« チブリ尾根を行く。別山② | トップページ | 鈴鹿の森は深かった。藤原岳② »

2009年1月24日 (土)

鈴鹿の秋は深かった。藤原岳①

春の藤原岳ピストンレポはコチラです(´∀` )

藤原岳(三百名山・標高1140m 三重県いなべ市)

2008年10月25日(土) 1日目

先日の山で膝を痛めたノビ。調子を尋ねると、治ったみたい♪というお返事で・・・。そうかそうか。じゃー、ライトにテン泊できるところに行こうっ!というわけで、今シーズン最後の縦走をすることにしました。

今まで、日帰り低山と言えば、下呂方面や飯田方面へ出かけることが多かったモリですが、最近になって鈴鹿のお山に目覚め、その植生の豊かさのトリコになっていたのでした。ぜひ、秋の鈴鹿にも出掛けてみたい。鈴鹿のお山は公式なテン場は少ないです。真ノ谷(しんのたに)というところに地図ではテン場マークがあるので、藤原岳から縦走して、翌日、御池岳というプランに決定!超マイナーなテン場みたいだけど、なんとかなるでしょう・・・。

神武神社手前の休憩舎に車を停めます。鳴谷神社の近くにある駐車場に停めた方がよかったのですが・・・間違えてこっちに来ちゃいました♪あっちは有料だし、歩けばいいよね?駐車場には先行する方の車が1台だけ。春は大混雑だったのに!Σ(・∀・`;)。人気のお山じゃなかったっけ・・・?紅葉、どうなんだろう。あんまり良くないのかな?来る時期間違えたかな・・・と不安になります。予報が悪く、空はどんより。そうか、お天気が悪いから人が居ないんだなっ。うむ。

Imgp2571 Imgp2576

9:00神武神社出発。

針葉樹の林の中を、黙々と進みます。登山道が落ち葉で埋まり、うかつに足を置くとハマります(´ヘ`;)。誰が置いたのか、お地蔵さんのみかんがおいしそうです(どろぼうしてはいけません)カエデなど、紅葉しそうな植物がぼちぼち生えていますが、まだ緑色。予想では山頂付近がピークだと思うのですが・・・。

Imgp2578

4合目を過ぎると、ぐにゃぐにゃの木が出現!この木が大好きなんです。なんというか、哲学って感じです(?)

Imgp2586 Imgp2590

10:40六合目着。

再び針葉樹の林です。後から来る方にガンガン抜かれつつ・・・どこまで行くの!?と言われつつ・・・(このお山を縦走する方はあまり居ないようです)。お日様は出ていないけど、標高が低いので気温はそれほど低くもなく、結構汗をかきます。水を飲みながらノビに膝の状態を訊くと・・・

(;・∀・)「痛いかも・・・」

げげっ。治ってない!?小屋まで行ってみて、ダメそうだったら日帰りにしよう・・・。またしても無理な計画立てて、申し訳ない・・・。

Imgp2595

落ち葉の吹き溜まりをパチリ。しかし、紅葉具合は微妙なのです。見ての通り、緑色のまま落葉しているカエデも・・・。頂上付近がピークなんだなっ。きっと・・・。

Imgp2600

8合目上部の登山道の様子です。ゲリラ豪雨の爪痕がここにもありました。登山道が大水でえぐれてしまっています。数箇所寸断されているものの、一応通行は可能です。春は福寿草が咲き乱れ、とても美しかった登山道。一瞬でこんなに荒れてしまうなんて・・・。無残な様子に胸が痛みました。

Imgp2605

眺望が良くなりはじめます。道が荒れているので気が抜けませんが・・・。

Imgp2612

9合目が近づくと荒れた道は終了です。

Imgp2622

左手のお山の頂上付近が紅葉しています。うーん、うーん、いまいちぱっとしないなぁ。もともとこんな感じなのかなぁ・・・(´ヘ`;)

Imgp2626 Imgp2627

12:05藤原山荘着。

展望台には行きません(;・∀・)。小屋の前でウィンナー炒めたり、トマト食べたり・・・うだうだと休んでいました。ノビの膝にテーピングテープを張って、どう?歩ける?と訊いてみると

大丈夫!(´∀` )

・・・本当かなー。しかし、テーピングテープの効果は絶大なようで、膝は痛くならないんだそうです。それもそのはず、テープを張ると膝が曲がらないから。足ひきずってるけど、本当に大丈夫なのか!?

・・・大丈夫!Σ(;・∀・)

泣いても自力下山あるのみだよ・・・モリはたいして役に立たないんだよ・・・?幸い、切れ落ちているような箇所は無い山なので・・・ノビの主張を信じて当初の予定通り進む事に。残りは水平移動とゆるい下りだし、ゆっくり歩けば大丈夫・・・?

13:10藤原山荘出発。

黒い、ビタビタの、ねっちょりの、臭い物体(?)が、山荘前の一部にぶっちらかっていました。サルのうんちらしいです。それにしてもおびただしい量です。避けられなくて、踏んでしまいました・・・(´;ω;`)。これは、この山の濃厚な動物密度を象徴する、きっかけに過ぎなかったのですが・・・。

Imgp2648

山頂の紅葉は、紅葉、と言うか枯れて茶色くなっている感じでした。要は終わってます(´ヘ`;)。はて。紅葉のピークってどこだったんだろう・・・?どこというピークがわからないまま頂上まで来てしまいました。すっきりしない感じです。時期と標高でおそらく山頂付近がピークと思ってやって来たのですが・・・。今年の紅葉が不作だったのか、毎年こんな風なのかはわかりません。うーん。

Imgp2636

カレンフェルト、大好きです♪太古の石に妄想を巡らせます。

Imgp2651

天狗岩へ向かう道も、葉っぱは落ちちゃっているけどいい感じです~ヽ(´ー`)ノ

Imgp2686

コケが好きです(詳しくないけど)。良く育っているコケを見ると嬉しくなります( ´∀`)。鈴鹿は雨が多いからでしょうか?コケが元気いっぱいです。

13:50天狗岩着。

一応天狗岩にも顔を出して、10分ほど休憩です。

Imgp2689 Imgp2690

14:05分岐着。

白船峠への分岐から、未知の世界へ突入だっ(´∀` )。分岐は天狗岩から藤原山荘方面へ少し戻ったところにあります。楽しい、楽しい、プチ縦走の始まりです♪

Imgp2656

落ち葉に埋もれて、道は不明瞭。赤テープとコンパスを頼りに進みます。テープが親切にたくさんついていてありがたかったです( ´∀`)

Imgp2691 Imgp2704

Imgp2698

本日、真ノ谷まで誰にも出会うことはありませんでした。広葉樹の枝が独特の雰囲気を醸し出す、この尾根。里が近いのに、距離を超越して現実からぶっ飛ぶことができます。小さな異次元空間です。木がねじれているから、時間もねじれているのかな・・・うまく表現できなくて歯がゆいです(´ヘ`;)

Imgp2715

春にはこういう感じのところに福寿草が咲くのですよね~。

Imgp2717

進む方向に、ぱっと明るいオレンジ色の絨毯が現れました。木が変わると絨毯の色合いが変わるんだ~ヽ(´▽`)/

Imgp2721

わかりにくい道は、時折落ち葉が照らしてくれました。

頭陀ヶ平の手前からゆるゆるな登りに取り掛かると・・・

Imgp2725

14:45頭陀ヶ平着。

Imgp2733

標高1143m。一応三角点もあります♪明日行く御池岳が近くに見えます。

Imgp2732

頭上にそびえる鉄塔が、じりじりじり・・・と電気的?な音を立てており・・・ノビはこの音がダメなようで、早く行こうよ~(((( ;゚д゚)))と言ってきます。人が全く居ない山で、モリはこの人工物に癒されていたので心外でした。中部電力が真剣に管理してるんだから、爆発しないよ~ヽ(`Д´)ノ。せかされるので10分ほど休憩して出発です(;・∀・)

Imgp2736

鹿の食害で禿げてしまった木が目立ちます。

Imgp2740

再び鉄塔・・・。鉄塔、好きなんだなぁ。なんでかわからないけど・・・。

Imgp2750

最後の鉄塔から白船峠までの尾根の木々が、素晴らしかった!捻じ曲がった低木の森から人の情念のようなものが漂ってきます・・・。(オオイタヤメイゲツという木だそうです。ちかりさん、ありがとうございます♪)

Imgp2758

一瞬だけ陽が差しました。うわぁ~、新緑の頃に来たら、どんなに美しいでしょうか。しかし、この山、有名なヒル山なのです。良い季節に来るにはそれなりの覚悟が要ります・・・(((( ;゚д゚)))アワワワワ

Imgp2769

15:20白船峠(白瀬峠)通過。

ここから左手に折れて、本日のお宿、真ノ谷へ向かいます。分岐から入ってすぐ、踏み跡が二股に分かれますが、方角的に右の道と思われたので地図を信じて右の方へ突き進みました(たぶん正解・・・?)

Imgp2772_2 Imgp2777_2

・・・今までたくさん助けてもらった赤テープの数は激減。道は落ち葉に埋もれ、もともと薄い踏み跡はさらにわからなくなっています。水平に切られていない道なので斜めになって歩く感じで・・・(;´Д`)。本当にこの道でよいのか半信半疑で進んで行きました。人が歩いていれば木の根っこが削れているはず・・・あっ削れてる。顔を上げれば木にペンキ印が!ま、間違えてないぞ・・・方角も合ってるし、大丈夫だよね・・・(;・∀・)

Imgp2779

真ノ谷付近は紅葉がなかなかキレイでした♪水平のダラダラ下りとお別れして、沢に向かってジグザグに下って行くと・・・

Imgp2782

16:00真ノ谷着。

地図だと白船峠からコースタイム20分となっているのですが・・・道、間違えてたかな!?でも、一応目印があったしな~。そんなにおかしな道ではなかったしな~(;・∀・)

沢沿いにもう少し進めば、真っ平らな幕営適地があったようですが、斜面で適当に張ってしまいました。そこら中に鹿のうんちがコロコロしており、うんちが無い場所を探すのは困難です(;・∀・)。そして、頻繁に高低様々な動物の鳴き声が谷に響き渡ります。ここは動物の水飲み場なんだろうか・・・。慌てて熊鈴を取り出し、ラジオの音量を上げ、人間が来た事を猛アピール・・・もちろん、他にテントを張っている人は居ません。ディープなテン場です。過去に張ったどんなテン場と比較しても比較にならないぐらい動物の気配がすごいです。そして、とても空気が重たい。里は近いのに・・・隔絶されています。

Imgp2792 Imgp2797

夕食は2週間前の山旅で残った肉で焼肉です!赤身多めで食べやすい~♪今度は胸焼けしませんでした。ははは。肉奉行様、一人で食べてないで私にも下さい・・・。

水は持って来た水を使うことにして、沢からは採りませんでした。動物のし尿がかなり流出していそうで・・・最悪煮沸すれば使えると思いますが。沢の水量はしっかりありました。

ゴミの類いはビニールでしっかり口を閉じて、テントの中へ。夜はラジオを掛けっぱなしにして就寝!夜な夜な響き渡る、動物の声や音を聞きながら・・・これこそテントの醍醐味ですなぁ・・・とびびりながらも、満ち足りていたのでした。

2日目へ続く!

|

« チブリ尾根を行く。別山② | トップページ | 鈴鹿の森は深かった。藤原岳② »

コメント

モリさんこんにちは。
うわー、藤原岳じゃないですか。
春は福寿草満開で賑やかですが、それ以外の季節は静かですよね。
夏に行って、ヒルにさんざんなめにあったことも・・・。
ディープなテント場ですねえ。
確かに、鈴鹿でテン場ってちゃんと見たことがないかも。誰もいないなんて、ビビリの私にはハードルが高いかもしれません・・。
動物の鳴き声って怖い~~~!!
無事に時は過ぎましたか?怖い夢みなかったかなあ。
肉を独り占めするノビさん、ちょっと笑える。取り合いですよね。

投稿: choco | 2009年1月24日 (土) 17時18分

chocoさんこんばんわ!

藤原岳、これで2回目なんです~happy01
なので、まだまだ知らないことばかりです!この冬にも出掛けてみたいな♪

>夏に行って、ヒルにさんざんなめにあったことも・・・。

や、やはり!!夏はすごいんですね(((( ;゚д゚)))ヒルについて色々調べてみたところ、塩漬けスパッツなるものを作って履いて行くとよいとか・・・。でも頭の上に降ってくるやつは避けられませんよね。夏の鈴鹿はとても素晴らしいと思うけど・・・ぶるぶる、やっぱり無理!!sweat01

>動物の鳴き声って怖い~~~!!

鹿の声って、女性の叫び声みたいですよね!coldsweats01逆動物園みたいな状態でした。人間を檻(テント)の外から動物が見ているという・・・。正直、あまり気持ちの良い感じでは無いですが、朝目覚めた時の静けさとかいいところもたくさんありましたよっヽ(´▽`)/怖い夢は見たような・・・見なかったような・・・レポが古すぎて忘れてしまった~っ(汗)単独で張るのはめっちゃ勇気要りますね。2人以上だったらなんとか・・・かなっ。

肉の数、数えておけばよかったです!絶対ノビの方がたくさん食べてる~っ。まさしく奪いあいですcoldsweats02でも、私が肉奉行をやると焼きすぎるし、自分が全く食べられないdownノビはちゃっかり食べながら焼けるんです(何故!?)chocoさんちの肉奉行は旦那様でしょうか・・・?

投稿: モリ | 2009年1月24日 (土) 20時57分

毎度です!
去年の山登り記事どんどん出てきますね~!^^

私も特に下りで膝痛が出ます。

南アルプ南部の易老岳から易老度までの下りが辛かったなー!20kg背負って1500m急下降は死にそうでした。。
チョットでも膝を曲げたり、捻ったりすると激痛が走るので私も一回病院に行ってみようかな~?
でも山登りの時だけだから行きにくいなー

もうチョット体重を絞ろうとも思ってます。
178cmで74kgなのでせめて70kgにはしたいと思ってますが、これがなかなか・・・

投稿: CARRERA | 2009年1月26日 (月) 13時00分

CARRERAさんこんにちわ!

レポは鮮度が命!なのに、なかなか紅葉の山レポが終わりません・・・sweat01時間が経つと、食べたものとか忘れちゃうんですよね。ちゃんとメモを取らないとダメですね!

>私も特に下りで膝痛が出ます

CARRERAさんもでしたか・・・!痛くない状態で病院は行きづらいですよね・・・。MRIの検査費用は高額で、よっぽど悪くならないと受ける勇気が出ないですcoldsweats02捻ると激痛、心配です・・・!そして、易老岳からの下り!1500mの下りはキツイですね~っヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ聖岳、光岳・・・ぐるっと回ってみたいルートのひとつです!通常のテント装備で14・5キロ、残り5キロは機材でしょうか!?ううっ、光岳は小屋泊まりにしようかなぁ・・・(弱気)

CARRERAさん、現体重でベストバランスなのではっ!?ノビなんて176センチ 80キロなのに肥満児の自覚全くナシ!私のデータは見苦しくてとても公表できませんが、まぁ、同様です(号泣)。膝痛解消の近道はやっぱり減量ですよね~・・・は、春までには自分もなんとか・・・3キロ・・・いや、1キロぐらい~・・・(ごにょごにょ)

投稿: モリ | 2009年1月27日 (火) 11時58分

この記事へのコメントは終了しました。

« チブリ尾根を行く。別山② | トップページ | 鈴鹿の森は深かった。藤原岳② »