« クリームソーダを求めて | トップページ | 編笠山・権現岳・三ツ頭縦走① »

2008年7月14日 (月)

憩いのお山!?三周ヶ岳。

先週の土日は体調不良で静養でした・・・細々とレポをアップです(;´Д`)

夜叉ヶ池・三周ヶ岳(標高1292m 岐阜県揖斐川町)

2008年6月28日(土)

今日のお天気は曇りのち雨。翌日の日曜日は終日雨の予報・・・(´・ω・`)

微妙なお天気だとテンション上がりません。でもっ。夏山に向けて継続して歩かなければ、行きたいお山に登れなくなってしまうのです。朝起きて、パッと頭に浮かんだのは夜叉ヶ池。山の上にぽっかりと浮かぶ緑色のお池がずっと心に引っかかっていました。ガスっていても楽しめそうだし・・・行ってみよう!

岐阜県側の登山口を目指します。大垣インターで降りて市街地を抜けようとしたのですが、これが失敗(;´Д`)。結構混んでいるし、信号が多く進めませんでした。。。今度来る時は関ヶ原で降りてみようかな。大垣市街をやっと抜けた頃、ザーッと雨が・・・Σ(゚д゚lll)。降られると思っていても、出発時からカッパを着るのは気が重いです。帰ろうかな・・・まぁ登山口までドライブしてから考えようか・・・などと消極的に進んで行くと・・・

P6280005

登山口は晴れていた!ヽ(´ー`)ノ

離合が困難な細ーい道をかなり走りました。運良く対向車はなかったけど、今度来る時はノビの運転で来ようと心に誓うモリなのでした。7年乗っても自分の車の車幅がいまだにわかりません♪こんなお天気なのに、結構車が停まっています。人気のお山なのですね~。

P6280007_2P6280006

10:30池ノ又林道登山口出発!

登山口から一旦沢に下ります。

0P6280009P6280015P6280047

早速たくさんのお花が出迎えてくれます♪コアジサイが山盛り咲いていて見ごたえあります。梅雨ですからねー。

P6280013_2

沢からジグザグと急登すると、あとはゆるいアップダウンの道になります。整備が行き届いていて、とっても歩きやすいです。しかし、登りだす前はどよーんとしたお天気に鬱々としていたのですが。登ってみれば、たちまち鮮やかな緑にくるまれて、来てよかったー( ´∀`)などと思ってしまうのでした。

P6280010

道中、ササユリがぽつぽつと咲いていました。瑞々しくて優雅です。葉っぱはカサカサなのに、枝は固くてズボンを貫通する事もあるのに、なぜこんなにやわらかい花を咲かせるのか、本当に不思議で仕方ありません(;・∀・)。出逢うと夏が近づいているのを感じます。毎年見たいお花のひとつです♪

P6280030

凛々しい岩が頭上に見えてきました・・・。岩と岩の間を抜けたところに夜叉ヶ池があります。

P6280034

11:20幽玄の滝通過。

水の豊かな山で、至るところから水が染み出しています。涼しげです( ´∀`)

P6280042

尾根が見えてきましたヽ(´ー`)ノ岩岩していて面白そうっ。終始まったりな山だと思いきや!最後は岩場なのですね。テンション上がります。中央の滝は昇竜の滝です。ほとんど稜線に近い岩場なのに・・・一体どこからこんなにたくさんの水が染み出してくるのでしょうか!?

P6280052

ロープ、鎖・・・節度のある?岩場は楽しいですー( ´∀`)わーい

P6280053P6280048

お花の写真を撮りながらのんびり歩いて行きます。

P6280066

ニッコウキスゲもなんとかまだ咲いていた!ラッキー♪

P6280067_2

11:50夜叉ヶ池(を見下ろせる尾根)着。

イブキトラノオとアザミが咲き乱れています。雨降り前の風にそよいでさわやかです。伊吹山に近いからか・・・植生が似ている気がするのは気のせいかな?

P6280069

夜叉ヶ池はたくさんの人で賑わっていました。笑い声が響き渡っています。空はどんよりしているけど、山上の湖はなぜか明るい雰囲気です。さえぎるものが無いからでしょうか。標高を思うと不思議です。稜線なのにしっかり水をたたえて枯れないなんて・・・。

P6280070

時間が遅いので休憩せず、急いで三周ヶ岳を目指します!振り向けば夜叉ヶ池山。おぉ~なかなか立派な尾根ですねー( ´∀`)

P6280083

夜叉ヶ池を離れると、人影はほとんどなくなり・・・。

踏み跡はしっかりしているのですが

ヤブ深し!!ヽ(`Д´)ノ

背丈以上の笹が登山道を覆い、枝が体に刺さって痛いです(涙)しかも、よりによって半袖で来てしまった。厚手の長袖着用を強くお勧めします。笹に覆われて足元が見えないのですり足で進んで行きます。思うように歩けません。。。かなり神経使いました。黙々と前進あるのみ・・・。アップダウンあり、岩場あり、なかなか歩き応えがある稜線です。

P6280090

13:05三周ヶ岳山頂着!

ここから先は踏み跡すらありません。ガスガスで眺望は全くなし(;・∀・)。ブヨがぶんぶん群がってくるので虫除けスプレーを噴霧しまくって威嚇!ヽ(`Д´)ノウキー あんまりお腹は空いていなかったけど、帰り道もハードなのでおにぎりをぼそぼそと食べて休憩。ふー。

13:30三周ヶ岳山頂出発。

時折パラパラと雨が・・・。こんな笹薮でゴアのカッパを着るなんて言語道断!!モリ所有の洋服の中でも特別な高級衣料品なのです。本格的な雨になる前に帰るど!

本日も最終登山者の模様(´;ω;`)。ひとりきりで三周ヶ岳の稜線を歩いていたのでした。突入した時は文句タラタラだった笹薮ですが、慣れると悪くないです。深いです。より山に近づけた感じがします・・・。

あっ・・・人の声がする・・・と思ったら眼下に夜叉ヶ池が見えてきましたヽ(´ー`)ノ帰って来られた!あぁ~人の気配が嬉しいよ・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

夜叉ヶ池は尾根からちょっと下ります。雨降りそうだし、どうしようかな・・・と思っていたら、池から上がってきた団体さんが、監視員の人が待ってるよ?と言うので行ってみることに。

P6280101

14:30夜叉ヶ池着。

ガスガス度がさらにアップしていい感じです~。監視員の方としばし立ち話。福井側から来ているそうです。しかし、こんな天候の悪い時に、仕事とはいえ一人でぽつねんと立っているのは心細いのではないかと余計な心配をしたりしました。一人で三周ヶ岳へ向かったモリの情報は他の登山客から得ていたようです。遅くなってごめんなさい!

P6280106

団体さんに道をゆずってもらい、雨降り前に下山すべく、足早に山を後にしたのでした。

薄暗い森の中でひとり、何度も空を見上げ、辺りを見回し、森の深さに感動していました。ブナがとても美しいです。いい森だ・・・。

15:30池ノ又林道登山口着。

下山直後、雨が本格的に降り始めました。結局カッパは着ずじまい。助かりましたっヽ(´ー`)ノ洗濯が・・・ 今度はお天気がよい時に来てみたいですね♪想像以上に変化に富んだ低山で、大満足だったのでした( ´∀`)

帰りは道の駅さかうちの近くの温泉に行こうかな・・・などと思っていたのですが。どこでどう道を間違ったのか、滋賀県?に突入してしまい(汗)これ以上道を間違えたくなかったので関ヶ原から高速に乗ってしまいましたとさ・・・。次回は温泉と快晴をセットで堪能したいです(;´Д`)

クリックありがとうございます!(´∀` )

|

« クリームソーダを求めて | トップページ | 編笠山・権現岳・三ツ頭縦走① »

コメント

>いい森だ。

そう言ってもらえると、近くの人間としては我がことのように嬉しいです。
夜叉が池とそこへ行くまでの森はほんとにいい森だと僕も思います。
夜叉が池山や三周からの晴れた日の展望もいいですよ。

お勧めは、羽島ICを降りて、揖斐川の堤防道路をさかのぼることです。早いです。

投稿: bun | 2008年7月14日 (月) 23時26分

bunさんこんばんわ!

岐阜は広く、未知のお山がたくさんあります。特に西濃方面は今年の春までETCを車載していなかったのでなかなか行くことができませんでした(必殺!オール下道移動は市街地は苦しいです~coldsweats01)素敵なお山に出会うことができてこちらこそとても嬉しかったです!ありがとうございましたhappy01今度は快晴の時に訪れて眺望を楽しみたいものです。秋も素晴らしいだろうなぁ。ブナの紅葉もぜひ見てみたいです・・・!
>お勧めは、羽島ICを降りて、揖斐川の堤防道路をさかのぼることです
地元の方御用達の道ですね!考えがおよびませんでしたっ。信号なさそうだし、高速代は節約できるし、ぜひ利用してみたいと思います!rvcardash


投稿: モリ | 2008年7月15日 (火) 22時19分

この記事へのコメントは終了しました。

« クリームソーダを求めて | トップページ | 編笠山・権現岳・三ツ頭縦走① »