« 白馬岳は表銀座より銀座だった? | トップページ | おいしいお山。赤岳・阿弥陀岳② »

2007年9月26日 (水)

おいしいお山。赤岳・阿弥陀岳①

秋雨前線の影響にどっぷりはまり、ストレス絶頂だった9月前半。眺望が無くてもテントが張れればいいや・・・ぐらいの気持ちで出かけた八ヶ岳。山のお天気は読めませんね(´ヘ`;)なんと富士山までくっきり見えてしまったのです!わーいヽ(´ー`)ノ(ノ´ー`)ノ(ノ´ー)ノ

赤岳・阿弥陀岳(百名山・標高2899m・2805m)

2007年9月16日(日)

行者小屋でテントを張る予定なので本日の行程は林道歩きを含めて3時間程。昼から歩いても到着できるので、前夜発ではなく、早朝に自宅を出発しました。ダラダラ出発して3000メートル弱の稜線に立てるなんて、やっぱり八ヶ岳は素敵です。マイカー規制も無いし!下道を走って2時間半で茅野に到着し、美濃戸口の近くにある八ヶ岳農場で野菜を物色。

P9160004

ここの野菜は無人市場と違ってお値段は安くないですが、野菜に元気があっておいしいんです。山で食べるトマトを購入しました。牧場が敷地内にあり、チーズ・アイス・ヨーグルトなどもあります。チーズは大変美味なのでおすすめです。モリは牧童の夕げというチーズが好きです。以前は試食コーナーがあって、チーズを片っ端から試食できたのですが、今回久し振りに行ったら試食はできなくなっていました。残念~(´;ω;`)

P9160005

熱気球試乗体験というのをやっていました。本来ならここから八ヶ岳がどどーんと見えるはずですが・・・あつーい雲に覆われていますねぇ。雨が降っていなければいいんだけど・・・。

P9160009

美濃戸口の駐車場に車を停めました。1日500円。赤岳山荘まで乗り入れれば林道歩きが短縮できますが、駐車料金が倍に跳ね上がるのです( ; ゚Д゚)

貧乏だから歩くんじゃないぞ!トレーニングだ!?

11:05美濃戸口出発。

ゆるい傾斜の林道をダラダラと歩きます。下山する車と、これから乗り入れる車が交差し、結構な交通量です。車幅感覚に自信があるのか、ひかれるかと思うくらいすれすれに全力疾走して行く車も数台(´ヘ`;)。排ガス臭くてげんなりです。途中、一緒に乗りませんか?と声を掛けて下さった方がいらっしゃいました。お気持ちがとっても嬉しかったのですが、駐車料金をケチって歩いているのに乗せてもらう事が申し訳なくて、遠慮してしまいました。ご好意を無駄にしてしまうし、本当は乗せて頂いた方がよかったのかもと後悔・・・。

これから赤岳展望荘にバイトに行くという方が、今日はどちらまで?と声を掛けてくれました。めちゃくちゃ筋肉質なふくらはぎ。見るからに足が早そうです。ちょっとシャイな笑顔を残して、ちんたら歩く我々の視界からあっという間に姿を消しました。かっこいいですねぇ~。ノビにも少しは見習って欲しいものです(自分は?)

P9160015

11:55赤岳山荘着。

ここで持ってきたおにぎりを食べて昼休憩。微妙なお天気にもかかわらず、ぼちぼちな人で賑わっていました。

12:25赤岳山荘出発。

美濃戸山荘を過ぎると南沢と北沢の分岐があります。今回は行者小屋に行くので南沢に入りました。

P9160018

濃厚な樹林帯に突入です。 このルートをたどるのは、実に6年ぶりなのです。前回は、足に全く合っていない重登山靴に、これまた、全く体に合っていないザックを背負って死にそうな思いで歩きました。しかも

行者小屋でテントのポールを忘れたことに気がつき、ムダに小屋泊まり(;´Д`)

全く余裕が無かったのか、記憶がほとんど飛んでいて、初ルートな感触です・・・(;・∀・)

P9160020

沢を何度か渡ります。清涼感に癒されます( ´∀`)

P9160021

生きている木の幹からきのこが唐突に生えていた・・・。

P9160033

ゆるゆるだった傾斜は徐々に斜度を増し、道は一層苔むしてきました。京都の庭園チックな景観に感動。八ヶ岳ですねー!

P9160039

雲の中に入ったのか、ガスが沸いてきました。ガスに巻かれて、森がますます素敵です。

下山してきた女性が、今、5分くらい下ってきたところだけど、右側にカモシカがいましたよ・・・!と教えてくれました。小屋泊まりの方が下って5分なら、我々の足で10分はかかるだろう。きっと、もういないよね・・・と話していたのですが

ぼさーっと前方を歩くモリにノビが叫んだ。何事かと思って顔を上げたら・・・

いた!!それも目の前!!((( ;゚Д゚)))

1メートルも離れていない超超超至近距離。写真を撮ってみたが、怖くて上手くシャッターが押せず・・・少し距離を置いて再チャレンジ!

P9160043

写真では伝わりませんが、本当に丸々と太ってでかいんです(;´Д`)

一心不乱に登山道脇の草花をむしり、道を悠々と横断して反対側の草を再びむさぼる・・・。人だかりができ始めても、一切おかまいなし。立派です。大物です。人間の方がびびってしまいましたよヽ(`Д´)ノそれにしても今年はカモシカ・オブ・ザ・イヤーな年です。嬉しいですね~( ´∀`)

P9160046

枯れた沢のような場所に出たら小屋は近いです。傾斜はかなりゆるくなります。沢と樹林帯を交差しつつ最後の気力を振り絞って前進。体調が悪かったのか、ほとんど平らなのにもかかわらず、モリは何故かバテていました(;´Д`)

P9160049

見えた!!

15:00行者小屋着。

本日のお宿に到着です♪途中道を見失い、道無き道を進んで行ったらテン場らしきところにたどり着き・・・めんどくさいのでそのままそこにテントを張ってしまいました。小屋直下は色んな踏み跡があるので要注意です(まぁ、枯れた沢から外れなければ遭難はしないと思いますが)。

P9160051

テントは一人1000円!Σ(゚д゚lll)。トイレは100円ですが、小屋泊まり&幕営の人は無料です。以前来た時は無かった(多分)屋根つきのテラスで自炊をさせてもらいました。売店で生ビールはもちろん、おでんの販売もあります。小腹が空いていたのでおでんを注文し、引き続き夕食に突入。小屋の方が、ダシで申し訳ないんですが・・・と言ってシイタケを四つサービスでつけてくれました。ダシ・・・と言いつつ、ジューシーで旨みたっぷり!具以上においしかったです。

P9160053

普段は担ぐ体力が無いため、粗食な我々ですが、1泊2日で1日目の歩行距離が短いので珍しく重たい食材を持参して豪華な食事となりました。特に梨は格別!重たいものはうまいんです( ´∀`)。気温が低いのでビールは飲みませんでしたが、周りでは皆さんジョッキをおいしそうに傾けていました。

行動中はなんとかもったお天気。とうとう雨が降ったり止んだりし始めました。明日は赤岳に登れるのかな?まぁ最悪帰ってしまってもいいし・・・と半ばあきらめモードで就寝。風は無く、大荒れの天気ではなさそうです。

2日目に続く・・・

レッツゴー!

|

« 白馬岳は表銀座より銀座だった? | トップページ | おいしいお山。赤岳・阿弥陀岳② »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。