« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

君の瞳に・・・

日曜はひどい雨で・・・(;´Д`)

土曜のお天気は曇りのち雨。今週お山に行かなかったら、2週間ブランクができてしまいます。夏山前にこんなことではテントが担げなくなってしまう・・・そして、お家で地味にトレーニングするほどストイックに頑張れないので、雨に降られる覚悟で出かけてきました。

bunさんのレポで知った夜叉ヶ池。あの蒼い瞳のような湖面に一目惚れしてしまったのです。ガスっていてもお池目当てなら苦にならないしっ。行ってみよー♪

大垣市を抜けた辺りで雨に降られました。わかっていても登る前から雨だとテンションだだ下がりです。。。

がっ

登山口は降っていなかった!お池が呼んでるよー!ヽ(´ー`)ノ

P6280010

道中ササユリがぽつぽつ咲いていました♪今年も逢えたね!しかし、不思議です。謎です。あんなカサカサの葉っぱの中から何故こんな瑞々しいお花が咲くのでしょうか・・・。

P6280034

美しい滝がありました。これも、謎。頂上付近の滝の水は、岩しかないのに一体どこから湧いてくるのでしょうか・・・?

P6280052

よじ登る系の岩場があったり、なかなか楽しいです♪

P6280066_2

ニッコウキスゲは終りかけ。それでも思った以上に咲いていてくれて嬉しかったです。イブキトラノオが雨降り前の風にそよいでいました。

P6280069

夜叉ヶ池!(゚∀゚ )。山上の湖、なんとも言えない空気を醸し出しています。神秘的だけど、明るいです。来てよかった!こんなお天気なのに、大賑わい。笑い声が響き渡っていました。湖面をのぞくと結構透明で・・・。これも謎。もう謎だらけなお山です・・・。

12時頃に夜叉ヶ池に着き、時間に余裕があったので、三周ヶ岳を目指しました。

一言。ヤブ山!!ヽ(`Д´)ノ

事前に知っていたにもかかわらず、半袖で来ちゃったよ。バカー!(涙)

足元は踏み固められ、土が露出しているので迷う事はなさそうですが・・・両サイドから覆いかぶさる背丈以上の笹ヤブにかなり苦しみました(;´Д`)ハァハァ

あわよくば三国岳にも行こうかな~なんて来る前は思っていたけど、消耗しきって無理。時間がありあまっていても1個で十分お腹いっぱいです。植生を保護するためか・・・来る人を制限するためか・・・意図的に刈ってないような気がしました。歩きやすい年もあるんですかねー。夜叉ヶ池から山頂まで往復2時間。とってもディープな世界にひたれてよかったかも!?色々な意味で低山ながらも歩き応えのある稜線だったのでした。

P6280106

夜叉ヶ池から岐阜側の登山口までは天国のような道♪トレイルランの大会がここであるようです。とても整備されています。

ブナが美しく、ステキな森にうっとり。恍惚と下山して来たのでした。夜叉ヶ池までは色んな要素が短い距離に凝縮されていて、期待以上に素晴らしいルートで・・・。福井県側からも登ってみたいですね。

また、来よう!( ´∀`)bunさんありがとう!

クリックありがとうございます!(´∀` )

大きな地図で見る

| | コメント (4)

2008年6月24日 (火)

カッパでドーム

※山のお話ではありません。野球観戦日記です。

この土日は2日間とも雨降りでした(´・ω・`)

雨でも楽しめる場所といえば・・・

ナゴヤドームキタ━(゚∀゚)━!

というわけで、日曜日にチケット握り締めて行って来ましたっ。ラスト交流戦!

P6220003

オープン戦で通った時は撤去されていたナゴヤドーム前矢田駅のドラゴンズロード♪にぎやかですねー。たのしいですねー。ドラきち冥利につきます。写真は本日先発の中田投手。次世代のエースの素質十分な彼ですが・・・最近の調子は微妙。。。不安的中で2回表で5失点!!! ((( ;゚Д゚)))うひーシーズン終盤までになんとか立ち直ってくれるとよいのですが。去年の日本シリーズの神がかったピッチングが昨日のことのように鮮明です。心から復活を願ってやみません。

P6220001

選手のパネルの間にふざけたコアラのシールが貼ってありました。

P6220007

いや~、素晴らしいです。このセンス・・・

( ´,_ゝ`)プッ

おいおい・・・Σ(゚д゚lll)

ドラゴンズはとってもしぶーい野球をするチームなんですけど・・・

そんな球団にこんなゆるいマスコットが野放しにされているというアンバランスさが、いかにもナゴヤ的でモリのツボにはまりまくりです~(;´Д`)ハァハァ。このセンスは大名古屋ビルヂングやななちゃん人形に通ずるものがあると思う・・・多分。

P6220051

対戦相手は千葉ロッテマリーンズ。この日は千葉からMスプラッシュ(チア)とまーくんとクールが来ていましたヽ(´ー`)ノ雨が降りしきる中、山でもないのにストームクルーザー着てDステージを鑑賞。いやー。山カッパ最強です!ぜーんぜん濡れません♪生まーくんの想像以上のかわいらしさ(おっさんくささ?)にハマりそうな予感かも・・・。クールはサングラスを取って存在を猛?アピール。異常に小さな黒目が目に焼きついてしまいました(;´Д`)。こわいよ~

P6220100

ひさびさのドーム~♪もーえよドラゴンズ~

P6220128

限りなく外野席に近いので撮れた選手の写真は、キャッチボールに来る平田選手とか・・・。一度でいいからバックネット裏で見てみたいなぁ。チケット、そこらへんに落ちてないかな(;´Д`)

でっ

P6220149

ふー。なんとか勝ちましたー!ヽ(´ー`)ノ(ノ´ー`)ノ(ノ´ー)ノ

勝ち試合最高~っ♪この日は珍しく乱打戦でウッズのホームランやら平田選手のヒットやらで大盛り上がりっ。普段は山でもお酒を飲まないんですが、野球だけは特別ですー。酔っ払って、メガホン振り回して、野次飛ばして(?)ストレス発散!おっさんよりタチ悪いです( ´∀`)ぷはー

P6220137

今日のヒーローはなんと言っても横浜からトレードで中日にやって来た、小池選手。もー、鳥肌ものの活躍でした!それにしても、犠打は打てるし、チャンスに強いし、こんな素晴らしい選手がなぜ横浜の2軍に居たのでしょうか・・・?オチヤイ監督はさすがですねー。新たな職人さんを獲得したというわけです。ヒーローインタビューの後は小池コールが沸いていました。ファンのこころをわしづかみっ。モリのこころもぎゅっとつかむ試合でした~( ´∀`)がんばれー

P6220163

試合後のグリーティングでは今日もドアラに人だかりが・・・(って自分もだけど)

P6220158

なかなか器用です・・・。おとななのでサインはねだりませんよ!お子様優先ですから・・・(涙目)

P6220139

今週は金曜まで野球がないのですよね。寂しいもんです(´;ω;`)

交流戦が終わり、ペナントレースはいよいよ熾烈な戦いに突入。

今年も・・・

日本シリーズまで行くぞ~っヽ(`Д´)ノ

クリックありがとうございます!(´∀` )

| | コメント (2)

2008年6月21日 (土)

long尾根!三ノ峰。

三ノ峰(標高2128m・福井県大野市)

2008年6月1日(日)

三ノ峰は岐阜の石徹白(いとしろ)から続く白山連峰のお山の一つです。昨年赤兎山に登った時、鳩ヶ湯から見えた美しい山容に一目惚れしてしまいました(´∀` )

白山と荒島岳の名前に隠れてマイナーな印象の山ですが、どっこい!芸術的(ほとんど直登)な尾根道に激しくこころはかき乱され、これでもかというぐらい眺望は良く、なかなか歩きごたえのある(標高差1200m)大変満足なお山だったのでした。日帰りで白山山系のお花が楽しめるのも魅力ですね~♪まだ微妙に咲いてなかったけど・・・

P6010039P6010042

8:55上小池駐車場出発。

寝坊してこんなお時間に出発となってしまいました(´ヘ`;)遠いですー。福井県。ここで登山届けが出せます。駐車場はぼちぼちの混み具合。地元ナンバーの車が多いです。ここから一旦ヤマ道をちょびっと下って林道に出ます。歩き始めてすぐにお花がっヽ(´ー`)ノ

P6010044P6010046

刈込池への分岐を右手に見ながら林道をひたすら直進。前日が雨だったので川の水は濁っていたけれど、それでも青いです。普段はどんなにキレイなんだろう・・・。

P6010049

9:10小池口出発!

左手に取り付きが現れました!うーん。急だー・・・( ; ゚Д゚)

P6010052

鬱蒼とした広葉樹の林をひたひたと歩いて行きます。六本檜まではおおむね急です。ときおり平坦になるのでお花の写真を撮りながらのんびり歩きます。

P6010064P6010065P6010057P6010058

ちょうど春のお花と夏のお花の境目かな?それでもたくさん咲いていました!さすが白山のお膝元です。夏に来たらすごいことになっていそうです。残念ながら、写真は光量不足でほとんど失敗。ううっ。

P6010068

新緑がまぶしい・・・。世界が輝いています。幸せをおすそわけしてもらってホクホクです♪遺伝子レベルで体が喜んでいます。

P6010096P6010070

コイワカガミが咲き乱れていました。登山道の脇がピンクに染まっています。踏まないように気をつけなければ。

背後の眺望が良くなり始め・・・まもなく尾根な予感。そして

P6010072P6010079

10:20六本檜着!

はー。急登終了~♪これからがすごいんですけど

P6010074

ご本尊様キタ━━━━ヽ(〃▽〃  )ノ━━━━!!!

本日初めての眺望に感動!しかし・・・

まだまだ登るねぇ~・・・(´Д`lll)

ここからは大好きな尾根道だっ。気を取り直して出発です♪

P6010084

と、思いきや、再び樹林帯。ブナ林を通過します。ブナは王様です。キングです。美しい木の肌にうっとりなのでした。

樹林帯を抜け、いよいよ

P6010093

尾根に突入~っヽ(´ー`)ノ

さえぎるものはありません。三ノ峰を見据えてひたすら直進あるのみ。あんまりお山が美しいので、同じような構図の写真を撮影しまくりです(;・∀・)

と、ここらへんまでは良かったのですが。やっぱり標高差1000m越えは伊達じゃないわけです(´ヘ`;)。さえぎるものが無いというのは、日光直撃で・・・。自宅から持ってきたペットボトル。凍らせたものを朝5時に冷凍庫から出し、フェイスタオルにくるんで持ってきただけだったので、さすがに融けているだろうと思いきや

ほとんどカチコチ!飲めないよ!?(((( ;゚д゚)))

凍らせていなかったものとアミノバイタルのゼリーがまだあるけど、足りない予感。タオルは保温力抜群なのですね。水をケチりながら飲んでいたせいか、この後体が非常にだるくなってしまいました。そして、翌日、トイレの回数が異常に少なかったという・・・。まさに脱水症状。腎臓を痛めて健康を損なったらお山に行けなくなってしまいます。反省しきりです。

P6010106

最初のピーク、剣ヶ岩(右端のふくらみ)を目指して・・・これが近いようでなかなかたどり着けないんです(´ヘ`;)早くあの向こうの景色を見たいので気持ちが焦ります。

P6010113

11:10剣ヶ岩着。

立派な看板?がありました。うわー。お花がいっぱい見られるんだな~。

P6010115

そして眺望は・・・あらたなピークにしっかり視界をふさがれていたのでした( ; ゚Д゚)

この尾根、傾斜が急なのにあまりジグザグに切っておらず、ほとんど直登なのです。なかなか苦しいです(´ヘ`;)。そして、ブヨ!!!風があまりなく、虫除けスプレーを忘れたモリは格好の餌食に・・・。防ぐ手立てがありません。ワイパーのように顔前で手を動かし、ひたすら立ち止まらずに歩いていたけど、さすがに、足が動かなくなってきた。休憩しなければ・・・。

登山口からかなりの時間が経過していますが

誰にも逢ってません・・・(;・∀・)

変な時間に登り始めたからでしょうか。非常に静かな山旅です。誰もいないのをいいことに、道に座りこんで登ってきた尾根を眺めます。あっ!こんな時に限って上から人が・・・

P6010137

後ろからパチリと失礼!やっぱり人が映っていたほうがいいな。尾根の大きさがわかります。

4

うふふ。この辺り、白山の眺めがよいのです。うすら笑いでヘロヘロ歩いている姿はまさに奇行の人。誰も居なくてよかった。うっすら見えるのは剣ヶ峰?久し振りに見る白山にテンション激上がり。がんばるぞー。

P6010136

あとちょっと・・・。少し風が出てきて虫がたかってこなくなりました。う、うれしいっ。何度か頬を噛まれたけど、翌日腫れなかったのでよかったです。山の虫は怖いです。皮膚科の薬じゃないと治らないし。。。

ガレてきますが、整備されているので問題ないです。亀のような速度で進んでいました。空気薄いです・・・(*´Д`)

P6010142P6010144

12:25三ノ峰避難小屋着。

登りきると平坦な道になり、回りこんだ先には避難小屋~ヽ(´ー`)ノ(トイレ有り)お疲れ様でした!

5

小屋の向こう側には別山と三ノ峰のピークが!!キタ━━━━ヽ(・∀・*  )ノ━━━━!!!!

あぁー、やっと向こう側に来られたよー。゚(゚´Д`゚)゚。

小屋周辺にはぼちぼち人影がありました。ここまで本当に人がいなかったので・・・。静かな山旅は大好物ですが、全く無人だと心臓に毛の生えたモリでもさすがに怖いです。よかったよかった。

小屋から左手に曲がり、さらに山頂目指してとことこ登ると・・・

P6010158

6

※クリックすると拡大します

12:35三ノ峰着!

ナイスな記念写真が撮れそうな山頂ですねー(´∀` )。超至近距離に迫る別山がすごい・・・。雪にふちどられて本当に美しいです♪

8

山頂から三ノ峰避難小屋を見下ろせます。非難小屋の横には残雪がたっぷり。渡る風が雪に冷やされてびっくりするほど冷たいです。銚子ヶ峰から来た方が、二ノ峰~三ノ峰避難小屋間は雪が多く、ピッケルを持っていなかったので滑落しかけた・・・などとおっしゃっていました。そそそ、そうですかー。大変な健脚ですね。すごいです。三ノ峰山頂に荷物をデポして別山に向かった方もたくさん居るようでした。モリは時間的にも体力的にも三ノ峰単品でおなかいっぱいですけど・・・ι(´Д`υ)

7

こちらは赤兎山方面。霞んでしまいました。朝はすっきりしていたのに・・・早起きは三文の徳。早立ちした方はさらなる絶景を堪能されたことでしょう。

みかんゼリーとおにぎりを食べて、山頂でダラダラしていました♪

がっ。日差しが強烈なんですー(;・∀・)。小屋に居ればよかったかな。紫外線が怖いので退散するとします!また来年も残雪の白山たちを眺めるぞ。

13:15三ノ峰山頂出発。

P6010177

来た道を戻ります。尾根道を吸い込まれるように急降下・・・早いです。あっけないです。斜度が急なのでつま先が痛くなってしまいました(´ヘ`;)。転ばないように細心の注意を払います。

P6010170P6010174

帰り道でもお花を堪能♪いや~、もう、絶対夏に来なければ。お花で有名な山域にもかかわらず、最盛期に登ったことが一度もないんです。浮気ばっかりしてごめんなさい・・・。

P6010183_2

最後に振り返って三ノ峰。さっきまで青空だったのに、もう雲が巻いています。梅雨のはしりだったけど、なんとか晴れてくれました。神様、ありがとう!

日がかたむいて薄暗くなった樹林帯をひとりで歩いていると、自分も森の一部になったような錯覚がします。広葉樹の森が好きです。たまらなく好きです。長野県育ちなので、なじみがない植生なのですが・・・きっと太古の昔、モリはこんなところに住んでいたのでしょう。

15:40小池口着。

刈込池自然研究路というブナ林の遊歩道を当初は回る予定でした。が・・・くたびれました。体調も微妙(´ヘ`;)。ブナ林、見たかったんだけどな。まっすぐ帰ります!

15:55上小池駐車場着。

無事帰って来れました~ヽ(´ー`)ノ 冷たい沢水で手を洗いながら、充実の尾根を思い返していました。満足!

残念ながら、鳩ヶ湯は今日も時間外で入れません。ご縁があるのになかなか呼ばれない温泉です(涙)

三ノ峰総評。

雪の状況が心配でしたが、登山道に残雪はなく普通に歩けました。避難小屋周辺にはたっぷり雪があり、気温が思った以上に低かったです。まっすぐな尾根道がこのルートの醍醐味ですが、見た目以上に急で、なかなか向こう側にたどり着けず、自分でも気づかないうちに消耗していました(´ヘ`;)。この時期は気温が高いので早立ちした方がよさそうです。眺望は一級品。残雪をまとった別山は本当に美しく、素晴らしいの一言でした。また快晴をねらってぜひ行きたいものです。雪解け直後のせいか、虫がすごかった!防虫ネット買おうかなぁ・・・。

クリックありがとうございます!(´∀` )

| | コメント (5)

2008年6月18日 (水)

ひさびさのテン泊まり~ヽ(´ー`)ノ

先週末は絶好のヤマ日和でしたね♪

金曜の夜にノビのお休みが確定し、日曜に日帰り登山しか考えていなかったモリはかなり慌てました。。。引き出しがたくさんないと予定変更が難しいです(;・∀・)

連休ならばテントを張りたい!でも装備が貧相だから、あんまり高すぎるところはダメだっ。残雪が多そうな山域も却下!

かなり限られた条件下のもと、今まで行ったことがなく、かつ、上記の条件を満たすヤマ・・・というわけで

八ヶ岳南部、編笠山・権現岳・三ツ頭を1泊2日でプチ縦走してきました。

P6140119

1日目は編笠山のふもと、青年小屋でテン泊。下界の気温がかなり上昇したせいか、眺望は霞んでいました。ちんたら歩いていたにもかかわらず、3時間でテン場に到着!(普通の方なら余裕で3時間切ると思います)あぁ~ラクちん。八ヶ岳万歳っヽ(´ー`)ノ

編笠山頂上は携帯の電波状況が良く、ネットを見ていたら、この日デイゲームのドラゴンズ。9回裏、守護神岩瀬が炎上してサヨナラ負けする瞬間をまんまと目撃~!!

山でネットはもうしません!!!ヽ(`Д´)ノ

P6140152

夕暮れ直前にガスが晴れ、空がすっきりしてきました。明日のお天気も期待できるかな??

P6150192

2日目。下界は全てガスの下。雲の上にはカッキリした輪郭の山々がそびえていました。まるでペンキ絵のよう・・・。不自然で遠近感がおかしくなってきます。

P6150217

モリより岩場が苦手なノビ。なかなか通過できません(;・∀・)。写真だと怖そうですが、歩くとそうでもないんです。たぶん・・・。

P6150259_2 

今度赤岳へキレット越えをしようね!と言ってみたところ、即却下されました。えぇ~・・・。

P6150269

昨年の秋の山旅から半年。再び雲の上に戻って来る事ができました。高いお山のこの感じ。鳥肌立ちます。今年はどこに行こうかな。どんな景色と出逢えるかな。

P6150288

果てなき野望を胸に・・・。ケガしないように。誰かに心配を掛けないように。富士山、今年もどうかよろしくお願いしますね♪

夜間の冷え込みが心配だった6月のテン泊。ダウンハガー♯3&タイツ&ババシャツの重ね着で就寝したのですが、カイロの出番はありませんでした。暖かくなりましたねー。でもっ。別の問題が急浮上。エアライズ2で荷物を中に入れたまま2名で寝るのは無理です。寝返りできんがや!!って感じです。熟睡できません。前はこんなじゃなかった気がするんだけど・・・ふ、太ったか??(;´Д`)ハァハァ

登山道は一部残雪があるものの、アイゼンがいるとかそういうレベルではなく、ほとんど夏道でした。南アは白いのに、八ヶ岳は黒々としています。近いのに全然違いますね。※あくまでも今年の状況です。

12時に下山して帰りもゆったりまったりだったのでした。短いアプローチで簡単に高所に立てるし、6月なのにもう小屋は営業しているし、山頂付近は高度感あるし、本当にいいお山でしたっ( ´∀`)

今週末はようやく梅雨空な模様。この日の空をこころに刻んで梅雨を乗り切るぞ~(´;ω;`)

クリックありがとうございます!(´∀` )

| | コメント (10)

2008年6月14日 (土)

すっかり

すっかり

こちらは夏山の様相です!(たぶん)明日も晴れるかな…

| | コメント (0)

2008年6月12日 (木)

石仏がいっぱい。風越山。

ついこの前まで4月だったのに~ι(´Д`υ)

風越山(長野県飯田市 標高1535m)

2008年4月29日(火)

先日遊びに行った時、ノビ車のダッシュボードに財布を置き忘れていました。仕事を抜け出して来てくれたノビから財布を受け取り、大急ぎで高速へGO!現金が無くてもお財布携帯で生きていけるけど・・・ETCカードがないと高速に乗れません(;´Д`)。祝日出勤なのに、本当にスミマセンでした・・・。

9時半頃に飯田市街に入りました。ガイドブックを見て、えーっと、えーっと・・・

「中央自動車道・飯田ICを下り飯田IC東の信号を左折。高速道路をくぐり、R153を右折する。飯田市内に入り太平峠の道標に従い左折する。再び高速道路をくぐり高速道路沿いの道を右折・・・・・・・・」

ぜんっぜん!!わかんねーヽ(`Д´)ノ

インター出た時点で飯田IC東の信号を右折しちゃってるし・・・。適当に山を見ながら進む事にしました。太平峠に向かう、県道8号線を目指し、名水100選猿庫の水まで行ったら行き過ぎです。猿庫の水のだいぶ手前に山にへばりつく住宅地があるのでそこまで来たら地元の方に道を訊くのが間違いないかもです。登山口(滝の沢ルート)に向かう道路は住宅地の中にあるのでかなりわかりづらいです。

10:15滝の沢ルート登山口出発。

あぁ~またしてもこんな時間になってしまった・・・(;・∀・)

風越山には4つ登山口があるそうです。そのうちのひとつ、滝の沢ルートで今回は登ります。林道終点が登山口ですが、そのちょっと手前に車が3台ぐらい停められるスペースがあり、どこまで入って行けるかわからなかったのでそこに車を停めました。結果的にあまり林道歩きをしなくて良かったので助かりました。

P4290002

空気が乾いてとても爽やかです♪

P4290003P4290001

ヤマブキが咲き乱れていました。マムシソウは・・・嫌いじゃないかも。カタチが楽しいです。

林道終点の右手に登山道があります。ここからジグザグ登りです。

P4290010_3 

道中、解説プレートが至るところにあり、この道を管理している地元の方がとてもこの山を大切にしている思いが伝わる気がしました。読みがてら休憩なのです( ´∀`)

P4290094

10:25石灯籠通過。

神社の境内にあるような大変立派な石灯籠が設置されていました。ここから他の登山口と合流して道の整備具合がさらに良くなります。

P4290018P4290028

風化して角が丸くなった石仏が道中たっくさん!!ありました。いつからそこに居たのでしょうか・・・?

P4290087

ツツジは終わりかけ。まだ咲いていてくれてありがとー♪

1

11:05虚空蔵山(1103m)着。

うーん・・・南アは全然見えません(゚Д゚;)

晴れていたのですが、全ては春霞の中。東屋があり、のんびりできそうな絶好の展望台です。1時間弱で来られるし、積雪期に南アの眺望を楽しむのにいいかも・・・。

P4290027

こんな看板がありましたが、何がベニマンサクなのかさっぱりわからず・・・残念です(´ヘ`;)

P4290029

ふかふかで、歩きやすく変化のない道が延々と続きます。傾斜はゆるそうに見えるのですが、下山時に意外としっかり登っていた事に気がつきました。こういう亡羊とした道はペースがわからなくなり、ぐったり疲れる傾向がι(´Д`υ)

P4290030

どすこい弓矢発見!!∑(゜∀゜)背丈の3倍ぐらいあります。何を祭っているのでしょうか・・・??

P4290032_2

今庫の泉からの登山道と合流し、尾根に出ましたヽ(´ー`)ノ

P4290033

左手前方には山頂らしき物体が・・・一番左のほっこりしたふくらみが山頂です♪

2

再び展望台がありました。空気が澄んでいたら素晴らしいでしょうねー。

P4290036

突然鳥居が現れます。山と神社はよくある組み合わせなのですが・・・。歩き出して1時間半経過しているのです。なかなか山奥なのです。いい感じに風化して自然と同化しています。ボロボロなのに、なんだかとても美しいです。

P4290037

そして、進めば進むほど激しさを増す信仰の形たち。この岩はモリの2倍以上の背丈があります。でかいっ。

P4290041

岩棚にひっそりたたずむ石仏さん・・・

なんか、なんか、

すごーく不思議な気持ちになってきました。

P4290039

石段です。しつこく言いますが、ここは登山口から1時間半ほどまともに登った山奥なのです。一体誰が、どんだけ苦労をしてこの石段を築いたのでしょうか??遺跡というか化石?というか。まさにラビリンス。ディープです。本当にディープです(;´∀`)

P4290044

かつては水平だったであろう、今はあっちこっちに傾いた石段を登りきると・・・

P4290045

11:55白山神社奥宮着。

P4290046

国指定の重要文化財だそうです。本殿は近年塗り替えられたのか朱色がキレイでした。でも、モリは風化した山門の方が好きです。

不思議な空気にすっかり呑まれてしまいました。現代美術館のツアーをしているような・・・。すごいお山です。今まで登ったどの山にも空気が似ていません!

お守りはさすがに売っていませんでしたが(巫女さんも居ません)絵馬を掛けられる看板がありました。

ここからちょびっと下ります。下りながら右手をなんとなく見ると・・・

P4290067

イワウチワ発見!キタ━━━━ヽ(・∀・*  )ノ━━━━!!!!

P4290060

白山神社奥宮直下の斜面の一部のみ、イワウチワが自生しているようです。わーい。近場でイワウチワが見られる山ということで、今回はここに来たので、感慨ひとしおです♪これからがピークなのか、もう終わりかけなのかわかりませんが、ぼちぼち・・・という様子で咲いていました。

P4290051

唯一の難所・・・かな?木の根っこをつかんで岩場をよじ登ります。掴むところがいっぱいあるのでモリでも登れます。よかった(´ヘ`;)

ほとんど平らな尾根をとてとて歩くと・・・

P4290054

12:15風越山山頂着!

木々に囲まれて眺望はありません・・・(;・∀・)

山頂はぼちぼち広いです。日が遮られ、ちょっと寒いぐらい。お湯を沸かしてカップラで温まります。

展望が悪いから早く出発しようかなぁと思いつつ、本質的にナマケモノなので結局1時間近くもダラダラしてしまいました。。。さぁいい加減行こうか・・・渋滞につかまるしっ(´ヘ`;)

13:00風越山山頂出発。

来た道を戻ります。再びイワウチワ群落にハマり、撮影に余念がありません。モリの腕では図鑑以下の写真しか撮れないんですけど・・・それでも何十枚と撮らせてしまうお花の吸引力。カタチが不思議で不思議で、角度を変え、構図を変え、撮っても撮っても満足できないです。デジイチほんとに欲しいんですけど・・・ねぇ?ノビ。

帰りは虚空蔵山を通らず、延命水方面を通って帰りました。

P4290085

あんまり出がよくないけど、頑張れば採取できそう。手を洗ってちょっとすっきり~♪

P4290088

傾いた日差しに新緑が輝いて、とても美しかったです。緑のトンネルをくぐりながら、しゅわしゅわーっと音を立てて何かが抜けて行くのでした。朝、お財布が見つからなかった時はもう止めようかなと思ったけど、やっぱり来てよかった!山はイイ!(´∀` )

14:30滝の沢ルート登山口着!

なんとかまともな時間帯に帰って来る事ができましたヽ(´ー`)ノ

P4290102

飯田市街から風越山を望みます。あんまりしっかり見えるので、運転しながら何度も振り返ってしまいました。。。山頂付近のアップダウンが生々しいなぁ。確かにあそこを歩いたよ・・・。いつも思うことですが、下ってしまうと山は本当に遠く、せつないです。そして、この山はその独特の世界観?により、特にそう感じました。下界との空気が違いすぎです。色んな意味でとても面白いお山でした!

youtubeに映像作家、吉野和彦氏による風越山の動画があります。バーチャル登山です。見ながら山行を思い出してしっとりしてしまいました。すごく臨場感があります。近場の低山でこのような映像があるというのはとても嬉しいです♪

クリックありがとうございます!(´∀` )

| | コメント (0)

2008年6月10日 (火)

エデンの園で。籾糠山。

先週、快晴だった土曜日は仕事で・・・(´;ω;`)

日曜日のお天気は雨ときどき曇りぐらい。どうしようか~?金券ショップでチケット買って野球でも見に行こうか~??ノムさん(楽天戦)見られるしねー・・・なんて、金曜日あたりは言っていたのですが。

土曜日。予報は微妙に好転していました。特に北陸方面はこっちよりイイ!(゚∀゚ )

曇っていても楽しめるお山と言えば

籾糠山!キタ━(゚∀゚)━!

P6080240

三週連続156号を走りますた。。。気になるあいつはなんとかまだ咲いていた!わーいわーいヽ(´ー`)ノ

P6080044

ミズバショウは8割がた終わり。白い花びらは落ちて葉っぱが大根葉のように、わっさーっと育っていました。これはこれで見ごたえあるかもです。元気いっぱい♪

P6080077

そして・・・何よりも素晴らしかったのはニリンソウの群落でした!

P6080050

もう

P6080066

もう

P6080059

もう

P6080061

もうっtaurus

アホみたいにニリンソウの写真を撮りまくってしまいました・・・(;´Д`)。こんなにたくさん咲いているところを見たのは初めてです!あたり一面ニリンソウのお花畑。鮮やかな緑と白い小花の応酬に言葉も無く・・・。エデンとはこんなところなのでしょうか。うむ。ちゃんと天国に行けるよう、ノビにやさしくしなければ。

P6080089

植物に詳しい方から緑ニリンソウの存在を教えてもらいました。その後、ちょっと探せば出て来る出て来る・・・!中には完全に緑の花びらも。

P6080100

スケールの大きなブナ林・・・。

毒が抜けていきます( ´∀`)はぁ~・・・

P6080114_2

秋に来た時は通らなかった籾糠山登山道を歩きました。カツラの大木!天まで届け~ヽ(´ー`)ノ古い枝の造形が本当に美しいです。宮崎アニメに出てきそうです♪

トレーニングがてら山頂にも一応行きましたが

山頂は完全にオマケでした・・・(;・∀・)ガスガスで眺望無し。

山頂の方まで行くとちょっと季節が逆戻り。今は湿原周辺が一番輝いているかな?

あんまり語ると口から緑がこぼれてしまいそうで。写真を眺めながらこころは夢の中です。暗いです。ふふふ・・・( ´∀`)

クリックありがとうございます!(´∀` )

| | コメント (2)

2008年6月 4日 (水)

梅雨入前に眺望を!三ノ峰

梅雨になってしまいました・・・(´ヘ`;)

今年の梅雨も長いとか!(ノ ゚Д゚)ノここ数年、梅雨明けのド快晴に巡り合っていないです。梅雨明け10日の快晴神話はどこに行ってしまったのでしょうか。昨年は連休を7末に取って失敗してしまったので、今年は8月に取ろうかと目論んでいます。こんな気候なのは温暖化の影響?うーん・・・。

でっ。

こんどこそヤマっ!!と思い。

日曜日は快晴の予報。籾糠山はブナ林が素晴らしいけど・・・ミズバショウも見られるけど・・・梅雨に入る前に、どかーんと眺望の良い山に行きたいなぁ。でも広葉樹の新緑も楽しみたいな・・・。

そんなわがままを聞いてくれる山があったんです~ヽ(´ー`)ノ

まいどおなじみ156号をひた走り・・・中部縦貫道をくぐり抜け、向かった先は

P6010074

三ノ峰~♪

名前は大変地味なお山なんですけど・・・。これが非常に良い山でした!あたりっヽ(´ー`)ノ

P6010099

正面に三ノ峰を見据えて長大な尾根をひたすら歩きます!うわーいヽ(´ー`)ノ

P6010137

振り向けばこんな感じ・・・ロングロング尾根!正面に昨年の秋に登った赤兎山が見えています。今日はこっち側だ~♪

P6010132

左手には白山がチラ見えしてます。

P6010168

三ノ峰避難小屋脇には雪がたっぷり♪雪に冷やされた風はびっくりするぐらい冷たいです。銚子ヶ峰から来た方は、二ノ峰~三ノ峰間は残雪が多く、ピッケルが無いとちょっと・・・と言っていました。上小池~三ノ峰の登山道には雪はありませんでした。

P6010159

山頂からは別山がどどーんと見えます!後ろには青く霞んだ白山が~っキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

三ノ峰は白山連峰の一つで、銚子ヶ峰~一ノ峰~二ノ峰~三ノ峰~別山~白山といつか縦走するのがモリの淡い夢です。2泊3日なら余裕だけど・・・1泊2日の場合コースタイム10時間越え!南竜ヶ馬場にテントを張って別山と白山をピストンするのも魅力的だな~とか、すでに逃げ腰・・・(;・∀・)昔、銚子ヶ峰に登った帰りに出会った白山から縦走して来た方が

別山はいいよ~!(´∀` )遠い目

と言っていたのが数年経った今でも心に引っかかっています。夏はニッコウキスゲが咲き乱れ、お花天国で素晴らしいそうですね。

三ノ峰から別山へピストンする方も多かったですが、別山まで登れば、なーんと標高差1500m♪累積標高差は2000m弱?1ヶ月ぶりの山ですから!あっさり却下してダラダラと三ノ峰単品をピストンなのでした。。。別山・・・今年こそきっと行きますよ!?ピストンかもだけど・・・

クリックありがとうございます!(´∀` )


| | コメント (6)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »