウロしていました。人の気配が薄い山頂が新鮮です。春霞で遠望はきかないけれど、壁の向こう側の眺めを味わう事ができて満ち足りました。風がとても強くてダウンを着ていても鼻水が・・・(;´Д`)。三合目のお花畑も気になるし・・・下山します!

Imgp6077

12:50下山開始。

Imgp6085

眺めが良くて楽しいっ♪それにしても、琵琶湖はいつ来ても霞んでいるのです。はっきり見えるのは真冬だけなのでしょうか・・・?

Imgp6147

13:50三合目着。

三合目手前ぐらいからアマナがポツポツと咲いていて・・・朝は花が閉じていたから気がつかなかったのか、ゲレンデの枯れ草の色に同化していてわからなかったのか・・・実はたーっくさん!のアマナの花があったのです!

Imgp6111

三合目のお花畑のスハマソウ。3月上旬は咲き始めに立会い、そして、今日は終わりかけ・・・。一ヶ月近く咲いているのですね。福寿草のようなおおぶりで豪華なお花もいいけれど、地味にけなげに咲くこのお花、好きだなぁ・・・。

Imgp6127

来年も逢いに来るよ!ヽ(´▽`)/

Imgp6132

14:25三合目出発。

黒々と横たわる大きな壁。山に登る理由は人それぞれだけど、モリは向こう側に行きたいから山に登るのかもしれません( ´∀`)

Imgp6142

最終下山者になりかかっているのに、アマナが足首を掴みます!(;・∀・)。柄が微妙に違って面白いんですよね~。

Imgp6157_2

今日も、素晴らしい山旅をありがとう♪

15:25零合目着!

あー、眺望の良いお山はストレス解消に最高!!なんでもっと早くちゃんと登らなかったんだろう。本当にいいお山です!ヽ(´▽`)/

Imgp6163

帰りは名水百選、泉神社の水を汲みに行きました。ちょっと固めの軟水です。大人気のお水で、周囲は路駐の車で溢れています。生で飲むとしっかりミネラルの味が感じられておいしいお水です♪プラティじゃちっちゃいんだよなぁ。関ヶ原下車率が高いので、専用の巨大水入れが欲しい今日この頃です(;´Д`)

| | コメント (7)

2009年4月25日 (土)

U.L.スパイラルダウンハガー

今までノビは、化繊シュラフ(パイネの10年モノ)を使っていました。かさばるし、重たいし・・・ダウンにしなよーと言っていたのですが、物を大切にする日本人の心を人一倍持っているノビは、なかなか買おうとしません(物欲が薄いです)

しかし、穴が開いて、綿がはみ出して・・・まるでボロ雑巾のようになってしまったシュラフ。

モリはU.L..SSダウンハガー♯3のレギュラーサイズを使用しています。ところが、足の先っぽが余ってしまい、余ったところが結露して明け方不快な思いをしていたのです。生地がたくさんあったほうが暖かいだろう思ってレギュラーにしたけど、失敗でした。ショートサイズのシュラフが欲しい・・・。U.L.SS.ダウンハガーをノビにあげて、ショートのダウンシュラフを買おうかな~。物色、物色、物色・・・

M_c_1121799_basm1

すぱいらるダウンハガー??Σ( ゜Д゜)

モンベルの新しいシュラフです。800フィルのダウンを使い、U.L.SS.ダウンハガーよりさらに軽く(♯3ショートの重量はなんと520g!!)、生地が伸縮してストレッチ性もあるとか。モリのU.L.SS.ダウンハガーは大分前のモデルだから、正確な重量はわからないけど、今のモデルのレギュラーサイズと比較すると162g軽量です。確か今使っているシュラフは700フィルぐらいだったし保温性もアップするのでは・・・。

決め手はお値段。だって、安いっ。U.L.SS.ダウンハガーは3万円近くするし(涙)軽くて安いならこっちのほうがいいよねー・・・

で、買っちゃったわけですが。

Imgp6412

開けた瞬間、思った。

なんか、なんか、安っぽいかも・・・∑(゚∇゚|||)

U.L.SS.ダウンハガーの生地はしっとりつやつやでしたが、これは、乾いてるというか、なんと言うか、お値段なりの質感とでも言うのでしょうか(←バリスティックエアライトという生地に撥水加工が施されています。スパイラル君の名誉のために追記)生地の軽量化だけでは無く、ダウンの量も減っているようで、ロフトが偏って生地だけになっているところもあるぐらいダウンが薄いです。メーカーサイトを見ると、U.L.SS.ダウンハガーは高い保温性をうたっているので、同じ♯3でもスパイラルの方が寒いのかも。いや、寒い。きっと。秋の山でその実力が試されるまで、ほんとうのことはわからないけど・・・冷え性の女性はU.L.SS.ダウンハガーをおとなしく購入した方が良いのか・・・?

とは言え、夏山では十分暖かいでしょう。寒かったらズボン状のインナーダウンを購入しようか

高くついてるじゃん!!(#`Д´)

ストレッチ性は・・・確かに、生地が若干伸びます。伸び具合はストレッチジーンズのそれと同じぐらい?カバーやらシーツやらでぐるぐるに巻かれて、結局身動きがとれなくなるので、モリはシュラフそのもののストレッチ性はあんまり気にしていません(A;´・ω・)

Imgp6414

大きさを比べるとこんな感じです。写真ではわかりにくいですが・・・若干小さくなりました。

気になる保温性は、使用後に追記しようと思います。安くて、軽くて、暖かければこれ以上良いシュラフは無いですよね~!ヽ(´▽`)/

ちなみに・・・カバーはモンベルのブリーズドライテックU.L.スリーピングバッグカバー 、インナーはモンベルのシルクシーツです。モンベルファミリー勢ぞろいだなぁ。ブリーズドライテックのカバー、あんまりオススメできません!結露がひどいです。ヘリテイジのゴアのシュラフカバーが欲しい・・・けど、来年以降にします。最近買い物しすぎです。はい(´;ω;`)

---------

※追記

9月5日に燕山荘のテン場で使用した感想です。

秋山の気配が漂い、夏山よりは夜の気温もそれなりに下がったと思うのですが・・・全く寒さを感じずに寝る事ができました。SSダウンハガー♯3と比較してはっきりと寒い!というほどではないようです。開封時に感じた嵩の少なさも、保存用のデカ袋に移したところ、思った以上に回復してくれて安心しました。出荷時は相当な力で圧縮しているのですね・・・。

今のところ、お値段と機能のバランスが良く、不満はありません。

以上、使用感レポでした~(∩´∀`)

| | コメント (4)

2009年4月21日 (火)

三度目の正直山

先週は御池岳に出掛けて来ました(◎´∀`)ノ
昨年秋は雨で敗退、今年の冬はコグルミ谷から登頂するも、ガスで視界が無く、テーブルランドを断念。山頂付近のまったりな丘に恋焦がれて幾月が経過。ついにその時がやって来ました!

Imgp6194

コグルミ谷の駐車スペースは超満員(lll゚Д゚)。鞍掛峠になんとか隙間を見出して、無事出発です♪いやー、大人気。早立ち必須です(また!?)

Imgp6238

鈴北岳にまもなく到着し・・・山頂から見えるのは日本庭園。標高が高く、枯山水な様相でしたが

すごーくいい!!期待以上!ヽ(´▽`)/

ここのあの感じは写真に写らず。残念です。ゆっくりゆっくり、味わいました。夢の大地を踏みしめてご満悦です。薄い踏み跡を辿ると、喧騒から離れて静かな池がありました。あぁぁ・・・新緑が芽吹く頃に来てみたいっ。でもヒルが・・・ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

Imgp6299

ボタンブチもいい感じでした~♪スノーシューで来たら、どんなに感動するでしょうか。しかし、国道歩きも含めるとかなり健脚向けなコースなのです。なんとか精進して、ここまでたどり着きたいなぁ・・・。

鞍掛峠からピストンしようかと思ったのですが、標高が微妙に高かったのか、お花が少なく・・・。お花をもっと見たい!というわけで、コグルミ谷へ下って車道歩きをして鞍掛峠に登り返す事にしました。

Imgp6351

カタクリ峠(6合目)のカタクリはほとんど咲いていませんでした。葉っぱが小さかったから・・・これから咲くところなのでしょう。5合目付近で二輪のイワウチワを発見!去年初めて出逢ってとても嬉しかったお花です。華があって、可憐でひときわ目立ちますね~。

Imgp6375

お花の見ごろは5合目~登山口手前ぐらいでしょうか?ニリンソウがいーっぱい!!咲いていました~( ´艸`)。花びらが、うっすらピンクの子がいいですねー。大好きなお花のひとつです。うれしくてうれしくて、荒れ気味で難儀な道もなんのその。千鳥足であっちへふらふら、こっちへふらふらしていました(汗)。やはり、鞍掛峠からだと微妙に標高が高かったようで、盛りは外れていたみたいです。今週末あたりから良い感じでしょうか?ほんとうに、お花のピークは難しいですね。楽せず下から歩けば間違いないんですよね。はは・・・(;´▽`A``

大好きなニリンソウ、毎年見たいイワウチワ。そして、憧れの日本庭園・・・じらされた甲斐がありました!登山口付近の、芽吹きだした新緑も美しく、山からたくさんの元気をもらい、大満足なのです。雪山に残っていた未練はぶっとび、頭の中は夏山一直線!片付けられなかったスノーシューをやっと片付けられそうです。来週も晴れますように♪

| | コメント (6)

2009年4月17日 (金)

春遠し。藤原岳

藤原岳(三百名山・標高1140m 三重県いなべ市)

2009年3月15日(日)

2日続いた春の嵐がようやくおさまり、霧の濃い、寒い朝でした。名神から見える養老山脈は粉砂糖を振ったように真っ白け!∑(゚∇゚|||)。ふ、冬山ですか・・・?頭の中は福寿草で真っ黄色になっていたので予想外の展開にとても動揺しました。アイゼンは・・・持ってる。たぶん、たぶん、大丈夫。福寿草は咲いているんでしょうか・・・。

Imgp5205

神武神社の隣の駐車場は満杯で路駐の車が溢れていました。断念して少し離れた有料駐車場に車を止め、聖宝寺道経由で山頂を目指します。帰りは大貝戸道経由で下山する予定です。路地には登山者がちらほらと・・・。秋と違ってとても賑やかです( ´∀`)麓から見えるお山は、今年の2月より白いぐらい。どのぐらい積雪があるんだろう~(;・∀・)

8:10 聖宝寺出発!

石段を上がり、ご教訓看板を眺めながら登山道へ。沢に渡してある丸太の橋がつるっつるで、水量は太く、朝から血圧がかなり上がりました(;´Д`)ハァハァ

お花はミヤマカタバミがちょっと咲いているぐらい。杉林の中をジグザグジグザグ黙々と歩きます。昨年来た時、2~3合目付近の岩ゴロ道にたくさん咲いていた福寿草は1輪も見当たりませんでした。そういえば、去年は4月に来たのでした。さすがに早すぎたでしょうか??(´ヘ`;)

Imgp5217 Imgp5221

9:10 4合目通過。

登山道に薄っすらと雪が現れました。今のところ全く歩く事に支障はありません。

5合目を過ぎ・・・6合目。いよいよ道が真っ白になりました。新雪なのでグリップが効いて、ツボ足で問題なく歩けます。立ち止まるとたちまち寒くなります。このあたりでフリースを着て、立ちながらパイの実をもぐもぐ食べて休憩しました。

Imgp5229

6合目のまったり空間を通過すると、8合目まではちょっと急なジグザグ道です。雪に足を取られて転びそうになりながらもなんとか通過。すでに踏み固められつつある雪が氷状になっていて、キケンです。帰りはもっとガチガチになるんだろうな~。行きはよいよい帰りは怖い・・・??(;´Д`)。最初は団子状だった登山者も、お互い適度に間隔が開いて、ひっそりとしています。音が雪に吸い取られるのか妙に静かです。辺りは一面真っ白で・・・この、ふっと一人きりになれる感覚、まだこれが味わえるなんて、ちょっと嬉しいな( ´∀`)

Imgp5236 Imgp5243

10:00 8合目通過。

大貝戸道から来た登山者と合流してとても賑やかになりました。カッパのズボンを履いていないので腰を下ろせません。ひたすら歩くのみです(;・∀・)

さー、いよいよ福寿草多発地帯だ!と、思ったその時

あれ?

福寿草は雪の下・・・ですか??((( ;゚Д゚)))

ま、まぁ、山頂は樹氷があるかもしれないし!!そうだそうだ。気を取り直してぼつぼつ歩きます。藤原岳、なめてました。標高は1000mちょっと。決して高いお山ではありませんが、日本海側の気候の影響を顕著に受けるのですね。そういえば、11月の霊仙山も雪がすごかったっけ・・・。鈴鹿のお山を知らなかったということがわかったのが今回の一番の収穫でしょうか。頭の中は福寿草色だったんだけどなー。本当に奥深いお山です・・・。

下山して来る方々とすれ違い始めました。この雪の中、トレイルランをしている子が居てびっくり!普通に歩くだけでも滑るのにっ。バランスの悪いモリには真似できません(;´Д`)。そんなこんなで、9合目の手前。ふと、右手に目をやると

Imgp5241

・・・生えてるよ!?Σ(゚д゚lll)

新雪を突き破ってお空を目指す福寿草。これは、フツーに咲いているのより嬉しい~!( ´∀`)。なんてけなげな子なのでしょうか。寒そうにちぢんでいる姿がたまらないですね・・・。ありふれたモチーフなのかもしれないけれど、実際に目の当たりにするとあごが外れそうなぐらい顔が緩みます。春が来て、花が咲く。当たり前の事が当たり前であるという事は、素晴らしい・・・。

9合目が見え始めました。たくさんの人、人、人・・・皆さん一様にカメラを構えている!咲いてるのか!?

Imgp5348

咲いてた!!ヽ(´▽`)/

Imgp5347

つぼんでいる姿も、愛くるしいです。

Imgp5254

春待ち福寿草。ゲリラ豪雨にも負けず、涼しい顔でたたずんでいます。自然は、モリの考えが及ばないぐらいきっと強いのでしょう。去年の秋に崩壊した登山道を見た時は、胸が締め付けられるような思いでした。出逢えてほんとうによかった・・・。

9合目は日当たりが良いのか、ここだけ福寿草の花びらが開いていました。雪も少なめです。福寿草はカメラの集中砲火を浴び、大混雑。さて、山頂を目指すぞ!

Imgp5267 Imgp5282

雪がますます深くなってきました。積雪は30センチぐらい?よく降ったな~っ。アイゼンを履いている方が多かったですが、めんどくさいのでそのまんま登ってしまいました(;・∀・)。樹氷も、最初は雪が乗っかってるなーというぐらいだったのが、次第に凍りついた感じになってきて・・・

Imgp5280

11:00藤原山荘着。

ここは、本当に3月の低山なのか!?( ; ゚Д゚)すいぼくが・・・

Imgp5286

陽が射してきた!うわぁ・・・。

Imgp5301

樹氷、実は初めてお目にかかりました!鈴鹿のお山は低木が美しいと思っていたけれど、その枝が凍りつくとさらに美しいんだなぁ。繊細で、目を奪われます(´∀` )

Imgp5322

まるで珊瑚の森。歩く原色の登山者は熱帯魚か・・・。

Imgp5303

山荘の周りは人がすさまじく、笹野原の展望台よりは樹氷が美しい御池岳方面のカルストの丘に居たかったので、樹氷の森の中で昼食にしました。結構風があって、ダウンを着ても寒いぐらい。食事中も手袋は脱げません(((( ;゚д゚)))。風防を忘れたのでお湯は沸かないし、まさか、花めぐりの山旅でここまで寒さに凍えるとは、鈴鹿のお山、恐るべしです!!

天狗岩へは向かわず、大好きなこの丘でのんびりと写真を撮っていました。

Imgp5297

霊仙山。あちらはさらに雪が多そう。

Imgp5299

いなべ市方面。少し霞んでいました。

Imgp5314_3

御在所岳方面。連休前にアカヤシオを見に行きたいな。

びゅーびゅーの風が寒すぎる・・・(´ヘ`;)。もっと、もっと味わいたかったけど、冷え性なので、下山を決意。今年は雪が少なく、雪山に出掛けてもなかなかふかふかの雪に出会えなかったのです。シーズン終わりに神様が用意してくれた素敵なプレゼントに感謝、感謝、感謝!今年一番のサプライズに大感激です。゚(゚´Д`゚)゚。

12:35下山開始。

寒い、寒いと言いながら、ずいぶん長居してしまいました(;・∀・)。立ち去りがたい山頂だけど・・・帰りの混雑がひどくなりそうなので、帰ります。藤原岳、3回目ですが、3回とも全く違う表情を見せてくれました。次回はどんな笑顔で待っていてくれるのかな( ´∀`)

Imgp5351

案の定、雪はコチコチに踏み固められて氷状になっており・・・アイゼン、つけようかなー、でも、泥だらけにすると洗うのがめんどくさいんだよなー、などと滑りながら考えていたら、そのうち雪が無くなってしまいました。結構、危なかったです。つけなきゃダメです。頭打ってからでは遅いです(;´Д`)

14:20大貝戸道登山口着。

Imgp5365

駐車場まで、ふきのとうや水仙や桜の写真を撮りながら戻りました。山頂は氷の世界だったのに、麓は春を謳歌しています。時間と距離の軸がずれているというか、ずいぶん遠くまで旅をしたような、おかしな気分になりました。季節を乗り越えてしまったからでしょうか。濃厚な体験に酩酊状態。いい山旅でした!ごちそうさまっ♪ヽ(´▽`)/おかわり~!

車窓から、大貝戸道方面へワカンを担いで国道を歩いているおじさんの姿が見えました。白瀬峠まで縦走!?うわー、トレース皆無で楽しかっただろうなーっ。大半の登山者は花目当てで登っていたのに・・・鈴鹿のスペシャリストはあえてこういう日にパウダースノーを楽しむのですね!∑(・∀・)。たくさんの人とすれ違ったけど、ワカンを担いでいたのはおじさんだけ。粋な姿に見とれてしまいました( ´∀`)あんなふうになりたい・・・

| | コメント (3)

2009年4月 8日 (水)

つかの間の静寂

今週末、伊吹山ドライブウェイは料金半額らしいです(◎´∀`)ノ

3月上旬に伊吹山3合目に登り、絶壁のような山頂を麓から眺めていました。

行きたいなー。行きたいなー。混雑する前に登ってみたいなー・・・。

Imgp6062

このお方は・・・(;´▽`A``

Imgp6076

いい年して、がまんができないのです。見ちゃったらだめなのです。もうちょっと待てばお花がたくさん咲くのに・・・。人生行き当たりばったり。まーいいか~(´▽`)

琵琶湖は春霞であまり見えませんでした。季節は確実に進んでいるようです。伊吹山、3合目以上は遮るものが全くありません!最高~♪3合目までがいちばんしんどいと言っていたchocoさん。納得です!3合目以上は眺めがいいし、傾斜もちょうど良くて快適でした。3合目まで来たら、半分登ったと言って過言ではないのですね!!(モリの主観です)

山頂は人影少な目。売店は閉まっていてゴーストタウンのようでした。これが、来週にはお祭り騒ぎになるんだな・・・。ドライブウェイ開通前に、自転車の大会が開かれていたようで、9合目の駐車場はたくさんの人で賑わっていました。

Imgp6127

3合目のスハマソウ。まだ咲いていました・・・。終わりかけだったけど、再び出逢えてほっこりです。

Imgp6147

朝は花が閉じて、存在に気がつきませんでした。下山してくると、アマナが踏んでしまいそうなぐらいたくさん咲いていて・・・。お花の季節にはちょっと早かったけど、けなげに咲いていて愛しいです。模様が微妙に違っていて、興味が尽きません。

1ヶ月後にはどうなっているのでしょうか!?前回も同じことを思ったなーっ。来るたびに期待をさせるお山です。写真撮り撮り、とても楽しい山行になりました。何よりも、ドライブウェイで車を乗りつけて、登った気分になっていたこのお山。ちゃんと歩く事ができてすっきり爽快!のどの小骨が取れたというか・・・後ろめたい思いがあったみたいです(;・∀・)

今度は違うルートで登ってみたいな。伊吹山をもっと知りたい・・・。関ヶ原通い、まだまだ続きそうです♪

| | コメント (5)

2009年4月 3日 (金)

早春の名残を求めて。子向井山・坂本谷

小向井山・坂本谷(三重県いなべ市・標高647m)

2009年3月28日(土)

国道306号の冬季通行止めが解除されたので、御池岳に登る予定でした。本当は4月に行くつもりだったのですが・・・通行止め解除の知らせに浮き足立っていたのです(;・∀・)

9時に登山口に着けばいいや~と思い、パンを食べながら朝のニュースをのんびり見ていると・・・なななんと、今日から高速1000円が始まるというではないですか!てっきり29日からだと思い込んでいました(ノビが言ってた!!)。しかも、早くも渋滞情報が。。。。慌てて車に飛び乗ると、名神は事故渋滞で大混雑。いつもの3倍近い時間をかけてなんとかいなべ市にたどり着くも、時間は10時を過ぎ・・・(;´Д`)。死ぬほど頑張れば日没ギリギリぐらいに下山できるかもしれないけど、そういう歩き方はしたくないお山なのです。

というわけで、坂本谷の福寿草に目的を変更♪昨年秋に歩いて非常に気に入った、木和田尾という尾根道を経由して、坂本谷へ入ります。木和田尾は、前回は正規?のルートを歩いたのですが、崩落している箇所があり往生したので、今回は中部電力の鉄塔巡視コースを歩いてみることにしました。山は再び雪が降ったのか、中腹から粉砂糖をかけたように白くなっていました。まだ雪が降るんだ・・・。

Imgp5755 Imgp5757

山口集落の水道施設の前にある、白瀬峠へ向かう登山口付近に車を停めます(5~6台ほど駐車可能)。昨年の秋は白瀬峠からここに降りて来たのですが、登山口手前で登山道が流出し、わたわたしたんですよね~・・・(;;;´Д`)。中部電力の巡視路入り口は写真左の小さな標柱が目印です。国道から車で来た道を少し戻って右手に細い道があるのでそちらへ向かいます。程なく発見。鉄塔205号目指して出発!

Imgp5762 Imgp5763

単調な杉林をジグザグと上がって行きます。入り口付近にはミヤマカタバミがたくさん花をつけていました(暗くて撮れず)

Imgp5768

杉林が切れ、自然林が姿を現しました!大好きなくねくねの林です♪

Imgp5775

鉄塔205号に到着です。

Imgp5777

札幌大通りのようなまっすぐ道!傾斜はかなり急です。。。大通りを登り切ると、再び薄暗い杉林の中へ。1mほど道が途切れている箇所があり、ジャンプしようか・・・すべり落ちて這い上がろうか・・・悩みました。結局ジャンプできず。へたれています。道が途切れたところから急斜面をジグザグ登ると・・・

Imgp5781

鉄塔204号に到着!股の間から伊吹山がコンニチワしてます。伊吹山、再び白くなったな~っ。

Imgp5782

ダム湖、桜とか植えてないかな。山のついでにいつか寄ってみようか。

ここからはずーっと明るい尾根です。ここまで、踏跡は明瞭、目印は過剰なぐらいついていて、かなり安心して歩けました。もっとマイナー道かと思っていたのですが・・・白瀬峠の登山口へ至る道の方がかなり荒れている印象です。おそらくこちらの方がよく歩かれているのでしょう。しかし、断然あっちの方が好きですね~っ。森がもっと深かった気がします。歩いている季節が違うので一概には言えませんが・・・。

Imgp5791

ポクポクと尾根を歩いていると分岐らしきものがありました。白瀬峠の登山口と合流できるようです。

Imgp5810

トトロの森の小道。気持ちの良い尾根歩きが続きます。

Imgp5865 Imgp5863

程なくして、子向井山山頂通過。注意していないと見落として通過してしまいそうな地味な山頂です。眺望はありません。

Imgp5801 Imgp5853

お花が咲きそうな気配はあるのですが・・・ここまでめぼしいお花はほとんど見つけることができませんでした(´ヘ`;)

Imgp5804 Imgp5805

尾根伝いにひょっこりと、鉄塔203号に出ました!ここで白瀬峠へ向かう正規ルートに合流です。去年の秋は白瀬峠へ向かう道しか見つけられなかったんですよね~。葉っぱが茂っていたからでしょうか・・・。今ははっきりと二つの入り口がある事がわかります。目印はばっちりです。里の方に向かって右手が今来た道です。

Imgp5808 Imgp5809

風が非常に強く吹いてきました。頭の上でごうごうとうなりを上げています。道にはうっすらと雪が・・・。まだ4月にもならないというのに、今日はフリース1枚しか防寒着を持って来ていません。装備も薄いし、山頂に行けなくてよかったかも(汗)

まだまだ歩くのかな~、と尾根を恨めしく眺めていたら、坂本谷への分岐の看板が現れました。登山口からここまでモリ足で1時間50分。分岐を左手に折れて、坂本谷へ少し下ります。

Imgp5813

坂本谷は、崩落して現在通行止めです。踏み跡が薄くなった急斜面を下って行くとコバイケイソウがにょきにょきと顔を出していました♪

西側斜面に目を凝らして進むと・・・

おぉぉぉ・・・

うわー・・・!ヽ(´▽`)/

斜面をおびただしい数の福寿草が彩っていました!!これは、すごいっ。

Imgp5822

ほんのり残った雪がいい感じです。今年はとことん雪と福寿草なのですね!

Imgp5829

花びらを落としているものもありましたが、先週の冷え込みで少しお花が長持ちしたようです。見頃は過ぎていたけれど、それでも上等!

Imgp5840

谷に吹き降ろす冷たい風に凍えて、撮影会は10分で終了。指がちぎれそう~。楽しみは来年にとっておこう・・・。撤退!(゚Д゚;)

カップラを食べ、日が翳ってしまった谷の福寿草にお別れをして、岐路に着きました。のんびり山、いいですね。谷一面を埋め尽くす福寿草を見ることができて大満足でした・・・(´▽`)鳩吹山のカタクリと藤原岳の福寿草はモリの中で春の外せない風物詩になりつつあります。そろそろ次のお花が咲き出すでしょうか。目が離せません!!春って、忙しい~ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

| | コメント (3)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »