« まだまだお花見。 | トップページ | お花てんこ盛り。船伏山。 »

2008年4月28日 (月)

福寿草を見に。藤原岳。

前日の大日ヶ岳はこちらです(´∀` )

藤原岳(三百名山・標高1140m 三重県いなべ市)

2008年4月6日(日)

上記の標高は展望台の標高です。

久しぶりに頑張って早起きをして、高速に乗りました。本日の標高差は1000m弱・・・まともな山に登るのは・・・いつが最後だったんだろう♪一抹の不安を抱えながら、車は三重県に突入です。

裏登山道の聖宝寺から登り、展望台と天狗岩を回って表登山道経由で下山します。有料の駐車場(300円)に車を止め(後でわかりましたが表登山道側にある駐車場は無料だったそうです)支度をしていると・・・観光バスがやってきた!((( ;゚Д゚)))うわさには聞いていたけれど、今日も人出はすごそうな予感・・・。

8:30聖宝寺ルート(裏登山道)登山口出発。

P4060106

お寺の階段で標高を稼ぎます。ご教訓看板が等間隔で立っていました。朝から現実を突きつけられ、びびる2名(;・∀・)

P4060107

ニジマスの養殖池がありました。桜が満開です♪平坦な盆地に突如そそり立つ鈴鹿のお山は岐阜の低山には見られない威圧感があります。この壁を越えて行くのですね・・・。

P4060110

早速お花が咲き乱れていました。

P4060112

道は途中で通行止めになりました。迂回道があるので大丈夫そうです。

ここから一旦ちょびっと下って・・・後はひたすらアップアップアップ!なのですヽ(`Д´)ノ

P4060116

人工的な樹林帯をひたすらジグザグ登ります。道は良く整備され、歩きやすいです。やっぱり見た目通り急です。あの壁の向こう側に絶対行ってやる~っヽ(`Д´)ノ

9:30五合目着。

登り始めてまだ1時間しか経過していないにもかかわらず、単調な登りにすっかり飽きてしまいました(;´Д`)。こんな事では南アの山々なんて無理なのでは?不甲斐ない自分にあきれつつ・・・10分程ダラダラ休憩。ここまで福寿草は一輪もありません。見られるのか不安になってきました。

P4060122

五合目を過ぎて、しばらく登ると、林の様子が変わってきました!自然林ですヽ(´ー`)ノまばらな木々の隙間から藤原町方面が見下ろせます。こうでなくっちゃ~!

P4060124

六合目付近は傾斜がまったりしています。天国ーっ♪

P4060125

そして見えてしまった山頂方面。まったりしてる場合じゃないよ!!((( ;゚Д゚)))

P4060129

石灰岩が露出した、脆くて細い道を進みます・・・。変化が出てきて楽しいですが、人が多いので離合が困難な感じです(;・∀・)。そして対岸の斜面には福寿草がぽつぽつと出現!登山道側は日当たりの関係か、咲いていませんでした(´・ω・`)

七合目を過ぎ、8合目付近では・・・

P4060137

満開キタ━(゚∀゚)━!

P4060139

思った以上にたくさん咲いています!!すごいです。群落です。福寿草と言えば実家の庭で一番最初に咲くお花で・・・めずらしい花ではないのですが、こうしてたくさん咲いているところを見るのは初めてなので圧倒されました。わーい♪

12

そしてこの辺りはいなべ市方面の見晴らしがよいのです♪疲労し始めた体に喝!!野球トークも盛り上がり、アドレナリン全開でラストスパートですっヽ(`Д´)ノ

P4060149

なーんて・・・。九合目からが遠かったですね~(;´Д`)頑張れません。。。小屋の手前は団体さんにつかまり、渋滞でした。

11:00藤原小屋着。

小屋周辺は人・人・人・・・。トイレはあるけど、ここで大休憩はちょっとつらい?地図を広げ・・・展望台に行くか、天狗岩に行くか協議しました。眺望の良いところでお昼にしたいという事で、展望台に決定!

P4060151

こんもり見えるピークが展望台です。まだ歩くのー?という顔をノビはしてましたが・・・。ふふふ。モリは知っているぞ。こういうのは取り付くとそんなに急じゃないし遠くもないのだ!(たぶん)

P4060154

背丈ほどもある笹の中を進みます。一部ドロドロですが、だいたい乾いていました。雪があるかと思って履いて来たスパッツが暑苦しいです。頂上に着いたら脱ごう・・・。

P4060169

11:15展望台着。

一般的にはここを藤原岳の山頂とするそうです♪着いた!!おなかすいた~(;´Д`)

8

うっすら御在所岳などが見えていました。御池岳が気になります。縦走してみたいなぁ・・・。

10

いなべ市方面です。霞んでいるのが残念です。下から見上げた時は想像できなかった雄大な眺めです。空気が澄んでいれば御嶽なども見えるようですが・・・今日は遠方の山々は全て春霞の中。福寿草が見られたので良しとします!

展望台もすごい人です。ザックが転がり落ちそうな斜面に寄りかかり、なんとか居場所を確保しました。お湯を沸かしてカップラを食します。日差しが暑いです。春の強烈な紫外線におののき、手袋をはめたまま箸を持っていました(;・∀・)

12:30展望台出発!

結局1時間以上ダラダラしてしまいました(;´Д`)。

P4060180

藤原小屋に戻りながら、天狗岩を眺める・・・。下山が遅くなるけど、日が長くなったし、大丈夫・・・。何よりも混雑する時間帯を外したい!というわけで、天狗岩にも行ってみることにしました。

P4060184

若干混雑が緩和された藤原小屋の横を通過し、天狗岩を目指します。ちょびっと歩いてみて、こっちに来たのは正解だったと痛感。なんて広々とした気持ちのいい高原なんだろう・・・♪石灰岩が点在し、不思議な景観を演出しています。学生時代に旅した山口県の秋吉台の風景が頭をよぎりました。壁の向こう側にある想像のつかない風景。これです。これっ( ´∀`)

ガイドブックだと天狗岩に至る道沿いの福寿草が見事だ・・・と書いてあったのですが、まだちょっと早かったようで、下の方がたくさん咲いていたような印象でした。道が不明瞭なところがあり、何度か外れてしまいました。福寿草の芽を踏んでしまいそうになり、冷や冷やです(;´Д`)

P4060194

一部雪が出現しました。スパッツ外したばっかりなのにー(;´Д`)

気持ちのよい自然林の中、ゆるいアップダウンを楽しく歩くと・・・

P4060203

13:15天狗岩(標高1171m)着!

登ってきたおじさんが、ここが藤原岳の最高点だと言っていました。写真は1165mとなっていますが、別の看板には1171mと書いてありました。どっちが正しいのか不明です(;・∀・)

11

さっき居た展望台がよく見えます♪眺望は展望台の方が良いですね。

さて・・・いつもの事ですが、時間がすっかり遅くなってしまいました。帰りますよー!ヽ(`Д´)ノ

P4060207

今回のお目当ては福寿草だったけど、モリ的にはこの高原がヒットかな。また来たいな・・・でもこれからはヒルが出るそうで・・・うーん。

13:45藤原小屋通過。

怒涛の下り開始デスヽ(`Д´)ノ

八合目から表コースの分岐に入り、ひたすら下る下る・・・。途中で登山道に挿してあった中日新聞の旗(マラソンの沿道でよく振られるアレです)を回収している方が、誰かに今日のツアーは120人でした・・・と言ってました!((( ;゚Д゚)))ツアーと言っても、完全に間延びして、ソロで来ている方々と見分けはつきません。120人の団体さんを追い越すなんて、想像を絶しますね~。どうりで混んでいたわけだ・・・。

P4060221

シャクナゲの木が固いつぼみをつけていました。表コースの方が幅広で、さらに歩きやすい印象の道です。途中で地図には記載されていない二股の分岐があり、慌てて地図とコンパスを出したら、後ろから歩いて来た方が、どっちも同じ道になるけど左の方が巻かないでまっすぐ下るよ~と言ってくれました。迷わず左の道を選択です。

三合目・・・二合目・・・と数えながら一気に下り・・・

15:00表コース登山口(神武神社)着!

大きな休憩舎があり、たくさんの人が休んでいました。下山でくたびれた足にアスファルトの道はしんどいですが・・・まだまだ車の回収があるのです(;´Д`)

P4060226

満開の桜を楽しみながら歩きました♪周辺の風景も含めて里山は良いですね~。

15:20駐車場着。

おつかれさまでした~っ( ´∀`)

朝居た駐車場のおじさんはいませんでした。長机に放置されたお金・・・どろぼうされちゃいますよー!車はほとんど残っていませんでしたが、観光バスが1台、お客さんの帰りを待っていました。花の時期は人出がすごいと聞いていたけれど。

マジすごかったです!!ヽ(`Д´)ノ

P4060234

帰り道。藤原岳方面を眺めながら農道をのんびり走ってみました。平野にぽっこり現れる壁。その向こう側にはなんとも言えない不思議な空間が広がっていました。紅葉も美しいのでしょうか・・・?またぜひ訪れてみたいです( ´∀`)

藤原岳総評。

評判以上の福寿草の群落にとっても感激しましたっ( ´∀`)広範囲にわたって点在していたので、長く楽しめていい感じです♪山頂付近の石灰岩が露出した雄大な風景はご近所の低山では見られない景観で、とても新鮮でした。早立ちすると、登ってくる人々に道を譲るのに長時間待たされるので(登る時にたくさん譲って頂きました。すみません!この時期限定だと思いますが・・・)出発遅めの方がいいかもな・・・と思いました。

クリックありがとうございます!(´∀` )

|

« まだまだお花見。 | トップページ | お花てんこ盛り。船伏山。 »

コメント

モリさん、おはよう御座います!
藤原岳のレポ拝見させて頂ました。オヤ爺は今年2月の積雪期に行った藤原岳とオーバーラップさせながら・・・季節の移り変わりの速さを感じます。

藤原小屋から展望台までは背丈ほどもある笹なんですね。2月は全て雪の下、スノーシューで歩きましたのでそんなに笹があるとは・・そんなに積雪があったとは知りませんでした。
天狗岩までは行けませんでしたが、石灰岩が点在する高原って言う感じでしょうか?
昨日、お隣の御池岳・鈴北岳を歩いてきましたが、広々とした高原をとても気持ちのいい歩きが出来ました。
きっと天狗岩までのルートもそんな感じなのかなぁと勝手に想像しています。
オヤ爺は残念ながら福寿草を見ることが出来ませんでした。
また来年トライしよぅ~と。

投稿: オヤ爺 | 2008年4月29日 (火) 08時04分

オヤ爺さんこんばんわ~♪

>季節の移り変わりの速さを感じます
本当ですね!あんなに雪があったのに、数ヶ月で緑色になっているなんて・・・。あのまったりした大地をスノーシューで歩けたなんて、とっても羨ましいです(´ρ`)でも、標高差1000m&雪山は今の私には体力的に厳しいなーっ。いつかきっと・・・shine
今回の鈴鹿は御池岳だったんですね!地図に記された日本庭園の四文字が非常に気になっています。やっぱり広々としているんですねhappy02苔むしている感じではなかったでしょうか?天狗岩周辺より素晴らしい場所だと妄想していますcoldsweats01どんな庭園なのでしょうか・・・。あとでレポを拝見させて頂きたいと思いますhappy01
レポを書きながらしぶーいお山に行きたい気分になって、今日は風越山に行っていました♪頂上付近のブナが芽吹くのはGW明けぐらいでしょうか・・・。早くブナの新緑を浴びたいなぁと思う今日この頃ですheart04

投稿: モリ | 2008年4月29日 (火) 23時43分

この記事へのコメントは終了しました。

« まだまだお花見。 | トップページ | お花てんこ盛り。船伏山。 »