« 裏銀再び!針ノ木岳・蓮華岳③ | トップページ | 靴遍歴② »

2008年12月12日 (金)

靴遍歴①

初めての登山靴は・・・

Photo

これでした(A;´・ω・)

入笠山、八ヶ岳、礼文岳、十勝岳、羅臼岳・・・色んな山に登ったなぁ(若かった・・・)

でも、ずーるずる滑るし、足首ひねるし、年齢(=体重)の増加とともにスニーカー登山には限界を感じ・・・(涙)

初めて購入したまともな登山靴は、ガルモントの一枚皮の重登山靴。

「どういった登山をするのですか?」(´,_ゝ`)

と店員さんに訊かれ、

「夏山テン泊です(願望)」ヽ(´▽`)/

と答えたら重登山靴をオススメされました(今思えば答え方が悪かった・・・)

今では軽登山靴が発達し、縦走用の靴で重登山靴を購入する方は少なくなったと思います。重登山靴なので当然重たいっ。たとえるなら囚人がひこずる鉄の球ぐらい・・・。履く瞬間、嫌~な気持ちでいっぱいに。。。しかもサイズが微妙に合っておらず、靴下二枚履きでも靴の中で足が動いて足指の皮がずるむけてしまうのがつらかった。大枚はたいてせっかく手に入れたのに数回利用して現在は実家の雪かき専用靴に格下げされ、最近は目撃すらしていません。正月に大雪が降った数年前の冬は活躍したっけなぁ・・・無念。

軽めの靴が欲しくて、次に購入したのがシリオの靴(モデル名は忘れました・・・)確か二万円ぐらいで、他の登山靴に比べて断然リーズナブルだったんですよね~。店員さんにモリの足が幅広であることを伝えたらこの靴を出してくれました。

初めて歩いた時は、靴の軽さとグリップ力にとっても感動したのを覚えています。スニーカーには戻れない!戻るまい!と思いました。

しかし・・・

日帰り程度なら問題ないのですが、縦走すると足指の皮がずるむけるっ(号泣)。ワイドサイズが有名なシリオの靴ですが、4Eはさすがに大きかったようで・・・靴の中で足が動いてしまうのです。靴下二枚履きでも効果無し。動くからといって靴紐を締めすぎると踵が靴擦れしてしまうという・・・。

山靴ってこういうものなのかな。足裏が痛いのは普通なのかな。と思いながら2年ほど経過し・・・

2007年ヤマケイ4月号、ザック&ブーツ特集の

「日本人の足は甲高幅広といわれているので、幅広の靴ばかりを選ぶ方もいらっしゃいます。しかし意外とそうでもないんです。靴が広すぎて足が中でぐらつき、トラブルになることもあります。先入観を捨てて選んでください」

という一文に

開眼!!まさにこれだー!Σ( ̄ロ ̄lll)

試着した瞬間の足入れの良さだけで今まで選んでいたのですよね。中がゆるい靴は外反母趾が悪化する可能性があるとも書いてあり・・・。巻き爪がひどくなってきたのもそのせいか!?タイトな靴でなければダメなんだ!もう間違えないぞっ。とテンションが下がらないうちに山道具屋へ出向き、試着しまくり。ガルモントとスカルパは幅が細すぎて、ワンサイズ上でも履けないありさま・・・(イタリア系の靴は幅が狭いらしい)あっれ~?最初に買った靴はなぜガルモントだったんだろう??デザインはとてもかっこいいのに残念です。で、別のめぼしい靴を発見し、履いたまま1時間も店内をうろうろうろうろ・・・

Photo_2

やっと出逢えたね♪運命の靴、ハンワグのクラックセーフティー!ヽ(´▽`)/

一応2000m以下の冬山も対応している(実際は寒い)縦走向きなナイロンコンビの軽登山靴。試着した瞬間は決して心地よいものではなく、ちょっときついかも・・・大丈夫かな・・・と不安なぐらいぎゅっとしてました。しかしっ。1時間の試着の結果、決して締めつけられているわけではないと判明。外国の靴は関税がかかって高いけど、妥協すると痛いんです。物理的に(汗)。つま先が反っているので自然に歩けるところと、ソールが硬めでがっちりしているところも気に入りました。

何年も足に合わない靴で苦しんできたので、クラックセーフティーも最初は信じられず、疑心暗鬼で・・・。おそるおそる履いていたのですが。

実はこれこそ、モリ足にベストなしあわせのくつだったのです~(◎´∀`)ノ

足指の皮はほとんどむけなくなった!テン泊縦走した翌週に山に出掛けることなんか今まで足が痛くて(皮が薄くなりすぎて)できなかったのに!この靴がもたらした山のヨロコビは計り知れないです。軽い靴なので履く時の悲壮感はありません(?)。後ろと横は、がっちり固定されるけど、足首を前傾すると、とってもやわらかく曲がるんです。前の二足の登山靴は足首回りが硬くて痛かったのに、それもありません。中はきつすぎず、履き心地の良さを初めて実感できた靴でした。50ℓ程度のザックなら縦走しても問題無し。下りの時にもうちょっとソールが固かったら安心かな?なんて思うけど、これ以上固いと、日帰り登山の時にきっとしんどいですね。低山もこれ一足でこなしてくれます。こき使いまくりです。唯一の難点は履けば履くほど、こ汚くなるところ。決して味は出ません。一枚皮との決定的な違いですねー。あと、保温性も一枚皮の方が上です。軽さのために犠牲になっているものがあるのですよね・・・(;´д`)

Photo_3

あっ、あとコレ↑スーパーフィートのグリーン!インソールも重要。最初は違和感があったけど、いまや必需品です。足裏のくたびれ感は相当軽減されました♪

数年に及ぶ、靴との戦いに終止符を打ち・・・安定した暮らしに飽きつつあるのか、ローバーがちょっと気になったり・・・いやいや、浮気はしませんっ。足に合わなかったら・・・と思うと寒気がする~。つくづく思ったのが、見た目より、予算より、なにより足の形に合う靴が一番なのは理屈ではわかっていても、実際何が自分の足に合っているかというのはなかなか一人では気づけないという事です。足のサイズをちゃんと測ってくれるお店が近くにあればよいのですが・・・。一番シビアな道具なので、ベストなものを見つけられて本当に良かったです!

購入後、1年8ヶ月が経過し、早くもソールがやばいっ。

そういえば、上高地、寒かったな。去年しもやけになったな・・・(クラックセーフティーは-10℃まで対応だが、中綿無し)

ソールの張り替えって一ヶ月ぐらいかかるんだっけ・・・(キラリ)

しつこく続く

|

« 裏銀再び!針ノ木岳・蓮華岳③ | トップページ | 靴遍歴② »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。