« ブナ林に大満足♪荒島岳 | トップページ | アフタヌーン登山(゚∀゚ )瓢ヶ岳 »

2007年7月 8日 (日)

山をなめんな!小秀山

思いがけずハードだった山の一つ、小秀山。敗因は寝坊。歩行距離も長かった!(往復16キロ?・標高差1100m)。今度行くときは絶対二度寝しません!!ヽ(`Д´)ノ

小秀山(二百名山・標高・1982m)

岐阜県中津川市 2007年5月12日(土)

岐阜県某所を出発したのが確か6時過ぎ・・・。天気は快晴。こんな日に家に居たら悔やんでも悔やみきれない!ということでムリムリ出発しました。結果的には無事明るいうちに下山できたのでよかったですが、今度、小秀山に行く時に寝坊したらあきらめようと思っています(;´Д`)。

9時前、乙女渓谷キャンプ場駐車場着。キャンプ場のトイレを使おうとしたら、扉が開かない・・・・・・・・・上部に釘が打ってあるではないですかッ!!Σ(゚д゚lll)どうやらキャンプ場のオフシーズンは使用できないようです。うぅ。

00010003

9:00二の谷ルート登山口出発。

二の谷ルートは登山道が崩落により、数年閉鎖されていました。昨年めでたく開通したそうです。ありがたいです!ネット情報によると変化があって面白い山との事!でも、足遅いくせにこんな時間に出発でいいのか???沢の水がラムネのビン色でとってもキレイ~♪テンション上がります。

0009

こんな感じのとても整備された木道をゆるゆると登って行きます。沢音が響き渡り、清涼感満点!巨岩も迫力あります。

0010

新緑がまぶしい・・・・(>Д<)。至福の時。一抹の不安をかかえながらも、やっぱり来てよかった・・・と思う・・・。

0012

ねじれ滝。落差・・・何メートルでしょうか?細い滝ですがなかなか見ごたえあります。今後もどんどん曲がるんでしょうね。

0013

シャクナゲ群生地到着!少し時期には早かったようで、咲いていたのはまだ数輪。もう一週間遅かったら満開だったかもしれません。

0014

和合の滝。道中、大小たくさんの滝がありますが、主なものには名前がついています。水がキレイでとっても嬉しいです( ´∀`)。

0018

烏帽子岩。

0021

アカヤシオが咲き乱れていました!花びらのふちが丸く、やさしいお花です。癒される~(*´д`*)

0026

10:05夫婦滝着。

落差80mの男滝です!下手な写真でわかりにくいですが、すんごい迫力!マイナスイオン全開!!キタ━(゚∀゚)━!

さて、ここで快適な木道とお別れして、登山道らしい道に入ります。相棒はここまでですでに汗だく。。。

0029

滝の上部に回り込みます。。川を何度か渡ったのですが、最後は橋が流されてしまった(橋の残骸が散乱)のか見当たらず、渡渉しました(ほとんど濡れない程度です)。登山道は荒れ気味。一部急登。途中滑落が怖いような場所もありました。そして・・・

0039

11:40カモシカ渡り突撃で~す♪

カモシカ渡りとは、6~7mの垂直な岩壁を登る場所です!足がかりは結構あるので運動神経ゼロなわたくしもなんとか登れましたよ( ´∀`)。こういう場所は、鎖やらなにやらで整備してある山が多いですが、ここは一切ナシ!!(゚д゚lll)とても面白いのであえて整備せずこのまま残して頂きたいものです。

0040

カモシカ渡りを登りきると初めて展望がひらけました!(゚∀゚ )兜岩も見えます。はじめ、兜岩を山頂だと思っていました・・・まだまだ先は長いのであります(;´Д`)。

0044_2

12:15三の谷ルート分岐着。

お昼は山頂でまったり食べたいので、行動食をぼそぼそ食べて空腹をごまかします。

0050

12:35兜岩着。

団体さんに先端に行くことをお薦めして頂きましたが、高度感があり、怖くて先には行けませんでした((( ;゚Д゚)))。

0049

御嶽山がコンニチワ!!やったー!くっきり見えるぞぉ~♪喜びもつかの間、山頂はここから1時間デス。あー・・・

0057

兜岩からはゆるいアップダウンをまったり歩きます。高原が第一~第三まであります。兜岩の手前ぐらいから一部氷が出現し始めました。高原と高原をつなぐ樹林帯の中は残雪がこんもり!雪がやわらかく、傾斜もゆるいのでアイゼンは使いませんでした。そして長い旅は終わり・・・

0074

13:45小秀山山頂到着!!!キタ━━━━ヽ(‘∀‘ )ノ━━━━!!!!

はっきり言ってなめてました・・・山をなめてはいけませんよ!?夫婦滝からカモシカ渡りまでに手こずり、思った以上に進めませんでした。なんとか無事たどり着いて感無量です。御嶽山がくっきりはっきり!!これでガスっていたら泣いてしまうところです(´;ω;`)。

0055

中央アルプスもばっちり!御嶽の左手には北アルプスが!ヽ(´ー`)ノヽ(´ー`)ノワーイ

カップラーメンをすすり、時間が経つのも忘れるくらいまったり、ゆっくりしたかったのですが、何しろ時間が押しているわけです(´ヘ`;)。名残惜しいですが帰ります・・・来年もまた来るよ!?

Kohide

14:30下山スタート。

0075

樹林帯の残雪はこんな感じです。

帰りは迷わず三の谷ルートを選択!急登で荒れている二の谷ルートを下りに使うのは無理!!(>Д<)ゝ

0079

兜岩下降中。ストックが邪魔になったものの、足場が悪くてしまえず、下に放り投げてしまいました(;・∀・)。

二の谷との分岐に到着し、後はひたすら下るのみ!!三の谷ルートは人工的な林の中をひたすら適度な傾斜でジグザグと下っていく道でした。ここを登りに使うのは精神的にきつい!?でも下りには最高!タッタカ機械的に下って下って・・・林道到着!ここから30分くらい黙々と駐車場を目指し、

17:40乙女渓谷キャンプ場駐車場到着!!(*´Д`)

明るいうちに戻って来れました・・・・!時間に追われる山旅でした。。見所がたくさんあり、新緑も美しく、とっても素敵な山でした!!満足!!(´▽`)

帰りは道の駅加子母に立ち寄りました。小秀山であるミッションをクリアすると、道の駅加子母でいいことがあります。今回は時間外にもかかわらず、店員さんの好意で経験値を獲得することができました!?ありがとうございました!どんなミッションかは登ってからのお楽しみですよ♪そして、加子母といえばトマト!無塩トマジューとケチャップを購入しました。ケチャップはトマトピューレのような感じ。両方とも美味でした。

0090

そしてそして、電車男を見て存在は知っていましたが、実際に売っているところを目にする機会がなかったおでん缶が道の駅の自販機で売っていたのです!コンビニが周辺にないので重宝しました。缶詰臭さはありますが、意外と普通におでんです( ゚Д゚)ウマー。うずらのたまご入り。3種類ありました。

付知峡倉屋温泉おんぽいの湯で、デトックス完結!下呂に近いせいか、いつ来ても空いています。泉質はつるつる!館内はとっても清潔!露天風呂も広くて大好きな温泉です。温泉に入るためだけに来ることもありますヽ(´ー`)ノ。入湯料600円。

小秀山総評。

歩行距離以上に長く感じる山です。二の谷ルートは危険箇所があり、意外と通過するのに時間がかかる部分もありました。早立ち必須!!です(常識ですよね(;・∀・))。しんどい事を差し引いてもまた行きたいと思う魅力的な山でした。今度はシャクナゲが満開の時に行くど~♪

レッツゴー!

|

« ブナ林に大満足♪荒島岳 | トップページ | アフタヌーン登山(゚∀゚ )瓢ヶ岳 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。