« おいしいお山。赤岳・阿弥陀岳② | トップページ | 登山?旅です(´∀` )白馬三山縦走!② »

2007年9月30日 (日)

登山?旅です(´∀` )白馬三山縦走!①

行きたい、行きたいと思いつつ、なかなか足を踏み入れられなかった山域、後立山連峰。通常、二泊三日(一泊二日!?)で回れるコースですが、あえて三泊四日でまったり周遊してきましたヽ(´ー`)ノ。白馬大池でテント張りたかったし!鑓温泉でのんびりしたいし!登山ではなくて、旅と言いたい、それはそれはめちゃくちゃ素敵なルートで・・・。上手く文章にできないですが、レポで少しでも伝わったらいいな・・・。

白馬三山縦走(百名山・標高2932m)

2007年9月21日(金) 1日目

前日まで、五竜と鹿島槍を縦走するか、白馬三山縦走にするか悶々と悩みました。しかし、岩稜歩きの苦手なモリがキレットをテント装備で歩けるものなのかさっぱりわからず・・・。無難に危険箇所の少ない白馬三山に決まったのが深夜。1日目の行程はコースタイム3時間半なので6時に自宅を出発しました。快眠打破(コンビニ等で販売しているカフェインの入ったドリンク剤)とコーヒーを交互に飲みながら延々を下道をひた走ります。

本日はバキバキの快晴。お盆に縦走した銀座の稜線がばっちり見えました♪池田あたりから後立山連峰の山並みがぐんぐん近づき、もう嫌でもテンション上がります!わき見運転しまくりで、センターをはみ出す事数回。池田のイオンで山に持って行く食料を調達し、12時頃に栂池ロープウェイ前の駐車場に到着しました。家から6時間かかってしまった・・・(;´Д`)下道ノンストップ走行もここらへんが限界なようです。すでにぐったり。

ロープウェイ前の駐車場に車を泊めました。1日300円。前払い制。4日分を納めました。比較的良心的な値段で一安心です。まだ平日なので駐車場はガラガラ。ロープウェイ脇の足湯が気になりますが、のんびりしていられないので急いでゴンドラに乗り込みます。

栂池パノラマウェイはリフトとゴンドラで構成されており、途中の駅で乗り換えがあります。通しで1720円。荷物代(10キロ以上)300円です。チケット売り場に銭湯にあるような体重計が設置されていましたが、量るまでもなく10キロ以上なのです。ロープウェイを往復で利用するなら、トレッキングチケットなる前売り券?が白馬駅などで販売されており、そちらの方が数百円安いようです。

P9210195

6人乗りのリフトを1人で占領(´∀` )

しかし、このリフト、ボディがちゃちいのに高度感あってかなーり怖いんです(((( ;゚д゚)))人が乗ってないからか??発進する時の揺れがすごいし。リフトごときで怯えているようでは、鹿島槍と五竜の縦走なんてムリですね・・・。

P9210191

ロープウェイから見える山々・・・。しかし、どれがどのヤマなのかさっぱりわからず(´ヘ`;)真ん中のがっくり下っているところにも縦走路があるのでしょうか?かなりサディスティックな縦走になりそうですね。無理無理・・・。

P9210197

栂大門駅で6人乗りリフトを降り、3分ぐらい林道を歩いて栂の森駅へ移動。今度は定員71名のゴンドラに乗車。季節によって運行間隔が違うそうで、写真に写っているゴンドラはすぐに出てしまったため、20分ほど駅で待ちました。

P9210200

ビジターセンターの脇を通り抜けて登山口に向かいます。栂池自然園はスルーです(;・∀・)。ここで標高は1829m。ロープウェイさまさまです♪

13:25登山口出発!

P9210212 

出だしがちょこっと急ですが、普通にヤマ道です。大きい石がゴロゴロしているので足場がちょっと悪いかも・・・。

P9210209

小谷方面の展望がよいです。が、基本的には樹林帯で、眺望がありません。黙々と進みます。真夏と違い、空気が程々に冷たいので大汗かかずに歩けました。だいぶ楽です。

P9210211

水場発見!銀嶺水というらしい。冷たくて気持ちいい♪ここまで来れば天狗原は目の前!

14:35天狗原着。

P9210225

う、美しい・・・。ガスってきましたが傾きかけた日差しが輝いて素敵です。とても小ぢんまりとした湿原で、一部木道で整備されています。道フェチなので木道も大好物。うれしいなぁ・・・。人影はまばらで、とてもひっそりしており、独特な雰囲気をかもし出していました。

P9210226

この辺りで、最終のロープウェイを目指す方々とすれ違いました。この先、あちら側からやってくる人は皆無です。白馬大池までしか行けなかったけど、とっても素敵でした!という言葉に狂喜。本当ですかー!?(゜∀゜)

15分ほど休憩し、出発。木道をてくてくと歩いて進みます。

P9210236

再び樹林帯。白馬乗鞍へ取り付きます。一変して大きい石がゴロゴロし始め、急登だし、なかなか歩きづらいです(;´Д`)

P9210241

岩がすごい・・・。何でこんな景観なんですかね??

振り返れば小さく見える、湿原の木道。短時間であっという間に高度が上がってしまいました(;´Д`)。急斜面を登りきると岩岩地帯をペンキマークをたよりに水平移動します。

P9210247

これでもか!というぐらいマークがついているのにもかかわらず、道を外れること数回。アスレチックな登山道です。時間も疲労も忘れて無心で前進。なんだか楽しくなってきたぞ・・・!

P9210249

墓場のようです・・・(´ヘ`;)

P9210260

水平移動後、再び急登を登りきると、ほとんど平らなハイマツの大海原が出現!展望よさそうなのに、ガスがやってきた!あぁ~・・・Σ(゚д゚lll)

P9210255 

15:55白馬乗鞍(2436m)山頂着。

P9210256

だだっ広い平らな山頂には人の気配が全く無く、一人きり。身長の2倍くらいあるコンクリで固められたケルン風の建造物がそびえていました。ガスっているので御嶽の仏像みたいで怖いです。晴れていればきっと明るい山頂なんでしょうね~。

再び休憩してましたが・・・ガスは晴れそうにないし、時間は遅いし、残念ですが、出発です。今度は快晴の時に訪れたいな。

P9210263

ウラシマツツジの紅葉に慰めてもらいました(´∀` )

下り始めて数分後。ガスの切れ目から何かが見える・・・。何だろう?と思いつつさらに下ると・・・

P9210266

唐突に白馬大池出現!!キタ━━━━ヽ(‘∀‘ )ノ━━━━!!!!

写真では全く伝わりませんがとにかくデカいっ!!開けた広大な土地に鎮座する真っ青な湖面・・・言葉を失います。写真撮影に没頭です!

P9210275

金色の夕暮れの光に照らされて、さっきまで悪者だったガスが素敵な演出をしてくれます。

P9210286

夢うつつな気分です・・・

P9210285

登山道は池のすぐ横を巻いて小屋まで続いています。道から、水面をのぞくと、水の中の石がクリアに見えました。水はかなりきれいな模様。小さな波があり、海のようにちゃぷんちゃぷんと言っていました。山なのに、波の音がする・・・まるで白昼夢です。ここが山なのも忘れて記憶の中の海に心酔していました( ´∀`)

P9210289

小屋はもう目の前!

P9210293

16:35白馬大池山荘着。

なんとか日が落ちる前に到着できましたー(´ヘ`;)

昭文社のヤマ地図は、ここまでコースタイムゆるめに設定しているようです。休憩取ったし、鈍足な上にテント担いだモリが登りでコースタイムを下回るなんてあり得ません!最終ロープウェイに乗り遅れないようにするためでしょうか?

P9210298

テントの受付をして幕営です。500円。水は無料です。たれ流しではないですが、豊富にあるようです。テン場の整地は完璧!しかもトイレは無料で水洗!ぜーんぜん臭くないですっ。紙はありません(→2009年に再訪したら有料になっていました。もともと有料だったのを見落としていたのでしょうか??)ロケーションも最高で、言うことなし。過去最高のテン場です♪ここを越える素敵なテン場に今後出会う事はあるのでしょうか・・・。連休前ですが、平日なのでテントは少なく、プライベートビーチ(レイク?)な感じです。

P9210297

ミートソースを食べながら、明日乗り越えてゆく稜線を眺めていました。あんな素敵な丘を歩いて行けるなんて、幸せすぎです(´∀` )

テン場の周辺はお花畑のようで、花の残骸がたくさん残っていました。チングルマの綿毛や、枯れた草が夕日に輝いて、再びうっとり・・・なんて素敵なところなんだろう。ここにテントを張りに来るだけでも十分満足できるだろうな。今度は残雪の時期に張りに来よう・・・などと考えていました。

P9210307

今日は半分くらいのお月様。デジイチ(持ってないけど)と三脚担いで、満月の時に撮影に来たいなぁ。コンデジではこれで精一杯です。心の中に映像と空気を焼き付けて、いつまでも忘れないようにしよう。本日は短い行程ながらも大大大満足!明日はもっとすごいかな?自家発電のモーター音が21時頃に止むと、あたりは完璧な静寂に包まれました。闇がしっとり重たいです。就寝・・・。

2日目に続く!

レッツゴー!

|

« おいしいお山。赤岳・阿弥陀岳② | トップページ | 登山?旅です(´∀` )白馬三山縦走!② »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。