« 草紅葉見物に。御嶽山① | トップページ | 東海自然歩道を歩く。山星山 »

2008年12月21日 (日)

草紅葉見物に。御嶽山②

その①はコチラです(´∀` )

御嶽山(継子岳 標高 2859m 濁河温泉ルート)

2008年9月23日(火)

Imgp1138Imgp1139

三の池避難小屋からわしわしと登って行きます。角度を変え、高度を変え、三の池の写真ばっかり撮っていました(´ヘ`;)

Imgp1145

さっき、白竜避難小屋へ行く時に歩いたトラバース道が良く見えます。ライチョウたちは、今どこに居るんだろう??

Imgp1151

摩利支天と三の池。いい眺めです♪

Imgp1157

8

開田高原・・・ジャンプしたら今日はどこまでも飛べる気がするなぁ(無理です)

Imgp1163

11:10飛騨頂上と四の池の分岐通過。

ここから五の池小屋へショートカットして戻ることもできます。

Imgp1162

分岐を左に曲がると・・・

Imgp1166

9

四の池!!∑(゜∀゜)

これが見たかったー(´;ω;`)。ここからずーっと四の池のお鉢をさすらいます。ぽんぽんと散らばった、紅葉は実物の方が写真よりずっとビビッドでした!

Imgp1172

これから歩く道です。四の池の淵まで降りたら、継子二峰へ急登します(*´д`*)

Imgp1189Imgp1187

11:20適当なところで昼食にする。

稜線で吹きつけていた冷たい風は四の池に降りると、ふっ・・・とおさまり、とても静かで暖かいです。ホシガラスがたくさん飛び交い、ハイマツの松ぼっくり?をつまんでいます。人を恐れないのか、冬入り前の食いだめに必死なのか、近寄っても逃げません(;・∀・)。濁河温泉から登った方の多くは剣ヶ峰を目指したのか、こちらは人影少なく・・・。周囲を山に囲われて、不思議な空間と濃厚な自然が広がっています。また、新たな御嶽山を発見しました。いい山です!本当に・・・(´∀` )

11:55出発!

Imgp1196

11

四の池には沢が流れています。湧き水が沢になり、幻の大滝となって御嶽山の壁面を落ちて行くそうです。この標高で残雪も無いのに沢が流れているってなんだかとても豊かな感じがして・・・。水が豊かな山が好きです。剣ヶ峰しか登った事がなかった時は、御嶽山にこんな場所があるとは夢にも思いませんでした(´∀` )

Imgp1206

岩岩な急斜面です(´ヘ`;)。ペンキで真新しい目印がたくさんついているので迷う心配はなさそう・・・?

Imgp1219

振り返れば四の池の草紅葉!足が進みません(;・∀・)

Imgp1236

山頂付近は結構高度感があります。地図では破線になっているこのルート。注意して歩けば大丈夫な感じですが、高所恐怖症な方は登りに使った方がよさそうです。ノビはかなりびびっていました(;・∀・)

Imgp1248

12:35継子二峰山頂着!

ここにもちゃんとお社があります。

Imgp1251

良い眺めなんである!!ヽ(´ー`)ノ

Imgp1258

継子岳まではあっという間。道も非常に歩きやすいです♪コマクサが咲くのでしょうか?ロープで保護されています。

P9230288

12:50継子岳山頂着!

こんな看板あったっけ??と思い、帰ってから調べたら、モリたちが夏に訪れた後に、五の池小屋で整備したものだという事がわかりました。看板が無かった摩利支天にも設置されたとか。山頂がよくわからない山だったので、看板があるとわかりやすくていいですね!今度来た時は摩利支天で看板と記念写真が撮れるかな。

Imgp1243

12

乗鞍岳と北アルプス・・・乗鞍の裾野はとても深いですね!

Imgp1272

13

歩いて来た、三の池からの道を眺めます。素晴らしい山旅でした!四の池はお花が咲く頃に来ても綺麗だろうな。また来年!

Imgp1275

山頂は風がびゅーびゅーで寒いので、逃げるように五の池小屋へ帰ります。時間も押してるよ~(´ヘ`;)。スローすぎて、やっぱり二の池なんて無理でした♪

Imgp1287

剣ヶ峰ともお別れです(´・ω・`)。またね~っ。

Imgp1299

立ち去りがたいです。山が良ければ良いほど下山するのはつらいですねー。゜゜(´□`。)°゜。

13:25五の池小屋着。

小屋の陰で風を避けながらコーヒーを沸かしました。小屋の女の子が気さくに話しかけてくれます。四の池の草紅葉は今が一番見ごろで、ナナカマドの紅葉は翌週ぐらい、濁河温泉の登山道の紅葉はもっと先、と教えてくれました。今日で小屋の仕事を終えるのか、学生風の子が継子岳の方に向かって下山して行きました。ゴンドラって動いていたっけ??もっと居たいけど、我々もそろそろ降りなければ・・・(´ヘ`;)

Imgp1313Imgp1315

14:05五の池小屋出発。

西日が強烈です。強かった風は、山の懐に入っておさまりました。今日は終日うろこ雲が美しかったです。夏に来た時は雷におびえて下山したっけ・・・。

Imgp1317

登山道の岩の上には、そこらじゅうにホシガラスが食べ散らかした松ぼっくりが転がっています。松ぼっくりの実を岩陰などに貯めこんで、冬の間に食べたりするらしいです。渡り鳥ではないそうだけど、足に羽毛も生えていないのに、冬の御嶽山で暮らすなんてすごい子だ~!

15:50登山口着!

ふー。ギリギリ下山で反省。。。。

山から降りたら、お楽しみの濁河温泉へ。今回は百草の湯・みやまに入りました。入湯料700円(500円だと思ってた・・・)。案内されたお風呂は真っ暗。電気はセルフ♪内湯と露天があり、広々としています。とっても良いお風呂なのに、お客さんは全くいません!独り占めです。露天の温度がぬるめで、いつまででも入っていられる感じです(´∀` )。ボディーソープとシャンプーが線香臭い香料だったので、不思議に思ってラベルを見たら・・・なんと日野百草丸製!(((( ;゚д゚)))。シャンプーも作っているのですね・・・。いや~、それにしても良い温泉なのです。道沿いに見える、つぶれてしまった旅館を眺めながら、いつまでも残っていて欲しいな・・・と強く思いました。

御嶽山は秋も素晴らしかった!来年は二の池に行こう♪休憩たっぷり&スローな山旅で山を心ゆくまで堪能できた気がします。また、こんなほっこりな登山がしたいな(´∀` )

|

« 草紅葉見物に。御嶽山① | トップページ | 東海自然歩道を歩く。山星山 »

コメント

9月の御嶽山は、緑と赤の色彩が綺麗な季節ですね。
今は真っ白な雪をかぶり、来年また命の源を与える。
毎年その繰り返し、だから自然は素晴らしい。
是非そんな場面に行ってみたいと思いながらレポを読ませて戴きました。

投稿: オヤ爺 | 2008年12月21日 (日) 19時34分

いいですね、9月の御嶽。
bunも7月に行ったとき是非もう一度!と思ったけれど行けませんでした。

来年は季節を変えて、二度三度と行きたいなあ。
モリさんのレポを読んでその思いを新たにしました。

継子岳の頂上は確かにわかりにくいですよね。
bunの行った時も字がはげて読めない古い標識でした。

投稿: bun | 2008年12月21日 (日) 20時08分

オヤ爺さんこんばんわ!

まだ早いかな?と思ったのですが、想像以上に紅葉が楽しめました!最盛期はきっと、もっと美しいのだと思います・・・

>今は真っ白な雪をかぶり、来年また命の源を与える

う~ん!オヤ爺さん、詩人です~!本当に、そうですね。雪解け水が松ぼっくりを育て、ホシガラスのごはんになる!来年も今年と同じように花が咲きますように、と願っています。
今は真っ白な御嶽山ですが、来年はどんな姿を見せてくれるのか今からとても楽しみです

bunさんこんばんわ!

巡り合わせってありますよね。行きたいと思った山になかなか行けなかったり、逆に何度も行く事ができたり・・・今年は御嶽山と相性が良かったみたいです来年はどうかわからないですが、ぜひぜひ行きたいと思っています!

>来年は季節を変えて、二度三度と行きたいなあ

同じく!!雪が多い時期に行ってみたいなぁbunさんはどんな時期に登られるのでしょうか・・・?
頂上の看板、新品でしたが、一冬越したらきっと貫禄がつくでしょうね~。看板がボロボロになっていくのもちょっと楽しみだったりします♪

投稿: モリ | 2008年12月22日 (月) 21時50分

この記事へのコメントは終了しました。

« 草紅葉見物に。御嶽山① | トップページ | 東海自然歩道を歩く。山星山 »