« 東海自然歩道を歩く。山星山 | トップページ | 涸沢の紅葉に心酔。奥穂高岳② »

2008年12月27日 (土)

涸沢の紅葉に心酔。奥穂高岳①

奥穂高岳(百名山 標高3190m)

1日目 2008年10月9日(木)

有給とくっつけて5連休にしていたのですが、真ん中の土曜日の天候が怪しいため、縦走は断念。稜線で吹雪かれるのだけはご勘弁っ!晴れれば天国、荒れれば冬山登山な秋の連休。2日程度で紅葉が楽しめるお山はないかな・・・と、考えて、ふと思いました。

涸沢・・・!∑(゜∀゜)

1泊2日で行けるし、あわよくば奥穂にも登れるかも。奥穂はまだ登った事がありません。

しかも今年の涸沢、

10年に一度!!の紅葉らしいヽ(´▽`)/

10年に一度ってどんな!?10年に一度の紅葉で、ちょうどピークで、平日休みで・・・こりゃ~行くしかないなっ。10年後の自分が涸沢に行けるかどうかは謎なんである!死ぬまでに一度見に行ければいいな、などと思っていたけど、こんなに早くその日が訪れるなんて。動機は単純、出逢いは唐突(;・∀・)。ノビはお留守番です。お一人様でいざ出陣!

23時頃におうちを出発し・・・時間が無いので下道走行はあきらめ、高速で松本へ。実家で寝ようかな、と思ったのですが、こんな時間にいきなり玄関開けたら迷惑なのです(涙)。眠くなったら道の駅で寝よう!と思いながら、走っているうちに沢渡に着いてしまいました。紅葉効果でアドレナリンが噴出しているようです。興奮して3時過ぎまで寝つけませんでした(´ヘ`;)

6時頃起床し、パンを食べ、歯を磨き・・・ぐずぐずしているうちにもう7時!行ってしまったばかりのバスをじりじり待ち・・・(バス代・沢渡~上高地往復1800円 沢渡駐車場・1日500円)

Imgp1518

8:15河童橋出発!

き、来たわ~・・・上高地(((( ;゚д゚)))。わかっていても、この眺めは鼻血が出る~っ!!

Imgp1515

焼岳もばっちり。お天気上々、眠たいけど、目が覚めました!出発っ♪

Imgp1530

河童橋から横尾まで水平移動約12キロ・・・長いです。だるいです。下山の時はいつもうんざりだけど・・・

Imgp1534

忘れた頃に再びやって来ると

Imgp1537

やっぱいいなぁ~ヽ(´▽`)/

9:00明神通過。

標高が低いので紅葉はどうかな?と思っていたのですが、意外と色づきが良く、すでに落葉している木々も多かったです。中途半端な時間だからか、平日だからか、人が少なく、ひっそりしています。

Imgp1548

9:55徳沢着。

ここのテン場・・・素晴らしいなぁ。いつか張りたいな(´∀` )

Imgp1550

有名な徳沢のハルニレの木。まっ黄っ黄です!うわー。

Imgp1551_2

ちょっと寒いけど・・・やっぱり食べたい徳沢園のソフトクリーム♪

日差しは透き通り、ハルニレの落ち葉が夢見心地に時折ハラハラと舞います。いっそここで停滞したいけど、土曜日の予報が悪いのでのんびりできません(´ヘ`;)。さー、出発です!

10:25徳沢出発。

Imgp1558

カエデの紅葉がとっても鮮やか。もうもうもう、涸沢にたどり着く前におなかいっぱいになりそう・・・。

Imgp1565

・・・雲湧いてきたなー。まっ、今日はあんな高いとこまで行かないし、多分大丈夫だっ。

Imgp1567

11:25横尾着。

着いた!!ヽ(´ー`)ノ。すでに結構くたびれています。ここから涸沢までコースタイム3時間&6キロ。しかし!やっと山道なのです♪どんな紅葉が待ち受けているんだろう。想像もつかないです。パンを食べ、またまた休憩です。油断するとまぶたが落ちてきます。ね、眠たい・・・(;・∀・)

Imgp1594

11:50横尾出発。

沢沿いにつけられた登山道をゆるゆると登ります。この辺はいつ来てもぬかるんでる気がする・・・。フラットだけど、変化があって、横尾までの道のりに比べると精神的に楽です。紅葉もますます綺麗になってきたなぁ・・・( ´∀`)

Imgp1603

屏風岩をぐるっと回り込む・・・紅葉でモコモコになっています!あまりの美しさに立ち止まって写真撮影に没頭する方続出。角度が少しずつ変わっていくので、ちょびっと歩いて、またパチリ、という具合でキリがないです(;・∀・)。屏風岩と言えば、井上靖の「氷壁」ですね。こんな垂直な壁を真冬に登るなんて、想像しただけで寒くなってくる・・・今年のお正月あたり、登る方も居るのでしょうか?

Imgp1605

屏風岩の向こう側に回り、ますます派手になる紅葉・・・一枚撮ってはカラーモードをいじくっている(K200Dは撮った直後のみ変更可)のでぜーんぜん歩けません♪あれっ?今何時だ??

Imgp1621

13:05本谷橋着。

おぉぉぉ~・・・す、すごい、ぞ。まっ黄色だー(((( ;゚д゚)))

たくさんの方々が河原で休憩をしています。ザックを下ろして、水を飲みながら辺りを見回し、来ることができた幸せを噛み締めていました(´∀` )。ここでこれだけ美しいんだから、涸沢はどうなっちゃっているんだろう?テン場は多分、いっぱいにはならないだろうけど・・・日が短いから早く行かなければ。くたびれてきた腰を上げて、歩き始めました。

13:15本谷橋出発。

Imgp1627

ようやく本格的に登りだします。本谷橋からジグザグ上がれば、あとはダラダラ。道は非常に歩きやすく、快適です♪今日は涸沢までだし・・・と思ってなめていたのですが、久々の単独テン泊。しっかりバテています(´ヘ`;)。標高差はあんまりないけど、長い歩行距離は決してあなどれませんね~。いや、自分がへたれているだけか・・・_| ̄|○

Imgp1624

北穂の雲は晴れて、かっちり見えてきました。涸沢は二度目ですが、一度目は北穂に登っています。山頂でガスに巻かれて無念な山行だったので、いつかまた行かなければ・・・(´∀` )

Imgp1662

南側の空は青空が出ています。涸沢方面はガスっています(´;ω;`)ウウ・・・

Imgp1643

すっかり日差しは傾き、黄色い葉っぱをすり抜けて差し込む夕暮れの光が美しく、何度登山道で立ち止まったかわかりません。ただ、ただ幸せです・・・。

涸沢ヒュッテが見え始めました。近いようで、見た目より遠いんだよなぁ・・・なんて思いながら路肩の石をなんとなく眺めていると、あれっ?見覚えが・・・。そうです。数年前の夏にバテてザックを投げ出した、でっかい岩がそのまんまの姿でそこにあったのです・・・って、あたりまえですよね(;・∀・)。ここで休むと自分に負ける気がしたので、ちょびっと進んで休憩しました。うんうん、一応成長しているぞ(横に・・・)。シャリバテっぽいので残りのパンを食べました。不思議です。食べるとすぐに元気になれます。どう考えてもまだ消化していないのにっ(´ヘ`;)

登山道は、そのうち涸れた沢に合流します。沢に出たら、小屋はまもなくです。あー、着いた。長かった~と文句タラタラ沢に降り立つと・・・

Imgp1677

なんですか?これは(((( ;゚д゚)))

Imgp1675

黄色から赤へ。そこには目の覚めるような色彩がありました。桃源郷って、こういうことを言うのかな・・・。言葉が見つかりません。日本の、しかも結構近くにこんなところがあったなんて。もっと早く来ればよかった!(ノ ゚Д゚)ノ

Imgp1693

振り向くと、常念岳!谷が影になって暗いので、常念がどーしても飛んだ色で写ってしまいます。ううっ。本谷は午前中に通過するのがベストなようです。また、紅葉の時に来る機会があったら横尾か徳沢で張って、早立ちしよう♪

Imgp1691

昔、夏に来た時、滑って転んだ残雪は跡形も無く・・・乾いた岩の上をわしわしと登り詰めます。小屋直下のナナカマドも大変美しく、こんにちわ!よく来たね♪という幻聴すら聞こえてくる気がしました(;・∀・)。来て良かった!すごいよ!布団1枚に4人とか5人とか、そりゃ、来るよ!!天国だもん(´ヘ`;)

Imgp1696

15:30涸沢ヒュッテ着!

テン場の混雑具合はこんな感じ。平日なので、遅い到着ですが、まだ余力がありました♪涸沢のテン場は涸沢小屋と涸沢ヒュッテの中間地点ぐらいに受付があり、そこでお金を払います(500円。季節によっては小屋で受付の場合も有り)。岩岩&斜めなので、決して居心地が良いサイトではありませんが、もう、そんなことはどーでもいいっ!という気持ちにさせてくれる不思議な場所です。水は豊富で、無料。小屋の蛇口からおいしい水がもらえます。トイレは1回100円です。

ヒュッテでおでんを食べよかな・・・と思っていたのですが、あまりの混雑に辟易し、あきらめました。もうね、ほんとにすごかったです。わかります。ここでおでん!!って思って頑張って登って来るから・・・。気温はかなり低くなってきたけど、生ビールも飛ぶように売れている様子でした。明日は食べられるかな~?

Imgp1736

そして、日没・・・空は焼けませんでした。ガスに煙る涸沢槍を眺めながら、目の裏を泳ぐ様々な色を思ってうっとりしていたのでした。

睡眠不足のおかげで早々に爆睡!いや~、すごいところに来てしまった。さすが紅葉詣でのメッカです。期待以上!!ヽ(´▽`)/

2日目に続く!

|

« 東海自然歩道を歩く。山星山 | トップページ | 涸沢の紅葉に心酔。奥穂高岳② »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。