« はるかなる、白山南縦走路① | トップページ | はるかなる、白山南縦走路③ »

2008年8月27日 (水)

はるかなる、白山南縦走路②

1日目はこちらです♪

白山南縦走路縦走(銚子ヶ峰~三ノ峰~別山~室堂)2日目

2008年7月21日(月)

4時過ぎ・・・活動し始める方々の物音で目が覚めました。避難小屋は寝坊する心配がなくて安心です。混雑していて、ちゃんと眠れるか心配だったけど、家よりよく眠れました(;・∀・)。毛が生えた心臓に乾杯。前日の睡眠が足りなかったからかもしれないなぁ。

トイレに行って、期待に胸をふくらませて屋外を確認・・・

ガス、ガス、ガス、怒涛のガス((( ;゚Д゚)))

み、見なかったことにしようっ。晴れるかもしれないし♪

火も使わずに行動食やおかしをぼそぼそと食べ、一番に小屋を出発なのです。ダラダラテン泊が身上ですが、今日はかなり頑張らないと帰れない(涙)いってきまーす!

4:45三ノ峰避難小屋出発。

P7210203

この山域はガスに包まれていますが、東の空の眺望はまずまず・・・御嶽山、でっかいな~ヽ(´ー`)ノ

P7210208

もくもくと湧き上がるガスの中、なんとなく夜が明けました。

5:00三ノ峰山頂通過。

別山はガスの中。眺望がないので標柱写真を撮ってとっとと通過です(;・∀・)

P7210215

三ノ峰からジグザグに100m弱下って行きます。出発時は濃厚だったガスが薄くなり、朝日に染まって金色に輝いていました。

P7210219

下りきった鞍部付近でついに縦走路の全貌が明らかに。あぁー、美しい・・・。(ほとんど直登?)車の回送は大変だったけど、こんな素晴らしい道をまっすぐ歩けるならたいした苦労ではなかったな・・・と思う。憧れの縦走路。たった今、この瞬間がいとおしいです。縦走してるんだなぁ・・・。

昨日の夕方もすごかったですが、今日もブヨが半端でない!ヽ(`Д´)ノノビの帽子が黒くなるぐらいびっしりたかっているのを見て寒気がしました。持ってきた虫除けスプレーを噴霧したら一匹も寄り付かなくなってびっくり!ザックや服の上から気が狂ったようにかけまくりました。

P7210231

雲海がステキすぎて足が進みません♪

三ノ峰から別山までは、草が登山道を半分ぐらい覆っていました。朝露にたっぷり濡れた草を甘く見て、カッパのズボンを履かなかったモリたちは靴の中までずぶ濡れに・・・(;´Д`)ゴアの山靴を過信してました。早朝はカッパのズボンを小屋から履いて来た方が良いと思います。

P7210240

振り返れば三ノ峰。こちら側から見ても美しいですね~( ´∀`)

別山平までは見た目通り急です。。。来た道を振り返り、咲き乱れるニッコウキスゲを愛で、ゆっくりゆっくり歩を進めます。

別山からおじさん2人組が下ってきました。ここで半分だよ!なんて言ってあっという間に小さくなってしまいました。早いなぁー。はて。どこから来たんだろう?チブリ尾根の避難小屋?ま、まさか南竜・・・?

P7210253

6:05別山平着。

急登を登り詰めると、そこにはまっ平らな庭園が広がっていました。本当に、平らです。今までの登りが嘘みたいで唖然としました。地図で知っていても、来てみないとほんとうの事はわからないのです。晴れていればこの向こうに白山が見えるはずだけど・・・。ううっ。白いー。゚(゚´Д`゚)゚。写真ではわかりにくいですが、黄色い斑点は全てニッコウキスゲです。しおれている花は少なく、つぼみもまだまだありました♪

P7210255

視界が無かったので、別山平はさくさくと歩いてしまいました(;・∀・)。もったいなかったかも・・・と、思い、未練がましく何度も振り返る・・・。写真のお池は御手洗池。とても小さなお池です。

P7210256

平和な別山平を通過すると、再び急な登りです。別山平を過ぎてもニッコウキスゲがすごいっ。もう、眺望がなくてもいいや・・・という気持ちすらしてきます(;・∀・)

P7210258

樹林帯や、岩がゴロゴロした道をスロモーに進みます。あっ、小屋に居た団体さんが追い着いてきた~。三ノ峰と別山(避難小屋泊)のツアーが世の中にあるんですね。渋いっ。

シャリバテてきたのか、だんだんヨレヨレになってきました。ガスが巻いているので頂上までどのぐらいで着くものなのか見当がつきません(;´Д`)ハァハァ。まだかー。まだかー・・・。別山への登りは見た目よりきついです。距離もあります。日帰りで上小池からピストンする方はすごい人たちなのだ!ということが身に沁みてわかりました(;・∀・)

西側に回り込み、前方を見ると・・・

P7210266_2 

は、白山が・・・見えてるかもー・・・((( ;゚Д゚)))

薄いガスのヴェールに包まれた、あのお山はまさしく白山!眺望は無いと思っていたのに!神様のご機嫌が変わらないうちに頂上に着かなければっ。アドレナリンが噴出したモリたちは、最後の最後で奮起した!

P7210274

6:50別山山頂着!!

うわー!!青空だー!ヽ(´ー`)ノ

三ノ峰避難小屋泊で、途中でモリたちを追い越したおじさんが、ひとり、山頂で写真を撮っていました。30分前から待っててやっとガスが晴れたんだよ!まるで君達のためにガスが晴れたみたいだ!なんて、涙がでそうなぐらい嬉しい事を言ってくれました。鈍足もたまにはいいことあるなぁ( ´∀`)

白山方面から来る人は無く、しばらく3人で山頂を独占していました。チブリ尾根からぽつぽつと人が来たのを機に、お社の石垣に隠れてお茶漬けを食べることに。おなか空いたー。。。靴の中がちゃぷんちゃぷんと言うので、靴下を絞ったら濡れ雑巾のように絞れた!ゴアのくせにっ。なんで!?

P7210277

サマージャンボが当たりますように!!

※3000円当たりました。ありがとうございました(´ι _` )

2

世界が明るい青で満たされています。朝食もそこそこに、辺りを落ち着きなくウロウロして写真を撮りまくります。

銚子ヶ峰から行きつ抜かれつ(ほとんど抜かれっぱなし)していた単独のおじさんが、三ノ峰に戻って行きました。ここから先、三ノ峰から来ているのはモリたちだけに。なんだか心細いなあ・・・(´・ω・`)

3

別山平のガスが晴れてる~Σ(゚д゚lll)。三ノ峰までは見えない模様・・・。銚子ヶ峰まで眺めたかったな。でも多くを望んだらバチが当たりますね。

大昔に銚子ヶ峰で出会ったお兄さんが、「別山はいいよー( ´∀`)」と言っていました。別山という山を教えてくれて、ありがとう。そして・・・

本当にいい山でしたっ!大満足ヽ(´ー`)ノ

白山方面や、三ノ峰避難小屋からたくさん人が集まってきました。南竜からピストンでしょうか?軽装な方も多いです。賑やかな山頂を後に、先に進むことにします・・・って1時間も居てしまった Σ(´Д`lll)。先は長いのに大丈夫か!?

P7210289

7:50別山山頂出発。

ハイテンションで前進!前進!正面にはどどーんと白山が。最高の縦走日和です♪

P7210290

眼下に小さく小さく見えるエメラルドグリーンの物体・・・あれは白水湖!?Σ(゚д゚lll)あの淵まで今日下らなければならないのですね・・・。

別山からダラダラーっと下り、南竜方面とチブリ尾根の分岐に着きました。ここから御舎利山へは少し登るのですが、向こう側の登山道に合流できると思って、ザックをデポせずに山頂に行ったら、植生保護中で登山道が通行不可にっ。結局分岐に戻ってきました。空身で行けばよかったです(;´Д`)

P7210302P7210300

8:05御舎利山山頂着。

白山がすでにガスに巻かれているー!!振り向けば別山も!((( ;゚Д゚)))。青空にくっきりと浮かぶ白山・・・きつねに騙されていたのでしょうか。いや、見たもんね。ちゃんと見たもんねっ(涙)

P7210311

残雪の上を歩きます。切ってあるので全く問題ありません!三ノ峰の手前とは整備具合が違うなぁ・・・。

御舎利山からちょっと急な斜面をジグザグに下って行きます。別山から南竜ヶ馬場の手前、赤谷の沢まで標高差400mぐらいの下りです。若干登りもあるけど、別山側からだと下り基調なので逆から来るよりはしんどくないです。まったりしたトラバース多め&お花咲きまくりで天国のようでした( ´∀`)

P7210320

御舎利山直下のニッコウキスゲは本当に素晴らしかった。ニッコウキスゲにはガスより明るいお日様がよく似合います。

P7210352P7210294

ハクサンコザクラは少な目、黄色い系(ミヤマキンポウゲ、シナノキンバイなどなど)のお花が多い印象でした( ´∀`)

P7210306_5P7210313_4

チングルマはもう穂になっているものも・・・。ハクサンイチゲもたーっくさん咲いてます♪

P7210323

ニッコウキスゲとイブキトラノオとハクサンフウロ乱れ咲きっヽ(´ー`)ノ

たいした登山歴ではありませんが、こんなにお花が咲いている山を今まで歩いた事がありません。もう、言葉にならないです。意識が遠くにぶっとびます。日本の、しかも結構近所にこんなすごい場所があったなんて!。゚(゚´Д`゚)゚。

P7210326

・・・と、写真を撮りながら、ちんたら歩いていたら、白山はすっかりガスに包まれてしまいました(´・ω・`)。まぁ、いいかっ。御前峰より別山がメインだったから・・・別山でお天気に恵まれた事に感謝しなければ( ´∀`)

南竜方面からたくさんの人がやって来ます。こんな時間に反対側からテント装備で歩いて来るモリたちが珍しいのか、よく声を掛けられました。銚子ヶ峰から・・・と言うと一様に???という顔になるので、実は車2台で・・・と説明します。中には市ノ瀬から釈迦新道経由で別山に向かうツワモノも。下りはチブリ尾根でしょうか。テント装備なのに~。単独行おじさんたちの健脚ぶりには脱帽です!

P7210328

こんな感じの小さなアップダウンが頻発します。一部樹林帯も。まったりまったりです。素晴らしすぎて早足でなんか歩けません♪ヽ(`Д´)ノ言い訳?

P7210336P7210340

昭文社のヤマ地図で危険マークがついていたところです。稜線が細く、少しザレていますが、ゆっくり歩けば問題ないぐらい。高所恐怖症のノビは若干びびってました(;・∀・)

P7210344P7210342

9:15雨池通過。

一瞬平らな場所に・・・!小さなお池の周りにもたくさんのお花が♪これからもっと咲くことでしょう。

P7210353

油坂の頭付近のお花畑も黄色い系のお花(ニッコウキスゲ、ミヤマキンポウゲなどなど)が咲き乱れていて素晴らしかったです!

P7210350

9:30油坂の頭通過。

登りきると南竜山荘が目に飛び込んできたっ!遠いねぇ~(;´Д`)。標高差250m弱、一気に赤谷の沢まで下ります。ここから室堂までが本日一番の正念場。がんばるぞー。

P7210355

残雪が登山道に融けだしてビタビタだったり、ガレていたり、斜面が急な上に荷が重いので思うように進めません(;´Д`)。ゆっくり、ゆっくり・・・。南竜からやってきたおじさんと再び立ち話をして逃避。あまりにも山が素晴らしいので話にも花が咲いてしまいます(;´Д`)時間はヤバいのですが

P7210358

10:00赤谷の沢着。

P7210359

下り終了!ヽ(´ー`)ノ残雪が融けて集まった、冷たーい水場です。南竜まであと一歩ですが、ここまでとっても暑かった。。。手ぬぐいを水にさらして首を冷やしました。ヤマの水って何故こんなにテンション上がるのでしょうか。うれしくて、うれしくて、アライグマのように手を洗いまくるふたりなのでした( ´∀`)

長いレポを最後まで見て頂き、ありがとうございます!

収集がつかないので分割です。その3へ続く♪

クリックありがとうございます!(´∀` )

|

« はるかなる、白山南縦走路① | トップページ | はるかなる、白山南縦走路③ »

コメント

>雨池

熟年のカップルが,仲良さそうに池の畔に腰掛けて見えました。
いいなぁ,いつかはあんな風に仲良く山登りがしたいなぁ。
と思ったものです。……その時は。

それが,どこでどう間違ったか(トオイメ。

>赤谷の沢着。

それは,私が久しぶりに口にした水です。
そして,南竜で2日目が終わりました。

投稿: なべ | 2008年8月28日 (木) 21時39分

なべさんおはようございます!

雨池、ちょっと拓けていて休憩にいい場所ですよね。そうですねー。熟年の仲良しカップルは山でよく見かけますが、ステキですよねーheart04
間違え・・・ましたか!?えーっと・・・えーっと・・・coldsweats01

>それは,私が久しぶりに口にした水です。
そして,南竜で2日目が終わりました。

どんなにおいしい水だったか、想像に難くないです!ここまでずっと稜線で、水場はないですよね。まさか御手洗池や雨池の水を飲むわけにもいかないし・・・。まさに命の水。なべさんにとって、ここのお水は最高においしいお水だったんだろうなぁshine

南竜に泊まり、翌日は下山でしょうか?それとも北縦走路!?やはり車は2台で行かれたのでしょうか。気になりますflair

投稿: モリ | 2008年8月29日 (金) 06時08分

 別山平はガスだったようですが、ニッコウキスゲはたくさんあった様子ですね~。この1週前はポツポツとしか咲いていなかったのに。
 それにしても御舎利山付近のニッコウキスゲがすごいですね~。2週遅れで行ったとき、結構咲いてる~と思ったけど、やはりモリさんが行ったときに比べると少ないようです。。。いいなあ~。しかも別山から白山見えてるし、羨まぴぃ~。

投稿: ちかり | 2008年8月29日 (金) 11時38分

ちかりさんこんばんわ!

ニッコウキスゲはユリなのに花持ちが悪く、朝咲いて、夕方には萎れてしまうそうですね・・・weep(ウィキ)先日、車山に行った時もほとんど咲いておらず・・・山のお花は本当にピークがシビアだと痛感しましたsweat01
ちかりさんの写真の様子だと、三ノ峰避難小屋周辺はちかりさんが7月中旬に行かれた頃が絶好調だったようです!flair三ノ峰避難小屋~油坂の頭の間で標高を変えて3週間以内ならどこかでピークに出逢えるのかもhappy01good長くお花が楽しめて、本当に素晴らしい尾根ですね♪

>別山から白山見えてるし、羨まぴぃ~

別山は8時に晴れるの法則ですよー!
コースタイムを正確に取ってみたら、7時~8時の間でこの日はガスが晴れていました。なぜでしょうか~。本当に不思議ですsun

投稿: モリ | 2008年8月29日 (金) 23時40分

この記事へのコメントは終了しました。

« はるかなる、白山南縦走路① | トップページ | はるかなる、白山南縦走路③ »