« 紅葉三昧!赤兎山① | トップページ | 30分で・・・弥勒山 »

2007年11月10日 (土)

紅葉三昧!赤兎山②

前編はこちらです♪

赤兎山(あかうさぎやま 鳩ヶ湯コース)

標高1629m 福井県大野市 2007年10月28日(日)

黄金色のステキな道を放心状態でなんとかくぐり抜け、再び登山に復帰しましたっ!\(`・ω・´)

しばし、まったり道とお別れをして、急登地帯に突入です。

Pa280372

樹林の隙間から伺える空が、もうじき尾根に出る事を予感させます。大好きな尾根歩きに近づけると思えば急登は苦になりません♪道は崩れかけているけど、一応階段状に整備されているので問題なく歩けました。

Pa280376

しかし、この辺りの黄葉も素晴らしいのです・・・!まるでお星様のよう♪

Pa280378

黙々と歩き、

Pa280379

飽きれば、こずえを見上げる・・・。

崇高です。果てしなく高い空。この空は宇宙まで繋がっているのですね。日々の雑多なできごとなんて、ここでは小さなもんですヽ(`Д´)ノ

Pa280383

急登が終ると、尾根に出ました( ´∀`)

空の面積は広くなったものの、木が茂っているので眺望はあまりないです。道の傾斜は非常にゆるく、ほとんど平らな部分も。さくさく歩けて楽しい!

Pa280390

艶やかです・・・!

Pa280392

徹底的に行く手を阻まれます。進めません!ヽ(`Д´)ノ

Pa280393

あんまり登っている感じはありませんでしたが、それでも標高が上がってきたのか、この辺りのブナ林は黄葉が終りかけていました。葉が落ちてもなお美しい森ですね。全て落ちれば、空が明るくなって、それもまた素敵なんだろうなぁと思ったり・・・。

Pa280396

11:20 ついに来た!!(゚∀゚ )ウサギちゃん登場!!!

ここまで山頂の眺望はほとんど無く・・・(;・∀・)。最後の最後でようやくご本尊様登場です。名前通りの、ほのぼのとした山容に気持ちもほんわかですーヽ(´ー`)ノ

Pa280400

・・・やわらかい山容とはうらはらに、最後は急登でシメなのであった。うう(;´Д`)。おなか空いたよ~。くたびれてきました・・・。笹薮の中、ひたすら足元を見てダラダラ登り・・・

Pa280423

11:40赤兎山山頂着!!

白山こんにちわ~(∩´∀`)∩

2

※クリックすると拡大します

雲ひとつかかってません!白山から銚子ヶ峰まで続く山並みをどどーんと一望!(゚∀゚ )

Pa280426

避難小屋がかわいい~( ´∀`)

Pa280415

3

※クリックすると拡大します

白山の反対側は、経ヶ岳と荒島岳。山頂直下の木々は葉が落ちてしまっていたけれど、見回せばまだまだ紅葉が残っていますね。

山頂は、小原峠側から登ってきた方々でごった返していました。今まで人間より獣の人口密度の方が高そうな地帯をひたひた歩いてきたので、ギャップにびっくり。本当に展望の素晴らしい山です!白山の近いこと近いこと・・・。こんな眺望が1時間半の歩行で楽しめるなんて。そりゃー人だらけにもなるというものです(´∀`;)

Pa280405

白山に雪は見当たりませんでしたが、白山連峰の脇から、御嶽のような雪化粧の山がひょっこりと顔を出していて・・・。あんまり近くにくっきり見えたので、御嶽じゃないでしょー!?なんて言っていたのですが、山容といい、方角といい、御嶽しかあり得ないのです。空気が澄んでいたのでしょうか?本当に近くに見えてびっくりでした!

Pa280413

本日のカップラは、金ちゃんのカレー味ですヽ(´ー`)ノ

山頂はぽかぽかしていて暑いぐらい。先週とは大違いです。絶景を眺めながら、ランチタイムを満喫♪しかし、見れば見るほど、今年白山に登らなかった事が悔やまれます。縦走したいよ~。

展望はすごいのですが、山は静かに楽しむのがやっぱり好きかなー。喧騒を離れて、再び錦秋の淵をさすらいましょう。

Pa280430

12:45下山開始!

Pa280431

来た道を戻ります。早くも日が傾いてきました。一部、道が細く、踏み抜きが怖い所もありましたが、全体的には、ながーい水平移動中心な危険箇所の少ない道です。三方崩山に比べれば相当気が楽!去り行く景色を惜しみながらゆっくりと下ります。

Pa280436

雪の重みでこうなったのでしょうか??排水溝のパイプのような木がっΣ(゚д゚lll)

Pa280445

金色の ちいさき鳥の かたちして・・・

という言葉が頭をよぎった。美しい情景の俳句だなぁ。

Pa280454

振り返れば、黄色い光に染まる巨大なブナ林。帰りたくないけど、帰らなきゃ!今日は日本シリーズだし・・・( ;´∀`)

14:40たんどう谷着。

尾根を下ると、日が当たらなくなってしまい、たんどう谷も薄暗くなっていました。鳩ヶ湯コースは、午前中に通過しないと、影に入るので、行きっぱなし登山をするのであれば、登りに使うのがオススメですね。美しい色彩も、日が当たってこそ!です。

Pa280461

たそがれて、センチメンタルな気分に(´・ω・`)

ほんとうに、ほんとうに、素敵な山でした・・・!

Pa280468

ずっと忘れないよ。また、きっと来るからね!

Pa280470

紅葉地帯に別れを告げて、緑の地帯に突入。さっくりと下って・・・

15:45登山口通過。

満ちたりながら、林道歩きで余韻を楽しみました。

16:05鳩ヶ湯口着!

アスファルトに降り立つ2メートルぐらい手前の急降下で、ノビが頭から転げ落ちそうになった!!((( ;゚Д゚)))た、頼むよ~!おうちに帰るまで遠足は終ってないんだからね!?

Pa280478

鳩ヶ湯の入浴受付時間は10時~14時まで。時間外で入れなかった!楽しみを次に取っておこう・・・。昭和を彷彿とさせる、レトロな外観がステキな鉱泉です。風呂場から子供の楽しそうな笑い声が響いていました。

赤兎山(鳩ヶ湯コース)総評。

期待以上の紅葉の美しさにノックアウト!((( ;゚Д゚)))

昭文社の地図では破線ルートになっていますが、難易度はそんなに高くないかも・・・?距離が長く、最後まで展望があまりないので、新緑や紅葉の時期に行くのがオススメな感じです。ディープな自然林と、人があまり入山しない、このコースは紅葉鑑賞の超穴場っ!!(熊鈴&ラジオは必携)。こんなに贅沢な紅葉を静かに楽しめる山はそんなにないかもしれないなぁと思ったり・・・。ネットで調べるうちに、地元の山岳会の方が草刈りをして下さっていることがわかりました。ありがとうございます!また来年も行くぞっ!

クリックありがとうございます!(´∀` )

|

« 紅葉三昧!赤兎山① | トップページ | 30分で・・・弥勒山 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。