« 見晴らし良好。納古山 | トップページ | 鳳凰三山・早川尾根縦走!① »

2007年12月22日 (土)

笹野原はさえぎるものなし。南沢山・横川山

南沢山・横川山(長野県阿智村 標高1564m・1619m)

2007年5月20日(日)

園原インターからの場合、インターを降りてR256を南木曽方面に向かいます。下道で来るなら、R19を飯田方面に曲がり、R256をぐねぐね走るとそのうち標識があります(ざっくりです)

阿智村ふるさと自然園の敷地内から登山道に入ります。車を自然園に乗り入れて、登山者用駐車場に停めました。すぐ近くにキレイな水洗トイレと自販機があります。

Minami17

10:35ふるさと自然園登山口出発。

看板がぶっ倒れてますが(;´Д`)

登山口は少しわかりにくいです。倒れた看板から芝生の上の薄い踏み跡をたどって、左手の山に取り付きます。

Minami

登山口方面を振り返るとこんなかんじ。なんとなく踏み跡があります。

ここからしばらく急登です。間にまったり登りも入るのですが、スロースターターなので出だしの急登はしんどいです(;´Д`)ハァハァ

途中、左手に曲がる道と、直進する道が出てきますが、直進せずに、左に曲がります。

Minami1

ここまで来れば、あとはだらだら道です!

微妙なアップダウンがありますが、まぁ良心的な方で・・・。

Minami3

5月なので新緑が大変美しかったです。

Minami4

巨岩がありました。

Minami2

まったり道をきょろきょろしながらてくてく歩きます。

左手の展望がよくなってきたら、山頂はすぐそこ!

Minami5

12:15南沢山山頂着。

山頂は意外と賑わっていました(写真は下山時に撮影したものなので人がいません)。昼時なのでカップラを作っていましたね。みんな考えることは同じですね(´∀` )

御嶽がちょびっと見えましたが、この先の展望のよさはリサーチ済みなので、ここでは休憩せずに先に進みます。

Minami6

さえぎるものがありません。笹野原をまったりまったり歩きます。

Minami7

右手に飯田方面が望めます。稜線歩き最高!たいしてがんばっていないのにこの展望。素敵ですー( ´∀`)

Minami8

横川山手前でぐぐーっと急登します。来た道を振り返るとこんな感じ↑笹野原歩きのおいしさが伝わるでしょうか・・・?スキップしたくなるくらいのステキな道です♪

Minami9

12:40横川山山頂着。

狭い山頂です。三角点に座ってカップラの準備!

Minami11

御嶽がどどーんとそびえています!キタ━━━━ヽ(・∀・*  )ノ━━━━!!!!

Minami19

恵那山がでかい!

003 

Minami21

もちろん中央アルプスも。

Minami12_2 

南アもずらずらずら~っと確認できます!

Minami20_2

この日は、5月なのに、空気がとても澄んで冷たかったです。絶好の山日和♪春らしくない、真っ青な空にテンション上がりまくりです。春山は霞んでいる事が多いですが、この日はたまたま湿度の低い、冷たい空気が支配していたようです。絶景を堪能しながら、カップラを味わいました(箸を忘れたので笹の枝をちぎって利用。)

時間が遅いので山頂は富士見台からやって来た単独行の方一名のみ。静かな山旅です。名残惜しい山頂です・・・遅くなるとR19の渋滞にはまってしまうので、ぼちぼち下山にとりかかります。ここまで展望いいと思いませんでした。大満足!また来るぞ!!

13:50下山開始。

来た道をさくさくと歩きます。人の姿が全くありません(またしても最終下山者!?)。富士見台への縦走ルートが大変気になります。今度は富士見台も往復したいですね・・・。

Minami14

南沢山の山頂直下には、ショウジョウバカマがたくさん咲いていました。残念ながら、イチワウチワ群落は、完全に花が終っており、一輪も見つけることができませんでした。

Minami15

日が傾いて、ますます新緑が美しかったです。

沢沿いの遊歩道を使って下山するルートもありますが、道が荒れているという情報があり、車を回収するのもめんどくさいので、普通に来た道を戻りました。

とってもとっても癒される山旅で・・・。

15:10ふるさと自然園登山口着。

Minami18

南沢山・横川山総評。

山のおいしい部分がお手軽に濃縮されている感じでした( ´∀`)

真っ白になったらもっともっと素敵なんだろうなぁと、妄想登山・・・。登山口までそんなに山道ではないので、2駆の車でもたどりつけるかな?JAFにご迷惑をお掛けしないように気をつけます・・・(;´Д`)

レッツゴー!

|

« 見晴らし良好。納古山 | トップページ | 鳳凰三山・早川尾根縦走!① »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。