« 涸沢の紅葉に心酔。奥穂高岳① | トップページ | 涸沢の紅葉に心酔。奥穂高岳③ »

2008年12月28日 (日)

涸沢の紅葉に心酔。奥穂高岳②

1日目はコチラです♪

奥穂高岳(百名山 標高3190m)

2日目 2008年10月10日(金)

1年前、秋の連休は鳳凰三山縦走でした。テン場の標高は涸沢よりちょっと高かったと思うけど、持って行った防寒具はフリースとカイロのみ。あまりの寒さに寝つけず、カッパ含む、全ての防寒具を着てなんとかしのぎました(´ヘ`;)。今年は失敗しないぞ!と、ノビのダウンを持って来たのですが、これが!!着た瞬間からめちゃめちゃあったかい~(´∀` )。しかも重さはペットボトル1本に満たない程度。秋の山は断然ダウンだっ。自分のダウンも買おう!と心に誓ったのでした(まだ買ってないのでした)。というわけで、昨夜はぬくぬく♪寒くて目覚める事も無く、すがすがしい朝を迎えましたヽ(´▽`)/

Imgp1745

5時過ぎ・・・空が焼けてきました。涸沢と言えば、涸沢槍のモルゲンロート。日が昇っても、しばらくお山は焼けません。みんなじりじりと待ち受けています。

Imgp1749

そして、ついに焼けました(´∀` )

Imgp1768

カメラの博覧会です!みんな、カメラがすごいなぁ・・・(腕も!!)

Imgp1775

モルゲンロートをしっかり楽しみ、のんびりと朝食のパンとスープを食べ、紅葉を眺めながらコーヒーを飲みました。贅沢な時間です。ラジオの予報に耳を傾けると、やっぱり明日は雨(´;ω;`)。予報が悪ければ1泊2日で帰ろうかな・・・と思っていたのですが、うーん。今日はもちそうだし、こんなお天気の日に山に登らないのはもったいない。何よりも、この素晴らしい場所にもう少し居たい・・・。下山なら降られてもいいし、やっぱり奥穂に登る事にしよう♪

Imgp1777

6:55涸沢ヒュッテ出発。

涸沢ヒュッテの脇から登ります。

Imgp1785

登山道が・・・

Imgp1782_2

京都のお寺の庭みたい!

Imgp1791

登り始めてしばらくの間、山とナナカマドがあまりにもに美しくて

Imgp1781

テレビを見ているような、目の前なのに、なんだか遠いような、不思議な感覚に陥っていたのでした(´ヘ`;)

Imgp1796

1

ゆるい斜度のザレた道をジグザグ登って・・・

Imgp1809

岩場へ突入です。このあたりをザイデングラードなどと言うらしいです。

Imgp1808

ハシゴ&鎖もあります♪怖い山なんじゃないかな~と思い、後回しにしてきた奥穂ですが・・・ここまでは、さすが百名山。よく整備されています。気を抜かなければ運動オンチでも歩ける?むしろ北穂の方が怖かったかも・・・。

Imgp1813

ぐんぐん迫る、涸沢槍。抜群にとんがってます。奥穂~北穂の縦走はしません。モリには無理と判断です( ; ゚Д゚)

Imgp1819

9:20穂高岳山荘着。

着いた~!ザックが日帰り装備なのに、なんでしんどいんだろう~?と思ったら、ここは標高2996m。空気が薄かったのでした(´ヘ`;)。岩場も、じわりと体力を奪ったようです。頂上までちゃんと登れるだろうか・・・。

Imgp1822

小屋の前は展望台!常念がどっかりと座っています(´∀` )

涸沢までとする方が多いのでしょうか。小屋の周りは人影少なめ、閑散としています。常念を眺めながら水を飲み、いよいよ山頂へ向かいます。

9:35穂高岳山荘出発。

Imgp1823

小屋のすぐ上が、今回の行程で一番怖かったです(((( ;゚д゚)))。鎖とハシゴがあるので、死ぬほど怖いというわけではないですが・・・。

Imgp1827

一人ずつしか通れない場所で、上から降りてくる方を気長に待ちます。正面に笠ヶ岳が笑っています。山の影で陽が当たらず、風があるのでかなり寒い~っ(;´Д`)。手袋が鼻水まみれです。。。

Imgp1829

垂直に近いところを登って行くのであっという間に高度を稼げます。涸沢槍方面、すごいところに道ついてるな~( ; ゚Д゚)

Imgp1834

黒部源流の山々が見えてきました!今年の夏に歩いたばかり。一番気になるのはやはりこの山域です。

道を間違うと進退窮まるので、目印を見失わないように慎重に歩きました。足場は脆く、浮石もあります。ザックを降ろせそうな場所を見つけ、フリースを着ました。稜線は風が強い~!空気は冷たく、体に刺さります。雨が降れば雪になるのも納得です。この標高をモリが歩くにはギリギリの季節なんだなぁ・・・。

Imgp1839

なんとなく山頂が見えてきた・・・かもっ。

Imgp1841

槍様も笑ってる~(´∀` )。そうそうたるメンツに感覚が麻痺。いや、ほんとにすごいです。ばんざいです。

Imgp1853

10:30奥穂高岳山頂着!

登山をする人々の多くが憧れる、この山へ!やっと来た~っヽ(´▽`)/

Imgp1846

上高地が、あんなに遠い・・・。

Imgp1847

5

ジャンダルム!ヽ(´▽`)/

時間的に、こちらから行く人も、あちら側から来る人もいないみたいです。ジャンダルム、名前も姿もかっこいい!!観光登山だなぁ、自分_| ̄|○。あんなところ、モリには歩けませんが気になります。特別な場所・・・きっと何かがある?何かが棲んでいるっ。妄想は果てしないです(;・∀・)

上高地に背を向けて、ずっと裏銀を眺めていました。風が強く、かなり寒いのでダウンを着て丸まります。あったかい・・・。10月の稜線は厳しいです。こんな気候なのに、当初、5日間も南アを縦走しようと思っていました。甘い計画でした。稜線に居るのは天候が確実に崩れない、2日3日が限度だな、と痛感。山がご機嫌なうちに立ち去らなければ。

6

その3へ続く!

|

« 涸沢の紅葉に心酔。奥穂高岳① | トップページ | 涸沢の紅葉に心酔。奥穂高岳③ »

コメント

こんばんわぁ
一人で奥穂に登るなんて、モリさんすごいー
頂上付近はこうなっているのかと、まじまじと見入ってしまいました。
こんなに山頂付近はガレガレなのですね。
恐・・・恐そうです
涸沢の紅葉素晴しいですね~、はぁ~ん。
いつか秋に行ってみたいなぁ

投稿: ゆきぽん | 2009年1月27日 (火) 21時41分

ゆきぽんさんこんばんわ!

コメント頂き、ありがとうございます!体調は良くなられましたか・・・?無理のないように、ゆるゆると遊びに来てくださいね~っ

>恐・・・恐そうです

岩場が得意なゆきぽんさんなら余裕ですよ~百名山らしく、よく整備されていて命がけなところは少ないです(たぶん)。しっかり手を離さなければ大丈夫♪岩場が苦手な私も、なんとか帰って来られました
紅葉は本当に素晴らしくて・・・こんなに良いのになんで今まで平日休みを取って来なかったんだろう!?って感じです。ゆきぽんさんは確か、平日休みでしたよね!平日の涸沢最高です。テントならなお良いので、いつかぜひぜひお出かけくださいっヽ(´▽`)/

投稿: モリ | 2009年1月27日 (火) 23時00分

この記事へのコメントは終了しました。

« 涸沢の紅葉に心酔。奥穂高岳① | トップページ | 涸沢の紅葉に心酔。奥穂高岳③ »