« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

燃えよ!!

土曜日は山、日曜日はオープン戦(中日vs楽天)を見に行ってきました(´∀` )

Imgp5873_2

できたてほやほやのドラゴンズロード(地下鉄の駅からドームまでの通路)に、こんなものが・・・(((( ;゚д゚)))

Imgp5876

マサさんのヒストリーも展示されていました!!若っ!ってゆーか白黒!?(゚Д゚;)

等身大?の写真もあって、一緒に記念写真が撮れるようになっていました~♪ピンボケだったけど、写真だけ見たら本当に一緒に写っているように見えます。鼻血出るー。マサさんはやっぱり男前だった・・・。ドームにたどり着く前から大興奮です(*´д`*)ハァハァ

Imgp5879

本日のオーダーです。荒木選手は怪我で離脱。替わりに谷選手の名前が。

Imgp5888

始球式はなんと坂東さんでした~(´∀` )

Imgp58811

またしても限りなく外野に近い内野席。いつも平田君が近いです。今年も頑張ってね!!

試合は微妙な展開。先発の山井投手は制球が悪く、パカスカ打たれまくり(涙)1塁を守る新外国人、ブランコ選手のバットは湿り、頻繁に落球!まじで~、まじで~、間もなく開幕だよー!?(;;;´Д`)

で。

盛り上がりに欠けたので、気になる闘将を激写しようと敵のベンチを偵察・・・

Imgp59101

いた!!ヽ(´▽`)/

ノムさんの隠し撮りに夢中になってました。あはは。

Imgp5961

昨年のオープン戦は、ドアラのバク転はありませんでした。今年はオープン戦からやってて嬉しかったです~!で、結果は失敗_| ̄|○。背中が寂しいですねぇ。開幕戦に備えてドアラも今年はトレーニングに励んでいるのでしょうか。

Imgp5993

岩隈投手が出るという噂が流れていたので、とっても期待していたのですが・・・結局登板せず。WBCの感動をもう一度!と思ったんだけどなーっ。やっぱり、最近まで非常に素晴らしい試合をWBCで見ていたので、オープン戦は締まらない感じがしてちょっと期待外れに感じたのでした(´ヘ`;)。ああいう、胃がキリキリするような試合をまた見たいですね・・・。岩瀬投手が普通に出塁を許すようになっているのが非常に気がかりです。今年は忍耐の年なのでしょうか。試合は5-3でドラゴンズの負け。複雑な思いで球場を後にしました。

Imgp5954

ま、いっか!!若手が育ちますように!堂上兄弟、新井弟!今年こそいっぱいテレビに出て来てねー(´∀` )たのしみにしてるよ~

| | コメント (5)

2009年3月23日 (月)

春が来た♪鳩吹山

鳩吹山(氷場~滝場~山頂経由小天神)

標高313m 岐阜県可児市

2009年3月21日(土)

世の中は3連休。ですが・・・ですが・・・ノビが真ん中の土曜日の午前中だけ仕事になった!と、遠征する予定をドタキャン。゜゜(´□`。)°゜。正月から楽しみにしてたのに・・・

日曜は雨なので、山に行けるのは土曜だけ。午後から歩けるお山と言えば鳩吹山です♪金曜に、WBCを見てからカタクリを見に出かけたのですが、強い北風にお花がプルプルして写真がオールピンボケしてしまい・・・(涙)

雪辱を晴らすためにもう一度行かねば。どうせ歩くなら、行った事の無いルートを歩きたいな~、というわけで、本日は滝場ルートに挑戦なのです( ´∀`)

Imgp5393

駐車場は超満員。車を停める列に並び、待つこと数十分。なんとか駐車してカタクリ群生地に突入です。ここまで混雑するとは・・・。桜が咲き始め、里はすっかり春の様相です。思わず顔がほころびます( ´∀`)

Imgp5489

カタクリ、満開・・・!ヽ(´▽`)/

Imgp5595

逆光で、思うようには撮れません。ピントを合わせるのが難しい・・・絞るとブレる・・・精進、精進。

Imgp5522

うつむいてしまって見えないけれど、花びらの内側の文様がかわいいんですよね~( ´∀`)

Imgp5498

地上に姿を現すのは2ヶ月だけ。精一杯お日様を楽しんでいるのかな・・・。

Imgp5589

ファインダー越しに夢のような時間を過ごしました。見れば見るほど不思議な造形なのです。羽根のような花びらは、瑞々しく、光が当たるだけで融けてしまいそう・・・春の淡い夢なんだなぁ(´;ω;`)。また来年もたくさん咲きますように。ここを管理して下さっている方々に感謝です!

Imgp5621 Imgp5622

桜の下で木曽川をおかずにランチです。今日はポットにお湯を持って来ました!(`・∞・´)ノ

Imgp5642 Imgp5643

おなかいっぱいになったので・・・氷場ルートから滝場ルートを目指します。少し霞んでいるけど、今日は御嶽山と中アが良く見えました。恵那山は真っ黒で雪は少なそう。恵那山もしばらく登っていないなぁ。今年あたり行ってみようか・・・。

Imgp5636

新緑がふき出し始めています。

Imgp5639 Imgp5678 Imgp5654 Imgp5655

Imgp5663 Imgp5677

お花が咲いてる~!!雪山も大好きだけど、春の訪れは素直に嬉しいです。また、アルプスの稜線に立てる日がやって来るのですね。胸がきゅっと締めつけられるような、あの感じをまた味わえるんだ・・・( ´∀`)

Imgp5658 Imgp5662

大岩付近で氷場ルートとお別れして、滝場ルートへ向かいます。急斜面を下って行くと、コンパクトな鬱蒼とした谷に・・・車の音がするのに、里がとても遠く感じられます。

Imgp5707

木曽川が見え始めました。木曽川へ注ぐ沢を登り詰めます。沢を時々行ったり来たりしますが、おおむね尾根に向かって右側に踏み跡がついていました。踏み跡はあっちこっちについていて、迷いやすく、何度か道を見失いました。

Imgp5710 Imgp5712

てすり(柵?)があったり、整備されている部分もありましたが、細く歩きにくい道が続きます。よじ登るような岩場があったり・・・もろい道を渡り歩いたり・・・

Imgp5722 Imgp5725

なんと!もうミツバツツジが咲いていました♪カタクリが終る頃には満開だー。

Imgp5732 Imgp5738

最後は立派な滝が出現!(レンズを忘れて写真に撮れず_| ̄|○)水は一体どこから沸いてくるのでしょうか??上部に回りこむと一般道に合流です。水際にはショウジョウバカマがにょきにょきと。沼から上がったばかりの河童のようにくたびれて、顔を見合わせて一言・・・

濃いわ~っ(;;;´Д`)

最初に聞こえていた車の音は次第に遠ざかり、最後は沢音しかしなくなりました。鬱蒼とした森は辺りを暗く包んで、なぜか懐かしく、やがて自分自身が山に同化するような錯覚を覚えました。開発され尽くした街の真ん中にひょっこり立つ、このお山の中はこんなに深かったのか・・・。鳩吹山に限らず、ピークを踏んだ事で知った気分になってしまったお山がたくさんあるに違いありません。それはとても大きな勘違いだなぁと・・・色んな思いが頭をよぎりました。

Imgp5743

西山縦走路を歩いて山頂に着きました。今日はここまで。小天神の展望台を経由して下山です。住宅街が眼下に広がります。喧騒の街の中にあんなところがあるなんて・・・エアポケット山、またひとつ発見しました!ヽ(´▽`)/

Imgp5747

小天神から下って、カタクリ群生地付近でシャクナゲが・・・と思ったら、これはヒカゲツツジだとか。シャクナゲみたいな葉っぱなんだけどな~。

Imgp5751

今日は最後までお花が迎えてくれたのでした♪

Imgp5753

17時。カタクリの花は日中反り返らせていた花びらをそっと下げ、店じまいをしていました。カタクリは眠る時に花びらを閉じるんですね~。人影はほとんど無くなり、打って変わって静かです。来週は来られないので最後のおわかれです。今年もありがとう!また来年、美しい羽根を見せてね・・・!

遠征はできなかったですが、良い山歩きができて満たされました♪滝場ルートは、これからお花が咲いて本当にいい季節を迎えるんだろうなぁ・・・。またカメラ片手にぷらぷらと出かけたいものです( ´∀`)

| | コメント (7)

2009年3月20日 (金)

嫌われても好き。御池岳

一ヶ月前の山レポです。この雪は、もう融けたでしょうか??(A;´・ω・)

御池岳(標高1247m・三重県いなべ市)

2009年2月11日(日)

雪の御池岳に憧れてやって来ました。どんくさい事では他の追随を許さない我々ですが、果たして登頂できるのでしょうか(;´∀`)。国道306号が冬季通行止めのため、山口集落から延々と車道歩きをしなければいけません。というわけで早起き必須。前夜泊で気合は十分なのです!!

Imgp4768 Imgp4771

7:15ゲート前出発。

ゲート前に車を停めて、出発です♪他に停まっている車はありません。滋賀県側から登る方が一般的なのでしょうか・・・?

傾斜は緩やかですが、長いです。道路に雪はほとんどありません。道は数箇所崩れて、工事中でした。脆い斜面からパラパラと落石があります。途中、猟師さんが軽トラで上がってきて、登山道付近にはたぶん誰もいないだろうけど、猟期で山に入っている猟師がいるから気をつけて・・・と教えてくれました。攻撃されないようにオレンジ色のものを身につけるきまりがあるそうです。ノビのザックカバーがオレンジ色だった事を思い出し、慌てて装着。流れ弾も怖いけど、猟犬はもっと怖いなー(;´Д`)

Imgp4785 Imgp4780

8:45コグルミ谷登山口着。

ほとんど夏道が露出しています。あーあ、今日もスノーシューはお荷物なのか・・・(´;ω;`)ポットのあたたかいアクエリアスを飲んで早速休憩。。。もう十分ひと山登った感じです(;・∀・)15分ほど休み、登山届のある方の登山口に入っていくと・・・土砂崩れでたちまち往生しました。戻って国道から向かって左側にも取り付きがあることを発見。現在、正規の登山口は使われていないようです。

Imgp4791

頻繁に落石があります。この沢を歩いている時に、ノビの足に小さな石が直撃!((( ;゚Д゚)))あっ・・・!と思って、わたわたしているうちに当たってしまいました(涙)落石のスピードは想像以上に早く、避けきれません。豪雨以降にこのようになったのか、もともと落石が頻繁にあるところなのかわかりませんが、無雪期に歩く際にも十分注意が必要だなと思いました。

Imgp4797

雪がぼちぼち出てきました。しばらくツボ足で歩きます。

Imgp4805

踏み固められた雪が滑るので、タテ谷への分岐付近でアイゼンを装着。トレースばっちり。スノーシューは必要ありません・・・。

Imgp4812

細い谷を詰めると、5合目の手前でちょっと広い空間に出ました。谷は二股に分かれています。右手の谷を登り詰めて、尾根(7合目)付近に出るのが正しい冬道のようです。トレースがばらばらでどこを歩いたらよいかわからず、夏道に沿って歩いてしまいました。急斜面のトラバースに緊張、緊張、緊張・・・。雪はコチコチ、ストックは刺さらず、支点になりません。そうか~、こういうところでピッケルが要るんだ・・・と納得です。ピッケルの必要性を強く感じた瞬間でした(A;´・ω・)

Imgp4821

尾根は目の前なのに・・・遠い~っ(;´Д`)。しかし、木々は大好きな感じになってきました♪樹氷も綺麗なんだろうなぁ。

Imgp4828

11:05カタクリ峠(6合目)着。

まだ6合目~!?(;;;´Д`)

もう12合目ぐらいな感じなのである~っっ。ラッセルしたわけでもないのに、しっかりくたびれています。15分ほど再び休憩。昼近くなってお腹が空いてきたので行動食を食べました。ここまで単独のおじさんに抜かれた以外、他に人影は無く、静かです。

Imgp4829

再び行動開始。12時までに山頂に着けると思っていたけど・・・甘かった~(;・∀・)

Imgp4842

藤原岳が見えます。あの尾根を歩いたんだなぁ。懐かしいな・・・。

Imgp4839

途中こんなに雪の少ないところも。このあたりから雪がちらつき始めました。

Imgp4846

11:55鈴北岳への分岐通過。

7合目をあっさり通過し、ちょびっと下ると鈴北岳への分岐。まっすぐ左に折れて、御池岳へ向かいます。

Imgp4851

急です~っ(;;;´Д`)。行動時間は5時間を越え、くたびれた体が悲鳴を上げます。雪とガスで視界が無くなってきました。予報では夕方から崩れるはずなのにっ。早めに天気が崩れたようです。先行する単独のおじさんが実に的確なトレースをつけてくれていたので迷いませんでしたが、雪山で天候が悪くなりだすと怖いです・・・。

Imgp4854

急斜面をなんとか登りきり、小さな雪庇のある尾根に出ました。ここからはまったり道なはず!山頂近し!!

Imgp4858

一瞬吹雪いたけど、雪は次第におさまってきました。ますます濃厚になるガス。幻想的です・・・。

Imgp4863_2

12:40山頂着!!

やったー!!ヽ(´▽`)/

強風が吹き荒れ、寒いわー・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

標柱の前で写真を撮っていたら、滋賀県側と三重県側、両方から団体さんや単独の方がやってきました。歩いてる人、居たんだ!こんな視界の悪い日にのっぺりした山頂を周遊するのは危険極まりないので、とっとと下ります。滞在時間、10分ナリ(;・∀・)。御池岳・・・2度目の正直でしたが、今回は眺望が無く、残念です。まっ、嫌われてもまた来るんだけどね!!( ´∀`)やけくそ

Imgp4879

尾根から急斜面を尻すべり~っ(・∀・)

Imgp4882

13:15鈴北岳への分岐付近で昼食。

ここまで来れば、風はありません。時間が押しているけど、食わねば歩けん!!ヽ(`Д´)ノ

下の方で休んでいた団体さんも出発してしまい・・・。どうやら最終下山者な様相を呈してきたっ。急がねば・・・。

Imgp4888

13:55出発!

青空出てるし~(;・∀・)。山頂付近だけガスがとぐろを巻いていたようです。

Imgp4895

帰りは7合目付近から谷に降りました。こっちも急だけど、トラバースは無いので気楽です♪先に下った団体さんの足跡はこの先、国道までありませんでした。どこから来ていたんだろう・・・。枝や石が出ているので尻すべりは控えめにやりました。今度は、フカフカ&ド快晴の時に来るからねー( ´;ω;`)

15:30コグルミ谷登山口着。

登山口手前で降り出した雨は本降りに。雪山に来て雨とは!?麓は春のようなのです。車道を事務的に下って下って下って・・・

17:00ゲート着!

おつかれさまでしたーっ( ´∀`)。ギリギリ登山でまたもや反省。もっと頑張って歩かないと、山頂周遊なんて無理です。長い車道歩きに最後は靴擦れで流血。クラックセーフティー(夏靴)では靴擦れしたことが無いのですが・・・エキスプローラー(冬靴)はいまだに当たりが硬く、こなれてきません。ヒルにやられたのかと思って焦りました・・・((( ;゚Д゚)))

スノーシューは出動せず。でも、深雪だったら日が暮れて真っ暗になっていたことでしょう(;´Д`)。健脚じゃないと、冬の御池岳は厳しいです。今度来る時は、国道はヘッ電つけて歩こう・・・と思いました。もうお花の季節ですね。また近々出かけます!

| | コメント (4)

2009年3月17日 (火)

雪とお花と・・・

ひと足早く、福寿草を・・・と思い、藤原岳に行って来ました( ´∀`)

満開の頃に行くと人が凄いので、ちょっと早めに!と思ったのですが・・・

なんと冬山登山!!((( ;゚Д゚)))

思惑がいい感じに外れて、今年最初で最後?の樹氷を見る事ができました。

今週末、出かける方も多いと思うので取り急ぎ写真をアップです!

Imgp5286

2日間、降り注いだ冷たい雨は、山の上では雪になっていました。そんなに日本海寄りではないし・・・ここまで積もっているとは予想できず。ただただびっくりです。

Imgp5333

小エビのしっぽや!と誰かが言っていました。

Imgp5322

風があり、ダウンを着ていても寒かったです。ぽかぽか花旅の予定だったのに・・・(;´Д`)

Imgp5350

福寿草は雪の下。9合目付近の日当たりの良いところの福寿草だけなんとか見る事ができました。

Imgp5254

春待ち福寿草。なんだかとってもお得な山旅で大満足・・・!( ´∀`)

週末にはこの雪の多くは融けることでしょう。ただ、アイゼンをお守り代わりに持って歩くと安心かもです。登山道はぬかるむだろうな~っ(;´Д`)。標高1000mそこそこのお山ですが・・・山って厳しいですね。月並みな言葉しか思いつかないぐらい毅然とした風景だったのでした。

さあっ、お次は御池岳だーヽ(´▽`)/

| | コメント (6)

2009年3月14日 (土)

定額給付金祭り!!

えーっと、わが町ではいつになったら配布されるのかさっぱりわからない定額給付金ですが・・・お花の季節は待ってくれないのでフライングなのです(A;´・ω・)

デジイチを持って、コンデジ時代に当たり前に使っていたマクロ機能が無くなり、不自由していました。キットレンズ(18mm~55mm)で望遠寄りにして近づけば一応収まるけど・・・記録写真になってしまうというか、味気ないのです(涙)。そして、コンデジマクロは、液晶が暗いため、晴天下では画面がいまいち確認できず(その後のモデルでは改善されたようです)ピンボケの嵐。コンデジを買い直すぐらいだったら・・・

清水の舞台に飛び込め!!マクロレンズを買うべし!ヽ(´▽`)/景気拡大!

Photo_2

最初はペンタックスのsmc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limitedにしようと思っていました。軽いし、小さいし、レンズを替えなくてもある程度山の写真も撮れるし・・・

色々と調べているうちに、何をどのぐらいの距離で撮影するかで選ぶ焦点距離が違うという事実に突き当たり、再び迷走。山のお花の多くは至近距離で撮れるけど、柵に囲われて寄れないお花とか、ちょっと高いところにあるお花とか・・・ときどき、あー、あれが撮れたら、と思う事があるのです。このレンズだとかなり寄って撮らなければいけないらしい。うーん、ちょっと離れて撮りたいぞ。

候補に挙がってきたのがこれ↓

Photo

タムロンのSP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272E)です。CARRERAさんに、純正ではないレンズも良い・・・と教えて頂き、純正で縛らずに調べて突き当たったこのレンズ。どんなにこのレンズが良いのかは私には上手に説明できませんが、作例を見て、美しいボケに惹かれました。お値段も比較的お手頃。微妙に離れる事ができるので、自分の影で花が暗くなる事も回避できるし・・・おぉぉ~、考えれば考えるほどこれは良いっ!

しかし

登山という用途で考えた場合、これはでかくて重すぎるんである~っ(;;;´Д`)。単独テン泊だったらザックに収まらないこと間違い無し。ボディと合計すると重量は軽く1キロ超え。そして、山で望遠寄りのレンズはモリ的に使いにくいです。景色がファインダーに収まりません。後ろに下がれないシチュエーションは多々あります。当然別のレンズも持って行かなければならない・・・頑張れるんか?自分!?

・・・。

・・・。

・・・。

最後の決め手は

「だったら食料を減らせばいい!」(((゚Д゚)))でた!

一目見て気に入った、美しいボケを諦める事ができませんでした。90mmは持っていない焦点距離のレンズだったので・・・使ってみたかったのもあります。今年のテン泊はひもじい旅になりそうです(汗)。後悔するかなー。耐えられるかなー。時代はウルトラライトなのに、装備は年々逆行して重たくなる一方なのです・・・_| ̄|○

Imgp5188

というわけで、新しいレンズを片手に雨が上がったのでいそいそと鳩吹山へ。なんと小雪がちらつく大荒れのお天気の中、カタクリ群生地に人影はゼロ!

Imgp5191

あたり一面につくしのように、カタクリの花が芽を出していました~!

Imgp5186

反り返って咲いているお花はまだ見当たりませんでした。今週は寒かったからねぇ~。こりゃ、来週はお祭り間違い無しなのです。お願いだから平日にピークを迎えないでねー(´;ω;`)

Imgp5195

強風で落ちた椿の花がたくさん散らばっていました。

Imgp5194

椿が落ちて、カタクリが咲くのですね。

使い方がまだいまいちわからず、マクロな写真は皆無_| ̄|○

柵の向こうにあるカタクリが大きく写せたことに感動しました!(当たり前?)。普通に中望遠レンズとして使ってもすごーくいい!花がたくさん咲くお山へ早く出掛けたいです~(´▽`)

| | コメント (3)

2009年3月12日 (木)

ふつふつと癒され・・・。伊吹山

伊吹山(百名山・標高1377m)

2009年3月8日(日)

土曜日は仕事。そして日曜日。2、3日前に見た予報では雨になっていたので、近所の温泉でうだうだしようか・・・なんて言っていました(;・∀・)

がっ。

朝になってあらためて天気予報を見ると、雨予報が曇りになっている!!しかも、北上するほどお天気が良くなるらしい・・・。今からしっかり歩く山は無理だけど、先週満たされなかった琵琶湖の眺望が気になるなぁ・・・というわけで、伊吹山へ出掛けました♪

Imgp5105_2 Imgp5106

謀反を起こされない程度にノビの要望を聞かねばなりません(A;´・ω・)。関ヶ原の資料館に立ち寄りました。日本史、詳しくないけど戦国時代はわりと好きです。数千騎のうち、帰還できたのは80騎とか、あり得ませんっ(;´Д`)生きているって素晴らしい・・・

Imgp5110 Imgp5115

有料駐車場に車を停め、1合目から歩きます。登山道脇にはネコノメソウがわさわさ生えていました。これからさらに何かが咲きそうな気配がするのですが・・・詳しくないので葉っぱだけでは何が咲くのかわからず残念(;・∀・)

Imgp5118

もうじきこいのぼりの季節なのですね~。高速道路1000円はGWに間に合うか!?今年はどこに行こうかなぁ。

Imgp5123

ゲレンデの急斜面は琵琶湖の展望台♪琵琶湖、いいなーっ。水を大量にたたえている景色はなんとも爽快ですね~!一気にアドレナリン噴出ですヽ(´▽`)/

Imgp5130

琵琶湖からいい風が吹いて来ます。穏やかな空の下、パラグライダーが気持ち良さそうにお空を舞っていました。

Imgp5152

霊仙山がとても近くに見えます。

Imgp5150

本日は3合目まで。スハマソウがぽつりと咲いていました。お花はこれから。1ヶ月後にはどんな状況になっているでしょうか?

Imgp5143

琵琶湖を眺めながらまったりランチです。養老SAのジャガバター天と各務ヶ原キムチが最近非常にお気に入りなのです( ´∀`)比良の山々でしょうか?対岸の山脈が白く輝いていました。あっちの方が雪があるんだなぁ・・・。

Imgp5160

伊吹山、こんなに琵琶湖の眺めが良いとは・・・。以前やって来た時はガスで下界があまり見えなかったのです(;´Д`)。最後はゲレンデに寝転んで、シメました。いい山です。歩かず、本を持って転がりに来るだけでもいいかも。お花の動向も気になるし・・・また来よっ( ´∀`)

| | コメント (8)

2009年3月 6日 (金)

エアポケット山。松尾寺山

先週末。休みが一日だったので、ほっこりとお花を眺める気楽なお山に登りたいな・・・と思っていました。手持ちのガイドブックを見て、白羽の矢が立ったのは松尾寺山(゚▽゚*)

鈴鹿山脈の北端のお山だそうで、「北限」という二文字に心が騒ぎました。霊仙山の登山口があることで有名な醒ヶ井渓谷沿いに取り付きがあります。コースタイム短いし~、伊吹山に寄って節分草を探そう♪なんて思っていたのですが・・・

登山道は荒れ果て、コンパス片手に迷走(lll゚Д゚)

以下、簡単に写真をアップです。

松尾寺山(標高504m・滋賀県米原市)

2009年3月1日(日)

Imgp5021_2

醒ヶ井養鱒場を右に折れて車で上がっていくと、醒ヶ井楼別館?という食事処があります。てっきりもう閉店してしまったお店かと思い、車を停めたのですが、戻って来たら電気がついていてお店の人が繋いだ犬に10年分ぐらい吠えられました_| ̄|○

ゲートをくぐって出発すると・・・

Imgp5027

道をびっしり覆う、草たち。ななななんだこれは・・・

林道を歩かず、ショートカットルートを選択したのが失敗でした。一応、かつて登山道だった名残はあるものの、種が落ちて数年は経過しているような若木が道のど真ん中に生えていたりするので、長い間手入れはされていないようです。簡単に言うと、

ヤブ道・・・(´;ω;`)

Imgp5030

ちょっと気持ちの良い尾根に出て一安心・・・。

Imgp5034

振り返ると霊仙山。雪はほとんど無さそうです・・・。

Imgp5037

ほこりっぽいなーと思い、頭上を見上げると、黄色い粒子が降り注いでいました。花粉、絶好調みたいです。花粉症じゃなくても嫌~な感じですヽ(;´Д`ヽ)

Imgp5038

登山道は一部崩れていました。取り付きに迷う事数十分。コンパスを握り締めて進みます(((゚Д゚)))

Imgp5042

崩れかけた石垣がありました。人の匂いがするものが土に還って行くのを見ると、なぜか安らぎます・・・。

Imgp5046

山門に出て、林道と合流。すると、車が一台停まっている!えーっっ、ゲート、開けられたの!?

Imgp5057

石段を上がると、松尾寺跡です。ここには鎌倉時代の石塔があります。重文だそうです。

Imgp5060

風雪に長年さらされ続けているこの塔は、まんまるく削れて文様を失いかけていました。鎌倉時代・・・気が遠くなるほど昔です。こんな時代に、しかも、訪れる人のほとんど居ない場所に変わらず雨にさらされて残り続けているということは奇跡です。現代のブラックホールなスポットですね・・・。

Imgp5070

松尾寺跡から山頂までひと登り。がっ。またしても迷ってしまい・・・。道が不明瞭なのです。最後は強引に道なき道を前進。ほっこり花旅じゃなかったっけ!?

Imgp5081

紆余曲折がありましたが、無事に山頂に到着。しかし、山頂は見通しが無く、ぶっ壊れたベンチがあったり、あんまり気持ちの良い場所ではありませんでした(涙)

さささっと昼食を食べ、松尾寺ハイキングコース・・・と書いてある道を下ってみると・・・

Imgp5088

伊吹山が笑ってた!!今日の労力はこれで全て報われたとしよう♪素直にあっちに行けば良かった・・・などとは思うまい。ううう。

ハイキングコースも途中で道がよくわからなくなってしまったので、来た道を戻り、帰りは林道経由で下山しました。

簡単に登れると思ったお山にてこずり、伊吹山に着くと15時を回っていました(´Д`;≡;´Д`)節分草を捜索しようと思ったけど・・・今から有料の駐車場に車を停めるのはなぁ~・・・と、思って路側帯に車を止め、適当に集落を歩いてみると・・・

Imgp5104

いた!!ヽ(´▽`)/

なんと、あぜ道に普通に生えていました。こういうものなのでしょうか!?その後、しばらくぶらぶらしたものの、新しい株は見当たらなかったのであきらめました。

松尾寺山は反対側から登ってくるルートもあるのでそちらは道がマシなのかもしれません(未調査)。敗因は数年前に出版されたガイドブックを当てにして、ルートの状況を調べなかった事・・・ですね_| ̄|○。ちなみに、めぼしいお花も見当たりませんでした。時期をずらせば楽しめるのかな~?

お寺の周辺には寺にまつわる遺構がたくさん残っているので、そういうものが好きな方は楽しめるかもです。醒ヶ井は廃村があったりで独特の雰囲気がありますね。こういう感じ、実は好きだったりもします(;´▽`A``

| | コメント (6)

2009年3月 1日 (日)

青い山に囲まれて。取立山

取立山(福井県勝山市 標高1307m)

2009年2月8日(日)

ミズバショウで有名な取立山ですが、冬はパフパフ&真っ白な白山の眺望が素晴らしいとか・・・。行きたいと思ってから1年経過。ノビの休みとお天気が噛み合ったのでようやく夢が叶いました♪(´∀` )

Imgp4622

9:50国道出発。

本日も寝坊し、こんな時間になってしまいました(´ヘ`;)。国道脇の駐車場は車がいっぱい。駐車できなかったので広くなっている路側帯に車を停めて、出発です!冬は登山口まで車を乗り入れる事ができないので国道から車道歩きです。雪はカチコチに締まっており、表面はザラメ状。ツボ足で歩き始めました。空には鉛色の重たい雲。小雪がちらついています。白山あっての取立山なんだけどなぁ・・・白山、見えないんだろうか・・・と寂しい気持ちになりました(´;ω;`)

Imgp4623

足跡が沈んでいないのがわかるでしょうか・・・?東山いこいの森キャンプ場まで、車道をてくてくと歩いて行きます。

Imgp4625

10:10東山いこいの森キャンプ場通過。

このまま車道を歩いて行くか、道無き道をショートカットするか・・・。看板と持って来た地図を交互に眺めます。前方を行く、ボードを担いだ団体さんが道無き道ルートを選択し、ずんずん進んで行くのでなんとなく後をくっついて行く事に・・・(;・∀・)きんぎょのふん。。。

Imgp4631 Imgp4635

が!!急登に喘ぎ、たまらずアイゼンを装着っ(´Д`;)。ボードの方々はスノーシューで上がっていますが、スノーシューなら車道を上がって行った方が楽だと思います・・・。バックカントリーのツアーなのでしょうか?ハイクアップの練習??しかし、不利な足回り&ボードを担いでいるメンバーにあっという間に引き離されてしまう我々の不甲斐ない事と言ったらありません(涙)

Imgp4633

木の周りの穴がポコポコしていて面白い・・・木って、温かいのかな?

Imgp4638

油断するとズボります( ; ゚Д゚)。もう、なんだか春の山のようなのです。

Imgp4643

木々の間から大日山が見えました。綺麗なお山だなーっ。登ってみたい!(´∀` )

Imgp4648

少し下って、開けたところに出ました。これから乗り越えるピークが目の前に見えています。

Imgp4651

ほどなく車道と合流です。あー、よかった~。道無き道ルート、へたれた体には堪えました・・・(´ヘ`;)

Imgp4657

11:20有料駐車場通過。

雪に埋まった広大な空き地は、有料駐車場です。ここからこつぶり山へ行く事もできます。コンパスをしっかりと合わせ、取立山へGO♪

Imgp4661

大日山に陽が射してきたぞ・・・。

Imgp4663

11:35登山口通過。

夏道の上にがっちりとトレースがついていました。雪は標高が上がって若干粉っぽくなってきたものの、全く沈まないのでスノーシューは背中に担いだままです(;・∀・)

Imgp4665

大日山がとても美しく、何度も立ち止まってはシャッターを切りました。

Imgp4671

急にしっかりと陽が射してきたぞ??青空も広がってきたような・・・白山、見えるかなっ!?(´∀` )

Imgp4687

ジグザグの夏道(九曲りと呼ばれるらしい)をちんたら登っているうちに、雲は切れ、完璧な青空が広がったのでしたヽ(´▽`)/。急速な回復っぷりに感動!

Imgp4691

尾根に乗っかると、広大な台地に。ゆるゆると歩きます。風が強いけど気持ちいいなぁ~(*´д`*)。持ってきたスノーシューで遊びたいところですが、時間が厳しいのでまっしぐらに山頂を目指すのでした。。。

Imgp4692

経ヶ岳がひょっこりと。うーん、登ってみたい・・・。

Imgp4698

山頂直下の急登を登り詰めると、細っそい尾根に小さな雪庇が!強風が吹き荒れています(((( ;゚д゚)))。雪庇が大きかったら怖いでしょうね~・・・。

Imgp4700

4

※クリックすると拡大します

最高~っ!!*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

Imgp4710

13:15取立山山頂着!

白山、見えたー!!!ご無沙汰しています、白山様・・・!(*´д`*)ノ

白山は山頂付近に来るまで全く見えませんでした。やっと出逢えて感無量です!

Imgp4705

2

※クリックすると拡大します

白山と・・・右奥に別山も!

3

大長山と赤兎山です。近いな~。

Imgp4715

そして経ヶ岳。かっこいいお山です。空も、山も、青い!ひたすら青!!ヽ(´ー`)ノ

Imgp4708

斜面に身を潜め、風から避難します。日差しはとても暖かく、たくましかったです。間もなく春がやって来るんだなー(´∀` )。昼食を食べながら冬の終わりを体で感じていました。

いつまでもいつまでも、のんびりしていたかったけど・・・時間が~(゚Д゚;)。滞空時間は光の速さなのです。寝坊のツケが回っていつもお尻に火が着いています(汗)。今度来る時はここで昼寝ができるぐらい早く来よう!

Imgp4726

14:30下山開始。

ジャンプ台のような尾根を、一歩一歩惜しみながら下ります(´∀` )

Imgp4729

雪が融けても良いお山なのでしょうが、雪山の開放感と周囲の山の美しさは格別ですね!

Imgp4734

下りはあっという間で、あまりの速さにびっくりです。登るのは大変なのにー(;・∀・)

Imgp4736

登山口の有料駐車場付近でスノーシューに履き替えました。雪が緩み、足を取られるのでスノーシューの方が楽です。帰りは車道を選択。ちょっと大回りだけど、傾斜が一定なので歩きやすいです~。後からボード&スキーの方々に抜かれ、結局本日も最終下山者になってしまいましたヾ(;´Д`A

16:15国道着!

勝山のおり田というお蕎麦屋さんで蕎麦を食べました(写真撮り忘れた!)ご飯物もありますが、おろし蕎麦がおいしかったです!10割1分のお蕎麦だそうです(9割1分ではない?)おろし蕎麦はこの辺の名物だとか。薪ストーブが暖かくて癒されました(´∀` )

Imgp4755

今日は満月に近い月。荒島岳が月明かりに照らされて、凛とそびえています(三脚忘れた・・・)福井側から見る荒島岳はとても存在感があり、別格。百名山に加わったのは深田久弥氏のえこひいきだとかそうでないとか言われているお山ですが、荒島岳の山容、大好きです・・・(´▽`)

白山山系は魅力的な低山が目白押し。雪もいいけど、お花も楽しみっ。今年の少雪が夏に与える影響が心配であります・・・。


大きな地図で見る

| | コメント (6)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »