« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月26日 (月)

霊仙山は雪山であった!

三連休はお天気に恵まれて、最高でしたねっ!(´∀` )

モリは、土曜日はドラゴンズのファン感謝デー、日曜日は霊仙山と彦根城観光でした。予定通りのスケジュールをなんとか消化できて、ほくほくです♪

Pb240741

生ドアラを鑑賞できて感激!ヽ(´ー`)ノ選手達にマジで小突かれたりしており、少しかわいそうでしたが・・・。写真は、司会とシャオロン、パオロンが盛り上がっている中、一人、テープと戯れているひとコマ(´・ω・`)。うすら寂しいです。ドアラって感じです。

Pb250766

霊仙山のふもとはまだまだ紅葉が美しく、予想外のプレゼントに狂喜しました!

Pb250797

そして、上部は雪山!!!((;゚Д゚)

標高1000m強なのに、まだ11月なのに・・・こんなにまともに雪があるとは予想できず。トレースばっちり、積雪が膝下だったので何とか完登できましたが、天候が荒れていたらどうなっていたことか・・・(´ヘ`;)雪が柔らかかったので、アイゼンは結局使いませんでした。

Pb250811

日差しが暖かく(下界では20度を越えていた!)、風も穏やかで、最高の空中散歩を満喫させてもらいました。低山とは思えないようなさえぎるものの無い眺望に、感動!リピート必死な山の一つです。気温が上がったせいか、琵琶湖方面がかなりかすんでいたのが残念です。巨大な湖なので、水蒸気でくっきり見える事は少ないかもしれませんね。

Pb250913

彦根城の天守閣からは暮れなずむ琵琶湖と、彦根の町並みを眺めることができました。

400年祭最終日とあって、夕方にもかかわらず、大変な混雑で・・・。で、ひこにゃんはというと・・・一応目撃できたのですが・・・まぁ、人垣でほとんど眺められなかったという感じです(;・∀・)

日中、雪山を思い出して妙にハイテンションなモリだったのでした!本気冬山登山に行けるのはいつになるかわかりませんが、この冬、行けるレベルの山をぼちぼち楽しんでいきたいと思います♪

冬山シーズン突入ですね(´∀` )

| | コメント (0)

2007年11月23日 (金)

気になるドアラ

モリは、ゆる~いキャラに目がありません(;・∀・)

最近急速にはまりつつあるのが・・・中日ドラゴンズのマスコット

ドアラっ(´∀` )(写真右端)

Photo_2

この、やる気のない肢体がたまりませ~ん(ノ´∀`*)

キモカワイイと評判のドアラ。しかし!ドアラの素晴らしさは、外観だけでは語れないんです!?

西武のレオや、日ハムのB.B(写真中央)なんかは、ディズニーランドに居てもおかしくないぐらいプロフェッショナルな愛嬌を振りまきますが、こいつは・・・

キテレツな行動と、からみにくいリアクションで人々を翻弄!!((;゚Д゚)

あげく、子供に泣かれるわ、逃げられるわ(´ヘ`;)

しかし、大人には大人気♪

笑っているのになんだかうすら寂しい表情と、背中を丸めてひょろひょろ歩く姿、奇妙な行動から透けてくる、大人のほの暗い部分がモリのハートをがっちりつかんでしまったのです。

ちなみに、好物は食パン。目下の悩みはバック転タイム直前にもよおす腹痛と、体臭(こまめにファブっているらしい)だそうです。

一体どんなヤツなのかは以下の動画を参照・・・↓

頭がもげて、中の人が見えてしまった横浜のホッシーとロッテのまーくんが、何度見ても笑えます(ドアラは?)

そして、奇行についてはこの動画で評判になったそうです↓

登場直後、数分、微動だにせず背中を丸めてステージに立つドアラ(;・∀・)

マスコットたちと一緒に盛り上がろ~っ♪という西武のおねーさんの声もむなしく・・・((( ;゚Д゚))

しかし!

ドアラの経歴についてはウィキペディアが詳しいですが、名古屋ドームが停電して試合が中断した時には、30分バック転をし続けて場をもたせたり、クライマックスシリーズでは連続10回バック転を披露してファンを大喜びさせた事もある、なんだかんだ言っても、我らがドラゴンズの立派なマスコットなのです!!必死でフォロー?

最近、ドアラのつぶやきという、ドアラのコラム(ドアラの声を広報の方がテレパシーで受信して原稿に起こしている?)見たさに、中日オフィシャルサイトを携帯で有料登録してしまいました。

いや~・・・

もう病気です(゚д゚lll)

今週土曜日はファン感謝デー♪星野監督に持っていかれて、井端も荒木も憲伸もいませんが(号泣)ドアラに会いに行ってきま~っす!!ヽ(´ー`)ノ

クリックありがとうございます!(´∀` )

| | コメント (0)

2007年11月20日 (火)

りんごロード散策♪

日曜日。朝になると予報は思ったより良くなっていました(´∀` )

飯田方面はなんとか晴れそうだったので、戸倉山に行こう!と、自宅を出発したのですが・・・

飯田市街はまともに雨が降っていた!(ノ ゚Д゚)ノ

とりあえず、道の駅、花の里いいじまで野菜をたんまり!!!買いこみました。ほうれん草なんか、スーパーで売っているのと全然違うっ!大根、ブロッコリー、大和芋などなど山ほどお買い上げです。帰りに寄ると、品切れになってしまう可能性があるので、午前中に訪れるのがオススメです。りんごや梨も売っていますが、りんごは農家の直売所で直接買うのでスルーしました(でも、きっとここのりんごもおいしいですよ!) 

気温は低いし、タイヤはノーマル。

仕方がないので飯島町から程近い、越百山の登山口である、シオジ平自然園の入り口あたりまで車を乗り入れ、散策をする事にしてみました。

Pb180582

紅葉は山麓まで降り立ち、林道はオレンジ色に染まったカラマツの紅葉がとっても美しかったです♪終りかけに近いようで、だいぶ落葉していましたが、道がオレンジ色の絨毯になっていて素敵でした。

Pb180585

途中に通行止の看板がありましたが、今日は工事がお休み?だったので通れました。駐車場に車を止めて、舗装された林道をひたひた歩きます(車止めがあったので、自然園に直接乗り入れる事はできませんでした)。こんな天気の日にわざわざ林道歩きをするような物好きは我々だけ(;・∀・)。貸切です。氷のように冷たい雨が降り注ぎ、ノビはテンション激下がりで文句タラタラですが・・・。

Pb180588

避難小屋がありました。小屋・・・というか廃屋??一人で泊まるのはキモ試しに近いものがあるかも・・・無理!(;´Д`)

Pb180586

雨とガスに巻かれてしぶ~い写真がたくさん撮れました( ´∀`)。紅葉には快晴が一番似合うと思うけど、こんな感じも悪くないです。

Pb180600

林道をダラダラと2キロ弱ほど歩き、シオジ平自然園に到着しました。雨はヒョウに変わり、道は薄っすら白い。ここで標高1300mぐらい。たしか戸倉山は1600m?もう山は真冬なのであった。なんか風も吹いてきたし。悪天候のなか林道から薄暗い登山道に入るのは勇気がいります。せっかくここまで来たのでちょびっと中を覗いてみることに・・・。

Pb180595

水の色がキレイです~!

小規模ではありますが、一応滝らしきものも見られたし(入り口から徒歩数分)ヒョウは大降りになってきたし、すんごい寒いし、帰りますかね?ということで、一瞬だけ散策をして回れ右!!ですっヽ(`Д´)ノ

入り口の看板には、「シオジ平の植生は太平洋側に分布するブナーブスタケ林域に属するシオジーサワグルミ温生林で県下唯一の残存林・・・」と書いてありました。おおむね意味がわかりませんが、なんだかすごそうです(;・∀・)

Pb180608

今年初めての雪の感触を楽しみました。山登りは今週もできなかったけど、まぁ、いいか!

Pb180618

駐車場で、買ってきたお昼ご飯を食べて、温まり、車で下ってくると、青空が見え出した!雨もやんでるしー!

Pb180621

シオジ平付近は完全に紅葉が終っていましたが、ふもとは今が盛り。今年も、標高を変えながら、たくさん紅葉を楽しませてもらいました・・・感謝で胸がいっぱいです!

Pb180624

南アは頂上付近に雲が垂れ込めていますが、切れ間から山頂が伺えました。完全に冬山ですね。空気が澄んでくっきり山肌が望めたので満足満足・・・。里山の紅葉がすごいです。

Pb180636

11月になると、フジの出荷が始まります。ジョナゴールドや紅玉のような酸味の強いりんごも大好きですが、やっぱり、キングオブりんごはフジ!!濃厚な甘みとシャキっとした食感は他の追随を許しません。松川村の農園でりんごと洋ナシをたくさん購入です。中央道と平行して走る県道15号線はりんご天国で、たくさんの農家がひしめきあっています。フジは日持ちがするので、寒いところに置いておけば1月までおいしく食べられるというのも魅力ですね。2月になるとさすがにボケてくるので、アップルパイに・・・( ´∀`)。ここ数年、この時期になると松川村でりんごを買うのが習慣になっています。

Pb180635

農園の入り口でカメラを持ってウロウロしていたら、おじさんが、中に入って撮っていいよ!と言ってくれましたヽ(´ー`)ノマクロで撮影に没頭。まさに旬。食べてしまうのがもったいないくらい、立派なりんごです。

Pb180630

関西に住む友達に、りんごを送りました。信州の空気が届くといいな。

帰りはまつかわ温泉清流苑に立ち寄りました。400円。ここはいつ来ても何故か非常に混んでおり・・・(;´Д`)泉質は普通?時間に余裕があるなら昼神温泉の方が個人的には好きです。

Pb180629

帰り道・・・強風が吹き荒れ、雲がすごい勢いで流れていました。

家から高速に乗ればたった1時間で来られる伊那谷。近いのにとっても遠くに来た気になれます。広い空の面積と、南アと中アの山並みが、山好きにはたまりません!歩いた稜線を眺め、妄想に浸れます( ´∀`)。野菜も果物もおいしいし、低山はたくさんあるし、毎週でも通いたいものです!今回天気はいまいちだったけど、それでも南アの稜線と麓に迫る紅葉が楽しめて、とっても満足だったのでした!

クリックありがとうございます!(´∀` )

| | コメント (0)

2007年11月17日 (土)

まいった・・・

金曜の予報では、日曜も晴れだったのです。

所用(?)で土曜日は自宅待機。明日も晴れるからいいもんね・・・と思いきや!

行きたい山域の予報が雨になっていた!!!Σ(゚д゚lll)ガーン

しかも山沿いは雪が積もるとか言ってるし・・・_| ̄|○

霊仙山に登るという名目で、滋賀に行き、ひこにゃんグッズを手に入れる予定だったのです(;・∀・)。存続の危機が叫ばれているひこにゃん。とりあえず400年祭は来週までやってるから大丈夫??

山梨方面は良さそうだけど、何しろ中アを越えなければならないので遠いんである。

どうしようかな~・・・

本日の収穫。ドアラ(中日ドラゴンズのマスコット)の親分、ゴールデンドアラのyoutube動画ですっ♪

はー、だいぶ笑かしてもらいましたよ。素敵です~ドアラ・・・って最近山ブログなんだか、ゆるキャラブログなんだかよくわからなくなってきてしまったなぁ(;´Д`)

クリックありがとうございます!(´∀` )

| | コメント (0)

2007年11月15日 (木)

モリコロエコバッグ

ドラゴンズの日本シリーズ優勝で町が浮き足立っていた頃。恩恵にあやかるべく、ユニーでセール品を物色していましたヽ('∀`)ノ

そして・・・見つけてしまった。

緑色と黄緑色のあいつらを!!

Pb040526

キャッチコピーがすごい。

あの人達も使ってる!

あははっ!!

東海三県以外の地域にお住まいの方には、なんだ?このキャラクターはっ?て感じですよね。この人達(?)は愛知万博のマスコットで、万博が終わって数年経過した現在でも地元では根強い人気があります。万博最終日のセレモニーで森に帰ってしまった彼らですが、ときどき、イベントがらみで出没し、日銭をかせいでいるようです(人ですからー)

モリは、いまだにモリゾーのトリコでハンドルネームはそこに由来しているのです(;・∀・)

そして、衝動買いしてしまったエコバッグ。480円。↓(買ったんか!)

Pb090527

セレブの間で流行しているらしい、エコバッグですが・・・

スーパーのレジ袋をあてにして生活をしているモリが、レジ袋をもらわないように、という本来の目的のためにコレを使うかどうかは謎かも・・・しれない( ; ゚Д゚)

手のひらサイズに収納できてかさばらないので旅行の時なんかに使えるかもしれませんね。

Pb090528

開くとこんな。マチがついているので見た目よりたくさん入りそうです♪

当面は、車中泊りの時にぶっ散らかった車の中を整理するときの助っ人要員・・・?ちなみに、これはアピタ・ユニー限定商品らしいです。他にもカゴタイプのものがありましたよ!

クリックありがとうございます!(´∀` )

| | コメント (0)

2007年11月12日 (月)

30分で・・・弥勒山

微妙なお天気だった今週末。このまま山に行かないのは寂しいので、ご近所の低山へ散歩に出かけました。

弥勒山(愛知県春日井市 標高425m)

2007年11月11日(日)

この山は、一般的には春日井側から登られる事が多いですが、反対の多治見側からだと30分!!で山頂にたどり着けるという超おいしい低山なのです。春日井側からも2度ほど登りましたが、登山道の雰囲気とか、てっとり早いところとか、どーにも多治見側の方が好きでここ数年春日井側からは登っていません(;・∀・)。天気の悪い時に、代打として表舞台に出てくる山なので、いまだに快晴の写真がないんですよね・・・(;´Д`)

登山道までの道のりにほとんど標識が無く、かなり迷う感じなので、今回は多治見側の登山口までを徹底検証(?)です!!

Pb110531_2

19号で多治見市街を春日井に向かって走ります。内津トンネルに突入する手前、陸橋をくぐる手前にラブホの看板があるので、看板にしたがって右!です(通り過ぎて内津トンネルをくぐってしまっても、左折して戻れば復帰可能です)。

Pb110533

道なりに進むと、最初の分岐があります。左折して19号の上を渡って地球村方面へ。

Pb110535

しばらく進むと右手に道義山入口・・・と書いてある登山口があります。ここから入ることもできますが、パスし、道なりに進みます。

Pb110536

廿原(つづはら)集落に突入です。あっというまに通り過ぎてしまうのでここらへんから減速したほうがいいかも・・・。

Pb110537

大きなカーブの手前にバス亭(現在は廃線?)があります。バス亭の手前を右折します!!民家に隠れていて通り過ぎてしまいやすいです。

Pb110538

こんなところで大丈夫?と思ってしまうような、田んぼの中の舗装路ですが・・・

Pb110540

最初の分岐を右折します。

Pb110542

すこし進むと、山側に登ってゆく舗装路が左側にあるので左折します。何かの白い標柱があるので、それが目印です。

Pb110543

まもなく左側に溜池が見え、その先に東屋が。舗装路の終点に駐車スペースがあるのでここに車を停めます。

Pb110547

舗装路の終点から砂利道をまっすぐ前進すると、まもなく左手に登山道入り口の標識が♪ここで、初めて標識の出現です。

Pb110548

田んぼのあぜ道を通り抜けて、いよいよ山に取り付きます。

Pb110555

ついに里にも秋が降り立ちましたね!朴葉の落ち葉がすごいです~!

山頂までは、普通の登り→急登→尾根→急登(一瞬)→まったり道、という感じ??道は大変よく踏まれ、分岐には看板があるのでおそらく迷う事はないでしょう・・・。慢性的に湿って滑りやすい箇所があるので、スニーカーでは来ない方がよいと思います。

Pb110556

このルートの何がよいって、すぐに尾根に出られて、箱庭のような素敵な道を散策できるところです!そして、下りは20分かからないので日暮れ直前まで山頂で夕日が眺められるんです~( ´∀`)

Pb110560

様々な植物がミニマムに生え揃い、イングリッシュガーデン風(?)なのです!

Pb110564

楽しい尾根歩きを終え、祠の脇を通過したらすぐ山頂です。ここまで30分弱。かなり遅い出発でしたが、なんとか夕日には間に合ったかな?

Pb110569

全体にかすんでいて今日の眺望はいまいち。空気が澄んでいれば、名駅のタワーズはもちろん、伊勢湾まで見えます。木立にさえぎられ、360度の展望ではないですが、反対側を向けば、御嶽が見える事も・・・。

お湯を沸かしてホットレモンとお菓子で3時のおやつ(5時近いですが)です♪こんな時間ですが、まだ数組山頂に残っている方々がいました。

Pb110575

あっという間に日は落ちて・・・雲の間に入ったから、今日はこれでおしまいだね。今週も遠出はできなかったけど、やっぱり山はいいなぁ・・・。

Pb110576

さぁっ!真っ暗にならないうちに下りますよ!

来た道は、びっくりするくらい暗くなっていた!まもなく5時で真っ暗になるんですよね。でも、いいんです。冬至を過ぎれば日は長くなる一方・・・。モリの中で夏山に向かってポジティブになる日々が再びやってくるのです!

県外からこの山目当てに来る方はあまりいないかと思いますが、多治見の陶器祭りや土岐のアウトレットとセットで楽しんだら、趣味と実益が両立できていい感じ・・・かもしれない(;・∀・)絶好の展望台なのでとってもオススメです!

クリックありがとうございます!(´∀` )

| | コメント (0)

2007年11月10日 (土)

紅葉三昧!赤兎山②

前編はこちらです♪

赤兎山(あかうさぎやま 鳩ヶ湯コース)

標高1629m 福井県大野市 2007年10月28日(日)

黄金色のステキな道を放心状態でなんとかくぐり抜け、再び登山に復帰しましたっ!\(`・ω・´)

しばし、まったり道とお別れをして、急登地帯に突入です。

Pa280372

樹林の隙間から伺える空が、もうじき尾根に出る事を予感させます。大好きな尾根歩きに近づけると思えば急登は苦になりません♪道は崩れかけているけど、一応階段状に整備されているので問題なく歩けました。

Pa280376

しかし、この辺りの黄葉も素晴らしいのです・・・!まるでお星様のよう♪

Pa280378

黙々と歩き、

Pa280379

飽きれば、こずえを見上げる・・・。

崇高です。果てしなく高い空。この空は宇宙まで繋がっているのですね。日々の雑多なできごとなんて、ここでは小さなもんですヽ(`Д´)ノ

Pa280383

急登が終ると、尾根に出ました( ´∀`)

空の面積は広くなったものの、木が茂っているので眺望はあまりないです。道の傾斜は非常にゆるく、ほとんど平らな部分も。さくさく歩けて楽しい!

Pa280390

艶やかです・・・!

Pa280392

徹底的に行く手を阻まれます。進めません!ヽ(`Д´)ノ

Pa280393

あんまり登っている感じはありませんでしたが、それでも標高が上がってきたのか、この辺りのブナ林は黄葉が終りかけていました。葉が落ちてもなお美しい森ですね。全て落ちれば、空が明るくなって、それもまた素敵なんだろうなぁと思ったり・・・。

Pa280396

11:20 ついに来た!!(゚∀゚ )ウサギちゃん登場!!!

ここまで山頂の眺望はほとんど無く・・・(;・∀・)。最後の最後でようやくご本尊様登場です。名前通りの、ほのぼのとした山容に気持ちもほんわかですーヽ(´ー`)ノ

Pa280400

・・・やわらかい山容とはうらはらに、最後は急登でシメなのであった。うう(;´Д`)。おなか空いたよ~。くたびれてきました・・・。笹薮の中、ひたすら足元を見てダラダラ登り・・・

Pa280423

11:40赤兎山山頂着!!

白山こんにちわ~(∩´∀`)∩

2

※クリックすると拡大します

雲ひとつかかってません!白山から銚子ヶ峰まで続く山並みをどどーんと一望!(゚∀゚ )

Pa280426

避難小屋がかわいい~( ´∀`)

Pa280415

3

※クリックすると拡大します

白山の反対側は、経ヶ岳と荒島岳。山頂直下の木々は葉が落ちてしまっていたけれど、見回せばまだまだ紅葉が残っていますね。

山頂は、小原峠側から登ってきた方々でごった返していました。今まで人間より獣の人口密度の方が高そうな地帯をひたひた歩いてきたので、ギャップにびっくり。本当に展望の素晴らしい山です!白山の近いこと近いこと・・・。こんな眺望が1時間半の歩行で楽しめるなんて。そりゃー人だらけにもなるというものです(´∀`;)

Pa280405

白山に雪は見当たりませんでしたが、白山連峰の脇から、御嶽のような雪化粧の山がひょっこりと顔を出していて・・・。あんまり近くにくっきり見えたので、御嶽じゃないでしょー!?なんて言っていたのですが、山容といい、方角といい、御嶽しかあり得ないのです。空気が澄んでいたのでしょうか?本当に近くに見えてびっくりでした!

Pa280413

本日のカップラは、金ちゃんのカレー味ですヽ(´ー`)ノ

山頂はぽかぽかしていて暑いぐらい。先週とは大違いです。絶景を眺めながら、ランチタイムを満喫♪しかし、見れば見るほど、今年白山に登らなかった事が悔やまれます。縦走したいよ~。

展望はすごいのですが、山は静かに楽しむのがやっぱり好きかなー。喧騒を離れて、再び錦秋の淵をさすらいましょう。

Pa280430

12:45下山開始!

Pa280431

来た道を戻ります。早くも日が傾いてきました。一部、道が細く、踏み抜きが怖い所もありましたが、全体的には、ながーい水平移動中心な危険箇所の少ない道です。三方崩山に比べれば相当気が楽!去り行く景色を惜しみながらゆっくりと下ります。

Pa280436

雪の重みでこうなったのでしょうか??排水溝のパイプのような木がっΣ(゚д゚lll)

Pa280445

金色の ちいさき鳥の かたちして・・・

という言葉が頭をよぎった。美しい情景の俳句だなぁ。

Pa280454

振り返れば、黄色い光に染まる巨大なブナ林。帰りたくないけど、帰らなきゃ!今日は日本シリーズだし・・・( ;´∀`)

14:40たんどう谷着。

尾根を下ると、日が当たらなくなってしまい、たんどう谷も薄暗くなっていました。鳩ヶ湯コースは、午前中に通過しないと、影に入るので、行きっぱなし登山をするのであれば、登りに使うのがオススメですね。美しい色彩も、日が当たってこそ!です。

Pa280461

たそがれて、センチメンタルな気分に(´・ω・`)

ほんとうに、ほんとうに、素敵な山でした・・・!

Pa280468

ずっと忘れないよ。また、きっと来るからね!

Pa280470

紅葉地帯に別れを告げて、緑の地帯に突入。さっくりと下って・・・

15:45登山口通過。

満ちたりながら、林道歩きで余韻を楽しみました。

16:05鳩ヶ湯口着!

アスファルトに降り立つ2メートルぐらい手前の急降下で、ノビが頭から転げ落ちそうになった!!((( ;゚Д゚)))た、頼むよ~!おうちに帰るまで遠足は終ってないんだからね!?

Pa280478

鳩ヶ湯の入浴受付時間は10時~14時まで。時間外で入れなかった!楽しみを次に取っておこう・・・。昭和を彷彿とさせる、レトロな外観がステキな鉱泉です。風呂場から子供の楽しそうな笑い声が響いていました。

赤兎山(鳩ヶ湯コース)総評。

期待以上の紅葉の美しさにノックアウト!((( ;゚Д゚)))

昭文社の地図では破線ルートになっていますが、難易度はそんなに高くないかも・・・?距離が長く、最後まで展望があまりないので、新緑や紅葉の時期に行くのがオススメな感じです。ディープな自然林と、人があまり入山しない、このコースは紅葉鑑賞の超穴場っ!!(熊鈴&ラジオは必携)。こんなに贅沢な紅葉を静かに楽しめる山はそんなにないかもしれないなぁと思ったり・・・。ネットで調べるうちに、地元の山岳会の方が草刈りをして下さっていることがわかりました。ありがとうございます!また来年も行くぞっ!

クリックありがとうございます!(´∀` )

| | コメント (0)

2007年11月 8日 (木)

紅葉三昧!赤兎山①

赤兎山(あかうさぎやま 鳩ヶ湯コース)

標高1629m 福井県大野市 2007年10月28日(日)

籾糠山三方崩山の紅葉に味をしめ、翌週、再び白山周辺の低山に舞い戻って来ました(´∀` )

小原峠側から登ればわずか1時間半で山頂にたどり着けるという、めちゃめちゃおいしいヤマですが、ネット情報によると鳩ヶ湯口から登ればブナ林の紅葉が堪能できるらしい・・・。健脚向き!という注意書きが気になるけど、断然こっちでしょー!ヽ(´ー`)ノということで、鳩ヶ湯ルートに決定!前夜に車を走らせ、2時頃、鳩ヶ湯の駐車場に到着。車中泊りです♪

駐車場は私有地なので、外に出てきた旅館の方に声をかけて許可をもらいました。キレイなトイレ(有料)もあります。早立ちしなければ・・・と思っていたものの、まったく起きられず(;・∀・)。ぼちぼち車は停まっていますが、旅館の宿泊客の車のようで、山装備で表に出てくる人影はありません。人気の山じゃなかったっけ・・・?

Pa280281

鳩ヶ湯を出て、左に進むとすぐに写真のような橋があります。橋を渡ったら真横に登山口があるのでそこから山に入ります。正面に三ノ峰の凛々しい姿が・・・!心が騒ぐけど、今日は赤兎山のブナの黄葉が目当てなのです。また今度ね~(´∀`*)ノ

7:45鳩ヶ湯口出発!

入り口に標柱があり、山頂まで8キロの文字が!(((( ;゚д゚)))距離の長い山だという認識は一応あったものの、具体的な数字については未確認であった!(遭難予備軍です)。標高差は1000m弱。出発が遅すぎたかも・・・林道歩きもあるのに大丈夫なのでしょうか?

Pa280283

いきなりめちゃくちゃ急です(;・∀・)。ロングな階段を登りきると林道になります。車の乗り入れはできません。

あけびの皮が落ちていたので何か拾い食いできるものがないかと目を皿のようにして探しましたが、食べられそうな物は見つからず(´ヘ`;)

Pa280288

8:15登山口着。

アップ完了!出発でーす(∩´∀`)∩

Pa280473

入り口から急な斜面を登りきると、傾斜のゆるい人工的な杉林?が。梢がとっても高くて、なんだか嬉しい♪

Pa280301_2

人工林が終ると延々と続く、水平移動のはじまりはじまり~。この辺りは紅葉がまだまだでした。マイナー感たっぷりな、人間の気配が無い道です。道も細くて踏み跡が薄め。普通、最近通った方の靴跡などがあるものですが、それも無く・・・。時折、動物が動くような気配を感じ、びびって固まってしまいました(;´Д`)。出発前に熊鈴をぶっ壊してしまったので、ラジオを全開にして前進!怖いよ~・・・

Pa280303

涸れた沢を何度か渡りました。登山道が寸断されます。取り付きは迷うほどではなかったです。

Pa280308

少しずつ日が高くなり、光が差し込んで来るようになりました。はぁ~美しい・・・。紅葉も標高が上がるにつれてだんだん色づいてきています!

Pa280320

立派な木ですねぇ~( ´∀`)

このあたりで1組のご夫婦に抜かれました。あんまり人間の気配がないので、とても嬉しく思ったのもつかの間、あっというまに遠ざかり・・・再びだーれもいない静寂の山に。このご夫婦はピストンではなく、行きっぱなしだったようで、帰りには出会いませんでした。帰りに同じく、小原峠側から行きっぱなし登山の単独行の男性の姿を見た以外、誰とも出会う事は無く・・・。このルートは、ほんっとうに!人が通らないので単独行はあんまりお勧めできないです。熊が出やすい年に来るのもキケンだと思います(;・∀・)

Pa280336

鮮やかさを増す木々・・・。そして、これからすさまじい紅葉の応酬が待ち受けていることを我々はまだ知らないのであった!

Pa280325

9:25たんどう谷着。

今までゆるい登り一辺倒でしたが、ここで一旦沢まで下ります。下ったところがたんどう谷です。ちょうど中間地点。増水している時は渡渉に注意!とコースガイドには書いてありましたが(橋はありません)前日が雨だったにもかかわらず、ひとまたぎで渡れました。流れがちょっと急ですが、渡れるポイントがあるので無理な渡渉ではない感じです。

Pa280328

清冽な沢と紅葉( ´∀`)

Pa280330

うーん!素晴らしい景観だ!赤がとっても鮮やかで絵になります。

Pa280345

沢から急斜面をよじ登って、再びまったり道に突入です。朝日が黄色い葉っぱを透過してさんさんと降りそそぎます。なんか、すごいことになってきたぞ??写真に気を取られて足が進まなくなってきた!(;・∀・)

Pa280347

あぁ~すごいよすごいよ・・・!

Pa280348   

左側の山?の赤い色がめちゃくちゃ鮮やかで・・・!青く澄んだ空とのコントラストが素敵。やはり紅葉には青空が一番似合います( ´∀`)

Pa280460

小さな滝の脇を通過し、さらに緩やかな小道を前進すると・・・

Pa280357

キタ━(゚∀゚)━!

Pa280358

ノビっ!!頭の上がすごいことになっとるよ!?

Pa280360

陶酔です(´Д`lll)。言葉もありません。言葉にできません・・・。

金色の森はお日様に照らされて、この世の物とは思えないほど美しかった。

何度も立ち止まり、振り返り、そこに居る事を確認するのですが、浮遊感に襲われて現実味が無い。まさにナチュラルトリップヽ(´ー`)ノ。なんて素敵な山なんだ。そして、こんなにすごいのに、なんで誰もいないんだ??

Pa280368

ひたすら美しい色彩に酔ってヘロヘロ。遅々として足は進まず・・・(;・∀・)

アップしたい写真が多すぎなので、分割です。その2に続くっ!

クリックありがとうございます!(´∀` )

| | コメント (2)

2007年11月 4日 (日)

めい想の森で

ド快晴の土曜日は仕事(´Д`lll)。今日も天気は良さそうだし、白草山で御嶽を眺めて、下呂温泉につかろうかな・・・と思っていたのですが。

誰が止めたんだ!?目覚まし時計っ!!ヽ(`Д´)ノ

同じ県でも下呂は遠いのです。探せば2、3時間で登れる低山は近辺にあるものの、なんだか今日はやる気が出ない・・・。

岐阜県八百津町にめい想の森という、自然林を活かした公園があり、家から1時間もかからないので半年振りに出かけて来ました♪気力も時間もない時はここに限ります。今までも元気の無い時にはたくさん助けてもらった森です。

Pb040483_2

自然林を活かしつつ、様々な木を植林し、整備している公園です。鬱蒼としていますが、木々の手入れがものすごく行き届いていて、とっても素敵な公園なのです。公園と言うと語弊があるかな?限りなく山に近い感じと言えばいいのでしょうか・・・?写真のメタセコイアの小道はウッドチップが敷き詰められてフカフカ!これだけでなんだかうきうきしてしまいます。

Pb040491

芝生の上で遅いランチです( ´∀`)

以前、室堂の自炊棟でとなりのおじさんがサイコロステーキ(おそらく高級肉)を焼いていたのが忘れられず、以後、いつかヤマで飛騨牛のステーキを食べようね!?と常々言っていたモリ。

今日はそれをやってみようではないか!?と鼻息荒く、ユニーに向かったものの・・・

値段を見て固まり穴の空いた山パンツを新調した方がいいのではないか?

国産だがモモ肉という微妙な選択をしてしまった!(;・∀・)

Pb040489

やっぱり肉は硬かった・・・(;´Д`)まぁいいか・・・ケーキ買えたし・・・。

たらふく飲んで食べて、眠たくなったので芝生の上でお昼寝です。日曜日なのに、人の気配が少なく、芝生の上でくつろいでいるのは我々だけ。はぁ~最高!まさに隠れ家♪

Pb040487

寝転べば、秋空。絵の具を垂らしたような雲が広がっていました。

さんさんと降り注ぐ日差しは暑いくらい。まったりまったり・・・

なんだか寒いなーと思って、むっくり起きたら16時近くになっていた!Σ(゚д゚lll)

旅足渓谷を見下ろせる1時間程度のトレッキングコースがあるので、歩く気満々でヤマ靴を履いて来たのですが・・・。真っ暗になりそうなのであきらめ、展望台を回って帰る事にしました。残念!

Pb040494

紅葉の色づき具合は微妙。赤くなりきらずに茶色く縮れてしまっているという感じです。標高が低いとこんなもんなのかなぁ?

Pb040495

展望台は、八百津の町並みと、木曽川が望めますヽ(´ー`)ノ登らずしてこの展望!

Pb040499

雲が多くなってきました。明日から崩れるのかな?今日は秋空を満喫だね・・・。

Pb040502

だいぶ薄暗くなってきました。夕暮れの光に浮き上がるもみじの黄色が素敵です。

Pb040506

リンドウが駐車場の近くに咲いていました♪四季別に花をつける植物を植えているので、いつ来てもなにかしらお花が咲いています。サザンカに大きなつぼみがついていたので、また来るのが楽しみです。

Pb040516

八百津の町並みはとってもレトロで素敵・・・( ´∀`)。床屋さんのねじりん棒も最近は見なくなりましたね。

Pb040517

栗きんとんを扱う和菓子屋さんが同じ通りにたくさん並んでいたので、思わずお店に入ってしまいました。買わなかったけど、そそられる饅頭です。まさに栗まんじゅう~!

Pb040521

沈む夕日にも秋を感じながら、まったりまったり帰りました。

ダラダラでしたが、とってものんびりできました♪手帳も時計も大嫌い!ダラックマが身上なのでこんな休日も大好きなのです( ´∀`)

クリックありがとうございます!(´∀` )

| | コメント (0)

2007年11月 2日 (金)

潜入!食品サンプル体験

中日ドラゴンズ、優勝おめでとうございマス!!!(゚∀゚ )日ハムファンの方、すみません。

今週は、野球が楽しすぎて何もできませんでした~♪そして、上司におねだりしてファン感謝デーのチケットをゲットしてしまった!!!うきゃーっキタ━(゚∀゚)━!現在、燃え尽き症候群のモリは寂寥感に襲われています((( ;゚Д゚)))明日には立ち直って優勝セールのワゴンに群らがっているのでしょうか?

というわけで(?)天気の悪い日に作ったレポをアップです(;・∀・)

9月9日(日)は郡上観光と食品サンプル製作体験をしてきました。郡上の道の駅で購入したキーホルダー(ステーキ)の精度に感動し、ようやく重い腰が上がったというわけです( ´∀`)

P9090642

岩崎模型製作という会社でサンプルの体験と作品の見学をしました。ほかにも市内に体験させてくれるところがいくつかあるようです。予約制。この会社の創業者の方が初めて郡上で食品サンプルの工場を開いたんだそうです。さっそく模型がお出迎え♪わーい。

P9090699

入り口に巨大ビールがっ(゚∀゚ )サーバーから黄色い液体がとうとうと流れています。泡も本物(ビールではない)

中に入り、お金を払って受付を済ませると調理台に案内されます。

P9090647

みんなエプロンを着用しているので、パッと見は調理実習のようです。

先生がテーブルに数名おり、実演を見て教えてもらいます。

☆てんぷらのつくりかた

P9090652

高いところから融けたロウをたらします。低いところからたらすとボテボテになってしまってダメなんだそうです。腕を振りすぎると散乱するので、手首で振ってロウを広げます。水は40度くらい。

P9090653

広がったロウが固まらないうちに、具材をはさんで水の中で巻き込みます。合わせたところはロウをたらして接着します。

P9090654

完成♪てんぷらです。最初に考えた人はすごいですねぇ~!

☆レタスのつくりかた

P9090656

レタスの芯の部分にあたる、白いロウと葉っぱ部分の緑色のロウを水の上に流し込みます。てんぷらとは逆で、水面におたまを近づけてそーっとたらすのがポイントです。水温はてんぷらより若干高め。

P9090657

手で持つ部分に水をかけ、ロウを少し固めたら、両端をつかんで水中に引き込みます。トイレットペーパーを両手で引く要領で水中にすべてのロウを引きずり込むと、上の写真のような物体ができあがります。この時、すばやくロウを引かないと、ぶ厚いレタスになってしまうようです。

P9090658

水の中で、右に、左に行ったり来たりさせながら適当に巻きます。まっすぐ丸めてしまうとロールキャベツになってしまうので注意です。

P9090661

丸まったものを、熱した包丁で半分にカットすると・・・レタスだー!(゚∀゚ )

P9090673

てんぷらの具材は色々ある中から3種類選べます。えび、しいたけ、ピーマンなどはわかるのですが

なぜかまぐろの刺身と魚の照り焼きが・・・(;・∀・)

P9090649

我々が選んだ具材はこちら。右下は疑惑の魚の照り焼き?

てんぷらは全体に衣をつけてしまうと何のてんぷらかわからなくなってしまうので、三分の一ぐらい衣をつけないようにするんだそうです。

P9090731

完成品はこちら。なんとかそれらしく作れました~ヽ(´ー`)ノ

P9090732

こちらはレタス。レタスは難しいですねー(;´Д`)。皮が厚いです。

小さいキャンドルも二つ作らせてもらいました。石膏の型に芯を差し込んでロウを流すだけなので30秒ぐらいで作れます。

製作自体が短時間で一発勝負なものなので、体験は15分くらいで終ってしまいました。併設されている展示室でプロの作った作品を鑑賞です( ´∀`)

P9090682

ぶちまけられたラーメン!ラーメンの汁を吸った、ちぎれた海苔の質感がリアルすぎです。どんぶりの中に残った麺の一本一本まで芸が細かいっ!すごい!

P9090683

肉ケーキ!!

なんとなく色のわるいトッピングの肉がリアルです。肉ケーキ・・・一体何のサンプル?

P9090694

巨大ピザと記念撮影♪

P9090692

スイーツ三昧。展示品は触ってもよいので、ケーキをいーっぱい手に持って写真を撮りました。現実でやったらすごいカロリーです。サンプルですからー!ヽ(´ー`)ノ

P9090675

もー、質感が本当にリアルなんです。手をつっこんでむさぼりたい衝動に駆られます・・・。

P9090695

寿司盆栽・・・・・?(;・∀・)

展示室にはお土産も販売していました。市価より安く購入できるそうです。しかし、道の駅で売っていたものほどリアルではありませんでした。違うメーカーのようです。うーん、どこのキーホルダーだったんだろう?

0002

ちなみに、こちらがそのキーホルダーです。肉の質感がすごいです。小さな宇宙!(゚∀゚ )

値段のわりに、体験できる品数が多いし、お土産にキーホルダーがついていたりして、お値打ちな感じでした。機会があれば、また行ってみたいと思いつつ・・・

作ってしまった作品の行き場がない・・・

という現実に直面(;・∀・)

とりあえず押し入れ・・・?

郡上市内の観光レポはこちらをどうぞ♪

レッツゴー!

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »