« ただいまです | トップページ | ②表銀座縦走ヽ(゚∀゚ )ノ燕・大天井・槍 »

2007年8月19日 (日)

①表銀座縦走ヽ(゚∀゚ )ノ燕・大天井・槍

お盆に表銀座をまったり縦走してきましたヽ(´ー`)ノ

なぜ、激混み必死なお盆に表銀座!?という感じではありますが・・・天気と休みの兼ね合いを吟味していたらいつまでたっても行けないのであります!でも小屋泊まりはムリです。ホント・・・

当初、二泊三日で回る予定でしたが、今年初めてのテント縦走、体力的にキビシイし、三泊四日でゆっくり回ろう!と決断したのでした(正解でしたね~(;・∀・))

表銀座縦走

燕岳(二百名山・2763m)~大天井岳(二百名山・2922m)~槍ヶ岳(百名山・3180m)

2007年 8月11日(土) 一日目

ノビの夏休みが、直前になって仕事の都合で合わなくなり、一緒に行く事ができなくなってしまいました( ; ゚Д゚)。お天気はとってもいいし、どーしても行きたかったのでモリ単独で出発です。槍の山バッジを持ち帰る事を約束し、しばしお別れ!(* ^ー゚)ノ

8:00発、穂高駅前から中房温泉行きのバスに乗りました。1610円。登山口までのアプローチが良くて素敵です(´∀` )途中、燕岳の稜線がくっきり見えました。いいお天気です~♪バスは思ったより空いていて、しゃくなげ荘を過ぎても満席にはなりませんでした。

P8110005

9:00中房温泉登山口出発。

たくさんの人で賑わっていました!トイレ有り。アミノバイタルを飲んで、出発!!

長野県出身のモリは中学生の時に学校登山で燕岳に連れて来られた事があります。

装備は、学校指定のぺらっぺらのスニーカーに透明のビニールカッパ!ザックはウエストベルトの無い横に広がったザック(カニみたいなやつ)。学校としては高級な山道具を生徒全員に買わせる事はできなかったのでしょうが・・・。運動部でなく、体育の成績オール2のモリは皆様のペースに全くついて行けず、途中で先生に自分のザックを持ってもらい、最後尾をくっついて歩く、根性も体力もない子供で・・・(´д`;*)

下山後は一週間激しい筋肉痛に苦しみました(´ヘ`;)

以来、完全なる山嫌いになり、一生山には登らないと思っていたのですが・・・ですが、燕山荘から夜中に見た、雲海に浮かぶ星は常に心に引っかかっていました。入笠山に知人に連れて行ってもらったのをきっかけに再び自ら山に行くようになったのではありますが・・・

燕岳のトラウマは今でも消えていないのです( ; ゚Д゚)

P8110006

しんどかった思い出に怯えつつ、一歩一歩ゆっくりと登って行きます。

樹林帯の中は蒸し暑く、歩行開始15分で汗だらだら!!(´Д`;)

急登で名高い燕岳・・・・・・あれっ??普通のヤマ道だぞ?しかもとっても歩きやすいぞ??

P8110008

9:30第一ベンチ到着。

ベンチには人がぎっちり!人の多さにおののき、通過してしまいました(;・∀・)

P8110009

10:00第二ベンチ到着。

休めそうな場所を確保し、10分程休憩。とっても暑いです。今回の山旅は熱中症がキモなので、水分をしっかり摂ります。

この後、第三ベンチ、富士見ベンチと休憩場所がちょうど良いタイミングで出現。それぞれの場所で休みながらだらだらと登りました。それにしても人が多いです。休む場所を確保するのも大変です。お盆ってもんです(;´∀`)

P8110010

標高を上げるにつれ、ときおり涼しい風が吹き抜ける場所が出てきました。立ち休みをして涼みます♪まだまだ樹林帯ですが登山道に花崗岩が出現し始め、山頂に近づいている感があってなんだか嬉しいです。

第三ベンチを通過した辺りから、頭の中はスイカ・スイカ・スイカ・スイカとなり・・・

P8110015

あぁ~!!スイカまであと7分デスねー!?(゚Д゚≡゚Д゚)

P8110017

12:10合戦小屋到着。

看板から11分かかってしまいました(;・∀・)

P8110018

波田のスイカは地元ではブランドスイカなのです。800円と山小屋価格ですが、八分の一カットは一人で食べるには十分なボリュームだし、暑い中、大汗かいて登ってきて、冷たいスイカが食べられるなんて、もー最高~♪むさぼり食って、落ち着き、周囲を見回すと皆さん一様にスイカを食べている(´∀` )荷揚げのケーブルで、ごんごんスイカが上がって来ていました。今日は飛ぶように売れたでしょうね。

燕山荘まであと一時間!テント張ってゴロゴロするぞ~♪

登山道に向かうと、小屋の人が道のところで何かをしている。なんだろう??

P8110020

ま・まじですか??(((( ;゚д゚)))

ここまでの道のりおつかれ様 でしたの文字が涙を誘います(´;ω;`)

うわさには聞いていましたが・・・!合戦小屋に張って下さい、と小屋の人が誰かに言っている声が聞こえてくる・・・

しばし呆然としましたが

今日は絶対見晴らしのいいところまで行きたい!!行ってみて本当にダメだったら、ここまで戻るか、燕山荘に泊まるか考えよう!!

と、思い直し、出発したのでした( ´∀`)

12:55合戦小屋出発。

テント装備のザックでは、はいつくばらないと看板の下を通れません(;・∀・)

P8110029

次第にガスが出てきました。夏山だし、こんな時間なので仕方がないです(´ヘ`;)合戦小屋の手前あたりで少し、段差が高いかな?という箇所がありましたが、急登らしい急登はまだ出現していません。このあたりから森林限界を抜け、傾斜が緩やかになってきました。

P8110033

道の両側がお花畑です♪

学校登山の時に死ぬかと思った鎖のあるザレた細い道は、滑落しても確実に止まれる程度の傾斜でした。スニーカーで足場が不安定だったから怖かったのでしょうか・・・。

燕山荘が見えてからが遠い!とよく言われていますが、ガスガスで小屋が見えず、どこらへんを歩いているのかよくわかりませんでした(ガスもたまにはいいことをしてくれます)まだかな~と思って上を見上げると、どどーんと頭上に小屋が!!Σ(゚∀゚;)

P8110036

ちょびっと前進するとテン場が~!!お花もすごい!

14:10燕山荘着。

P8110038

テン場はテントがぎっちり!!小屋で状況を確認すると「テン場に行ってみて、テントが張れたら受付をしに来て下さい」と説明されました。張れればOKなんですねッ!?

P8110037

よくよく確認すると、1人用(カタログ上の容量は2・3人用ですが)のテントはまだまだ張れる余力があり、モリも無事にテントを設営する事ができました~ヽ(´ー`)ノ(ノ´ー`)ノ(ノ´ー)ノ

テントの受付を無事に済ませ、レトルトのスープカレーなどを食べました。飯は重いものから消費!!です。テントは500円。水は1リットル200円。トイレは無料(紙ナシ)。

おなかもいっぱいになり、落ち着いたので、燕岳山頂に出発です。山頂までは片道30分くらい。寒いのでカッパを着て手ぶらで出かけました。

P8110046

しばらく歩くと、山頂方面はガスが切れていました。あまりにも美しい山肌に言葉を失います・・・!自然の造形美を堪能。すごいよ~!!

P8110043

白い砂礫の斜面にはコマクサが咲き乱れていました。若干終わりかけではありますが、色はまだまだキレイです。

そびえる花崗岩の巨石がまさに天空のお城です(´∀` )こんな現実離れした世界を、登山口からたった4時間の歩行で満喫できるなんて・・・・・・

P8110047

P8110050

山頂に近づくにつれて、石がまるまるっとしてきました。

P8110054

山頂到着~♪

ゆっくりしたかったのですが、遠くで雷が鳴っていたので怖くなり、タッチして即下山してしまいました( ; ゚Д゚)

P8110056

ガスの切れ目から青空が・・・。雷がこっちまで来ませんように!

P8110058

山頂付近は砂礫が深く、砂場のようでした。中学生の時は怖くて全く楽しめなかった山頂までの道のりでしたが、装備のおかげか、モリが成長したのか(多分登山靴のおかげです)楽しみながら歩く事ができました。

素敵なお散歩道を堪能し、一日目は大満足!一泊二日で燕に登ってもいいなぁ~!こんなに美しい山が百名山ではないなんて・・・。

中房温泉からの登山道はとてもよく整備されており、これといった危険箇所もなく、本当に歩きやすかったです。トラウマは克服・・・とはいかないですが、これからもちょくちょく来たいと思う事ができました(´∀` )

ガスは日が落ちても晴れず、期待していた星は見られませんでした。寝ついてまもなく、激しくテントを叩く雨の音で目が覚めました。天候悪化の雨ではないので気にせず二度寝に突入。テン場は微妙に傾斜があり、下がっていくので安眠はできず・・・(´д`;*)

二日目に続きます!

レッツゴー!

|

« ただいまです | トップページ | ②表銀座縦走ヽ(゚∀゚ )ノ燕・大天井・槍 »

コメント

こんにちは^^初めまして
同じ日に燕にテント張ってました。
私たちは、夜明け同時に出発したのでテント場満員御礼の看板は見ませんでしたが、子連れで足も遅く登山道ではどんどん抜かされるので正直一杯にならないか不安でした。テントも家族用で大きいですから・・・
私たちは、常念岳・蝶が岳・三股への3泊でしたが、とんだハプニングがあって、2泊で下山しました。
アップされるの早いですね
うちは、まだ写真の整理です。(;゚゚)
又、お邪魔致します。

投稿: ゆうとまま | 2007年8月21日 (火) 14時22分

コメントありがとうございます!
同じ日に燕岳にいらっしゃったんですねっ!∑(゜∀゜)本当に大変な混雑でしたよね・・・!後で知ったのですがテントを張らずに野宿をした方も居たそうです(夜中に大雨でしたが・・・)

>私たちは、常念岳・蝶が岳・三股への3泊でしたが、とんだハプニングがあって、2泊で下山しました

ブログを拝見しました!私も実は、自宅にポールを忘れ、小屋泊りに変更した事がありますっ(;・∀・)一泊二日で蝶のテン場から常念を回って三股に下った事がありますが、行動時間が同じぐらいで早立ちをしなかったのでヘッ電のお世話になってしまいました。大人でも、アップダウンと怒涛の下りに泣きそうになったのに、歩き通したお子さんは本当にスゴイです!

ご家族で縦走、とっても素敵ですね!ご苦労もあるとは思いますが、お子さんが羨ましいです。ゆうとまま様の表銀座縦走レポ、とても楽しみにしています。
つたないブログで恐縮ですが、また来て頂けたらとても嬉しいです。よろしくおねがいします!

投稿: モリ | 2007年8月21日 (火) 23時11分

この記事へのコメントは終了しました。

« ただいまです | トップページ | ②表銀座縦走ヽ(゚∀゚ )ノ燕・大天井・槍 »